海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > シドニー特派員ブログ > パノラマ・ビューが楽しめるレトロな遊園地ルナ・パー...

オーストラリア/シドニー特派員ブログ 旧特派員 南田 登喜子

オーストラリア・シドニー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2005年2月18日

パノラマ・ビューが楽しめるレトロな遊園地ルナ・パーク


パノラマ・ビューが楽しめるレトロな遊園地ルナ・パーク

シドニー・ハーバー・ブリッジ北側のたもとに位置する「ルナ・パーク・シドニー」は、ニューヨーク郊外のコニー・アイランドをルーツとするノスタルジー溢れる遊園地。入園は無料で、乗り物やゲームなどのアトラクションには「ルナ」という単位のチケットを購入するシステムだ。小さな古びた観覧車、アンティークなメリーゴーランド、木製の滑り台......数十年前の映画の世界に迷い込んだようなレトロな雰囲気は、今どきのテーマパークではちょっと味わえない。

その懐古ムードは決して作りものではなく、初代ルナ・パークの開園は1935年にまでさかのぼる。1979年に火災事故が起こってからは、リース権の問題や経営難、再開発計画など、さまざまな要因が絡み、オープンとクローズを繰り返した後、1995年に再開したものの、周辺にある高級住宅街の住民から騒音の苦情が相次いだため、1年余りであえなく閉鎖。原因となったローラーコースターはゴールドコーストのドリームワールドに引き取られた。ただし、閉園中も入口ゲートの「顔」をライトアップしたり、週末やニュー・イヤーズ・イヴなどの特別イヴェントでオープンしたり......と何ともビミョウな存在感をシドニーっ子に示し続け、復活を願うサポーターも少なくなかった。

再度のカムバックを果たしたのは、昨年4月。「またすぐ閉まるんじゃないの?」という疑念をよそに、リニューアル・オープンから無事10ヵ月余りが過ぎた。今週末の2月19日には、「1,234,567人目の入園者」を迎える予定になっているという。

入口ゲートの目の前がフェリー埠頭(ミルソンズ・ポイント)なので、クルーズ気分を楽しみがてら、サーキュラ・キーやダーリング・ハーバーからフェリーで行くのがおすすめ。電車なら、シティ中心部のウインヤード駅からノース・ショア・ラインまたはノーザン・ラインに乗ってひとつ目のミルソンズ・ポイント駅が最寄り駅となる。帰りは、ハーバー・ブリッジをブラブラ歩いてくるのも悪くない。

オペラ・ハウスやシティの高層ビル群を対岸に望むウォーター・フロントのロケーションはシドニーならでは。週末は遅くまでオープンしているから、夜景スポットとしても絶好の場所である。園内のアトラクションは、ルナ・パークという特別な時空を彩る"おまけ"みたいなもの。スリルと興奮を求めるのなら、ほかのアミューズメント・パークへどうぞ。

■ルナ・パーク・シドニー Luna Park Sydney
1 Olympic Drive, Milsons Point
02-9922-6644

[開園時間]※( )内は祝日・スクールホリデー期間
 月~木曜 11:00~18:00(10:00~18:00)
 金曜 11:00~22:00(10:00~23:00)
 土曜 10:00~23:00
 日曜 10:00~18:00
 
[入園料]
 無料

[乗り物用チケット]
 3ルナ:$3.00
 12ルナ:$10.00
 30ルナ:$20.00
 ※1日乗り放題のデイ・パスもあり。

2728.jpg

シティ側からもよく見えるルナパークの入口ゲート

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2005年2月18日
« 前の記事「夏真っ盛り! 海のルールを頭に入れて、ビーチへ繰り出そう」へ
»次の記事「小腹が空いたら......ハリーズのミートパイ!」 へ
シドニー特派員 新着記事
桜の季節に訪れたいルーラとウエントワースの滝
またひとつ楽しい場所が増えた、ダーリングスクエア
シドニーでフランス革命イベント
冬のシドニーをヴィヴィッドに彩る
今夜はレトロバスに乗って
シドニーでも出来るんです、りんご狩り
ハンターバレーで過ごす1日
特別な日はディナークルーズ
1年前の同じ月に投稿された記事
大陸縦断鉄道「ザ・ガン」全線開通にまつわるエピソード
オーストラリア大陸縦断鉄道の開通に沸くノーザン・テリトリー
新フェリーサービス「スピリット・オブ・タスマニアIII」就航

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • シドニー特派員

    シドニー特派員
    南田 登喜子
    オーストラリアを皮切りに、7年かかって五大陸70ヵ国余りを放浪。生活経験のある海外10都市をはじめ、世界中にステキな街がたくさんあることを実感したものの「やっぱりオーストラリアが好き!」で振り出しに戻る。フリーライターとして活動する一方、フォトグラファーのパートナーと共にエコツアー会社IECオセアニアを経営。URL:だから!やっぱり!オーストラリア

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集