海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > オーストラリア/シドニー特派員ブログ

オーストラリア/シドニー特派員ブログ 南魚海

オーストラリア・シドニー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

雪国育ちなので、寒さには強い方だと思っていました・・・。

でも、シドニーの冬は想像していた以上に寒いっ。


雪国は暖房設備が完璧なので、家の中にさえ入れば快適に過ごせるけれど、
オーストラリアはまず灯油のストーブ禁止・・・。
昔、売る方も買う方も、間違えることが多くて、そのせいで事故が多発してたことが
原因だとか・・・こわっ。


そうなると電気ヒーターかガスヒーターになりますが、
ウチのケチなおっさんは電気ヒーターはお金がかかる(シドニーは電気代がすごく高い)、
ガスヒーターは匂いがいや!ってことで、ウチには暖房器具がないんですよ・・・。
なので電気毛布を体にぐるぐる巻きにしてブログ書いてますww


そして、やはり冬になると特に夜なんか出歩く人も激減して家に籠りがちになり、
飲食店等の売り上げも落ちて経済効果も下がるので、なんとか人々を出掛けさせたい!という
思いから、10年前に始まったのがヴィヴィド・シドニー(VIVID SYDNEY)という
ライトショー。

03web.jpg

サーキュラーキーやロックス近辺を中心に、いつもは見慣れた建物等を
各国の有名な照明アーティスト達がアイデアを駆使してライトアップ!

16web.jpg


29web.jpg


31web.jpg


20web.jpg


27web.jpg


中でもオペラハウスに映し出されるプロジェクションマッピングはこのイベントの目玉に
なっています。


13web.jpg

08web.jpg

歩いて観て回るのもいいですが、イベント期間中は近隣のレストランで特別ディナーコースが
用意されていたり、海上から眺められるクルーズツアーも用意されています。

ワタシは去年、お友達のお誕生会を兼ねてクルーズへ参加してみました。
(写真は去年のもの)
いつもとはまた違ったアングルで見るヴィヴィッドもまた美しかったです。

サーキュラーキー.jpg


ひとつ残念なのは、毎年このイベントが開催される時期に限って
雨が多いこと・・・。

ワタシも、過去3年くらいはいつも雨の中の鑑賞になってしまいました。
開催時期は、学校がお休みになっていたり連休があったりする6月のクィーンズバースデー前後の3週間
と決まっているようなので、仕方がないのかもしれませんが、お出かけの前に天気予報をチェックするか
折りたたみの傘を持参された方が良いかもしれません。

冬にシドニーを訪れる予定の方には絶対オススメのイベントです。

ヴィヴィッド シドニーの開催期間や詳細はこちらのサイトでご確認ください。

VIVID SYDNEY


2018年6月20日

シドニー市内で、たまに見かけるレトロバス。

なんたって見た目が可愛いし、古い物好きとしては気になってたんですよね・・・。

そんな時に見つけたのが、レトロバスツアーなる催し。

今回のは1年に1度のイベントらしいのですが、
スクールホリデー時期の昼間とか、
ちょいちょい色んなツアーが開催されているらしいです。

コースは市内を通って、イタリア人街として有名なライカートにある
バス博物館まで。
チケットは15ドルで、5時半から10時半の間なら
何度乗ってもいいそう。
ちなみに通常は一般公開されていないこのバス博物館も
見学することができます。

