海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > シドニー特派員ブログ > 喫煙者にはちょっと厳しいオーストラリアのタバコ事情

オーストラリア/シドニー特派員ブログ 旧特派員 田中 秀尚

オーストラリア・シドニー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月30日

喫煙者にはちょっと厳しいオーストラリアのタバコ事情


喫煙者にはちょっと厳しいオーストラリアのタバコ事情

こんにちわ!


こちらオーストラリアも、タバコは法律の締め付けが毎年厳しくなっており、喫煙者には結構厳しい環境です。要点を挙げますと、

#室内での喫煙は禁止(もちろん自分の家などは別ですが)
#タバコの広告は、町なかの看板、新聞・雑誌、テレビなどのメディア、全て禁止

まあ、これらはほかの国でもありそうですが、近年規制が更に強まり、

#タバコのパッケージはプレーンなものになり、タバコの銘柄は名前だけ、それより更に大きく、"smoking kills"などといったスローガンが目に付き、更に更に、喫煙のおかげでなる病気の写真がパッケージ一面にカラーで載っています。これ、かなり「エグい」です。

#タバコはコンビニ、スーパーなどでも売ってますが、レジの後ろにあって自分からは取れないようになっています。更に、最近はタバコ自体が棚にしまわれて、目に付かないようになっています。


...というかんじで、なんか意地になってタバコを吸わせないようにしている感じで、タバコを吸わない自分から見ても、ちょっとやりすぎでは...と思わせます。


それで喫煙率が下がっているかというと...どうなんでしょうねえ?若い人たちは結構吸っているようですし、街を歩くとタバコの吸殻が結構目に付きます(こちらの喫煙者は結構平気でポイ捨てをします...)。


そんな感じで喫煙者にとっては肩身の狭いオーストラリアですが、きちんとルールを守って吸う分にはもちろん問題なしですので、これを参考にしてください!

(5月のお題「タバコ事情」)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題
2014年5月30日
« 前の記事「オーストラリアスーパーマーケット事情」へ
»次の記事「オーストラリアとワールドカップ-その1」 へ
シドニー特派員 新着記事
桜の季節に訪れたいルーラとウエントワースの滝
またひとつ楽しい場所が増えた、ダーリングスクエア
シドニーでフランス革命イベント
冬のシドニーをヴィヴィッドに彩る
今夜はレトロバスに乗って
シドニーでも出来るんです、りんご狩り
ハンターバレーで過ごす1日
特別な日はディナークルーズ
1年前の同じ月に投稿された記事
冬のシドニーを彩る Vivid Sydney (5月24日-6月10日)
シドニーグルメツアー
シドニーオペラハウスのバックステージツアー
パディントンのイタリア料理店、La Scala

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • シドニー特派員

    シドニー特派員
    田中 秀尚
    【Hidetaka TANAKA】
    シドニー在住16年。現地のホテル学校に通った後、市内4スターホテルのポーターの職を得る。シドニー生活を楽しんでいるうちにコンシェルジュとなり、06年にはル・クレドール(コンシェルジュ協会)のメンバーとなる。現在はウェスティン・シドニーのコンシェルジュとして、シドニーの見所、穴場などをゲストにご案内している。おいしい食べ物、お酒、そして走るのが趣味。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集