海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > シドニー特派員ブログ > 日帰りで南極へ

オーストラリア/シドニー特派員ブログ 旧特派員 南田 登喜子

オーストラリア・シドニー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2001年11月10日

日帰りで南極へ


日帰りで南極へ

「先週末、南極に行ってきたよー!」

日本だと冗談にしか聞こえないけれど、オーストラリアではそれがホントに可能だ。夏の間だけ、という条件付きで日帰りの南極行きフライトが運航していて、今ちょうどシーズンが始まったばかりなのだ。

今シーズン初のフライトは11月4日。この日のフライトはメディア関係者へのお披露目も兼ねていて、わいわいがやがやと賑やかなゲートでは、テレビの撮影クルーが次々に搭乗前の乗客にインタビュー。横ではペンギン(ホンモノじゃなくて着ぐるみね)がもそもそ歩いていたりもする。南極へは着陸しないので、案内書には「国内線なので免税品は購入できません」と書かれている。ちなみに持参するものの欄にはカメラ、予備の電池、双眼鏡、サングラス、コンパスなどが並ぶ。

シドニー~南極間のフライト時間は片道4時間から4時間半くらい。往復約9時間に、南極上空で過ごす時間が約3時間半ある。ん? ちょっと待って、シドニーから西海岸のパースまで行きは5時間、帰りは4時間かかるんだけど! 南極が近いというか、オーストラリアがデカいというか......。 

行きの機内では、専門家たちによるトークあり、基地にいる科学者との無線通信あり、と盛りだくさんの内容。南極関連のビデオがたくさん上映され、お土産グッズまでいろいろ売りにきたりもした。

そうしているうちに、気がつくといつの間にか飛行機は高度を下げている。窓から外を眺めるとそこはもう別世界だ。世界で一番寒くて、風の強い大陸。白銀に輝く世界を眺めていると、南極はピュアだなあ、という思いでいっぱいになった。海の色まで特別な青色に見えるのは目の錯覚だろうか。

機体はボーイング747-400だから、エコノミークラスだけでも300席以上ある。遊覧飛行なんていう大きさではないのだが、見どころではちゃんと機体を傾けたり、旋回してくれたりする。

離着陸の際には、操縦室に備えつけられたビデオカメラからの映像や、管制官のやりとりの音声がライブで流され、帰りの飛行機では、操縦室の中の機長のすぐ後ろの席がオークションにかけられたりもした。「今どき乗客を操縦室に入れて座らせてくれるのは世界中でこの南極フライトだけ!」というのが売り文句。すぐ前の席に座っていた家族連れが$2,450で競り落とし、その日が誕生日というお父さんがニコニコと操縦室に向かった。売上金はクリーンアップ・オーストラリアに寄付されるそうだ。

この日の総飛行距離は結局1万800キロ余り。3時間はほぼ同じ方向に首を傾けていたから、さすがに疲れたけれど、次回はぜひぜひ船で南下して上陸し、世界の果てを体感しようと思った。

1312.jpg

(C)Tokiko Minamida

Antarctica Sightseeing Flights
Croydon Travel
34 Main Street Croydon VIC 3136
03-9725-8555

シドニー発 2001年11月4日、12月31日、2002年1月13日、2月13日
(ほかにメルボルン、アデレード発もあり)
エコノミークラス $899~1,999
ビジネスクラス $2,399~3,199
ファーストクラス $3,999

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2001年11月10日
« 前の記事「サマータイム(夏時間)開始」へ
»次の記事「クリスマスシーズン突入」 へ
シドニー特派員 新着記事
桜の季節に訪れたいルーラとウエントワースの滝
またひとつ楽しい場所が増えた、ダーリングスクエア
シドニーでフランス革命イベント
冬のシドニーをヴィヴィッドに彩る
今夜はレトロバスに乗って
シドニーでも出来るんです、りんご狩り
ハンターバレーで過ごす1日
特別な日はディナークルーズ
1年前の同じ月に投稿された記事
夏のおすすめレジャー、セイリング
とうとう聖火が消えて......

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • シドニー特派員

    シドニー特派員
    南田 登喜子
    オーストラリアを皮切りに、7年かかって五大陸70ヵ国余りを放浪。生活経験のある海外10都市をはじめ、世界中にステキな街がたくさんあることを実感したものの「やっぱりオーストラリアが好き!」で振り出しに戻る。フリーライターとして活動する一方、フォトグラファーのパートナーと共にエコツアー会社IECオセアニアを経営。URL:だから!やっぱり!オーストラリア

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集