海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > シドニー特派員ブログ > サマータイム(夏時間)開始

オーストラリア/シドニー特派員ブログ 旧特派員 南田 登喜子

オーストラリア・シドニー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2001年10月27日

サマータイム(夏時間)開始


サマータイム(夏時間)開始

シドニーでは、今夜寝る前に忘れてはいけないことがある。時計の針を1時間進めることだ。サマータイムの開始である。正確には10月28日午前2時の時点が午前3時となる。

サマータイム開始が何となくうれしいのは、これを境にシドニーが本格的な夏に向かうからだと思う。3月最終日曜日に針を1時間戻すまでの5ヶ月間は、平均最高気温が20度を下ることはない。シドニーっ子にとってアウトドア三昧の日々の幕開けなのだ。この間、日本との時差は2時間となる。

ちなみにこのサマータイム、オーストラリアでは、DST(Daylight Saving Time)と呼ばれている。州によって実施するところとしないところがあり、実施期間も州によって違うことがあるので、国内を移動する場合は注意が必要だ。

実施する州は以下の通り。
*( )内は州都
●ニュー・サウス・ウェールズ州(シドニー)と首都特別地域(キャンベラ)
●ヴィクトリア州(メルボルン)
●タスマニア州(ホバート)
●南オーストラリア州(アデレード)

実施しない州は、
●クイーンズランド州(ブリスベン)
●西オーストラリア州(パース)
●ノーザン・テリトリー(ダーウィン)
の2州1地域となっている。

オーストラリアには東部、中央部、西部に分かれた3つの時間帯があり、普段の日本との時差はそれぞれ、+1時間、+30分、-1時間となっている。サマータイム実施中は1時間プラスとなるので、その間のシドニーと、サマータイムを採用していないパースとの時差は同じ国内で3時間もある。

慣れていないと考えても混乱するばかりなので、空港に到着したらまず地元の人に「今何時?」と聞いてみることを旅行者のみなさんにはお勧めする。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2001年10月27日
« 前の記事「その後のアンセット航空情報」へ
»次の記事「日帰りで南極へ」 へ
シドニー特派員 新着記事
桜の季節に訪れたいルーラとウエントワースの滝
またひとつ楽しい場所が増えた、ダーリングスクエア
シドニーでフランス革命イベント
冬のシドニーをヴィヴィッドに彩る
今夜はレトロバスに乗って
シドニーでも出来るんです、りんご狩り
ハンターバレーで過ごす1日
特別な日はディナークルーズ
1年前の同じ月に投稿された記事
Mind! Body! Spirit! パラリンピック開催中
オリンピック閉幕......

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • シドニー特派員

    シドニー特派員
    南田 登喜子
    オーストラリアを皮切りに、7年かかって五大陸70ヵ国余りを放浪。生活経験のある海外10都市をはじめ、世界中にステキな街がたくさんあることを実感したものの「やっぱりオーストラリアが好き!」で振り出しに戻る。フリーライターとして活動する一方、フォトグラファーのパートナーと共にエコツアー会社IECオセアニアを経営。URL:だから!やっぱり!オーストラリア

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集