今回のツアーもですが、このレトロバスを使った様々なイベントの情報は
Sydney Bus Museum のサイトで確認することができます。


出発はクィーンヴィクトリアビルディング横にある
通常のバスターミナルの端っこ。


なので、通常の市内バスも来ますが、
こういう看板が出て、それっぽい係の人もいるので
見つけやすいはず。


1web.jpg


写真はバス博物館に着いてからのものですが、ワタシ達はこちらのバスに乗りました。

12web.jpg


実は去年仕事で、ロンドンの赤いダブルデッカーはすでに乗ったことがあったので
今回はオーストラリアのヤツに乗りたかったんですよね。


こんなの。

9web.jpg


なんとか2階席の前から2番目をゲット!
前を走ってる違うバスも見えました。
この青いのは、香港のレトロバスだそう。

7web.jpg


日頃見ることのできない、かなり高いところからの景色は新鮮!
見知ったカフェもなんだか素敵に見えました。

8web.jpg

中はこんな感じ。
この2階建バス、想像していたよりも背が高くて、
街路樹がバキバキと音を立てて窓とかに当たってくるっ。

68web.jpg

車内広告も当時のままで、なかなか面白い。
無料の心療テスト・・・なにするんだろう・・・。

60web.jpg


そしておよそ30分のレトロバスライドを楽しんだら、
バス博物館に到着。
中には昔のあらゆるバスが展示してあって、
全部中に乗って見ることができます。

54web.jpg

18web.jpg

48web.jpg


レトロな雰囲気をさらに盛り上げるため、ジャズの生演奏も。

21web.jpg


館内で上映されていた、第二次世界大戦頃のシドニーの町並み。
当たり前だけど、毎日がクラシックカーショーのようですw

36web.jpg

いつもは飲食禁止の館内らしいのですが、この日はコーヒーやホットドッグが買えるキオスクや
アメリカンスタイルのBBQを売るお店が用意されていました。


50web.jpg


たまにはノスタルジックな夜を過ごしたい・・・と思ったら
レトロバスに揺られてみるのもいいかもしれないですね。

69web.jpg


2018年5月28日

秋の行楽イベント第2弾!ってとこでしょうかw


ワタシは根っからの田舎育ちだもんで、季節イベントの時期になると
体が自然と反応してしまいますw


何年か前にたまたま知ってから、この時期のウチの恒例行事となったもの。
それはりんご狩り!

スクリーンショット 2018-04-16 13.52.36.png


場所はシドニー中心部から車で約2時間ほどの、山あいの小さな町ビルピン(Bilpin)


この辺りはりんごや桃、プラム等の果樹園が多く点在していて
その時期に応じた果物のピッキングができます。(週末のみ)

本当はイースターホリデーの時に来たかったんですよね・・・。
その頃ならFujiが真っ盛りだったのですが
やはり人気らしく、ワタシ達が行った頃にはすでに全部取り尽くされていました・・・。


道路沿いにはそれぞれの果樹園の「Pick your own」という看板が出ており、
今だったら何が採れるかも書いてあるので、便利〜。

こんな感じにね。

pine2.jpg


ちなみにグラニースミス(Granny smith)というのは青リンゴ、
FujiとかPink Ladyというのは赤い林檎でPink LadyはFujiより酸味があって
オーストラリアでは一番ポピュラーなタイプ。

・・・ていうか、Pink Ladyは年間通していつでもスーパーで
買えるんですよね。

Fujiは季節が短いし、甘くて食感もいいので大人気!
あっという間になくなってしまいます。

ウチが毎年お世話になってるのは、こちらのPine Crestという果樹園。

pine1.jpg


入園は無料で、中でもぎとって食べるのも無料。
値段が発生するのはお持ち帰りの時だけで、
今回はキロ4ドルでした。


私達はグラニースミスとピンクレディをいくつかゲット。

グラニースミスはサラダにしても美味しいです♪


pine3web.jpg

ピンクレディも残りわずかという感じで、すごく赤いやつはもうなかった・・・。

pine4web.jpg


そうそう、オーストラリアに来て不思議だったのが、
なんでもかんでもデカいのに、どうして林檎とホタテはこんなに小さいの?!
ってことw
しかもあまり甘くないし・・・。

しかもしかも一度、蜜が入った林檎を「これ腐ってる」と言ってたオージーが
いたのでびっくりしました・・・。


だから余計に甘いFujiの登場に驚いたのかもしれませんね。


ビルピンのメインストリートであるビルピンロード添いには
可愛らしい小さなカフェもあったりしますし、
この時期ならお店のホームメイドのアップルパイが置いてあったりも
するので、天気の良い週末に、ドライブがてら訪れてみては?


2018年4月17日
2018年4月 9日
2018年3月 6日
2018年2月19日
2018年2月12日
⇒すべての記事を見る

オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • シドニー特派員

    シドニー特派員
    南魚海
    映像関係の学校を卒業後、助監督や広告代理店にてCM制作に携わり、縁あって1994年に来豪。ワインのプロモーターや日本語情報誌の編集者を経て、フリーランスのライター兼グラフィックデザイナーに。現在は兼ねてより目標としていたフォトグラファーをメインに、バックグラウンドアクター(いわゆるエキストラ)、趣味のジャズシンガーとしてシドニーライフを満喫中。 DISQUS ID @disqus_bjyUsJJdzZ

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集