海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > シドニー特派員ブログ > 夜のオペラハウス

オーストラリア/シドニー特派員ブログ 南魚海

オーストラリア・シドニー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月16日

夜のオペラハウス


メール プリント もっと見る

夜のオペラハウス


シドニーといえばオペラハウス。
いつ行っても沢山の人で賑わっていますが、
今日は、昼とはチョット違うオペラハウスをご紹介。


ちなみに、今やシドニーの顔というか、
そこにあって当たり前!な存在のオペラハウスですが、
そもそもこの一帯がなんだったのかをご存知な方は少ないはず。

ワタシもそんなにオーストラリアの歴史について詳しいわけではないですが、
ほんの少しだけご説明させていただきますね。

本格的に移民政策が始まったのは1790年頃と言われていますが、
新しい土地だ!と意気揚々だったのは移民する側だけで、
当然この地には昔から住み続けている先住民アボリジニがいたわけです。

特に、オペラハウスがあるあたりは、アボリジニのガディガル族という種族が暮らしていました。
そこで当時のオーストラリア政府は、彼らと交渉の出来る仲介人が必要だと考え、
また別の種族であったエオラ族のベネロングという若者に英語を教え、
仲介役としました。

なので、オペラハウスのある場所は、正式名称は「ベネロング・ポイント」といいます。


ベネロングについては、色々その後悲しいお話があったりもしますが、
それはまた別の機会に。


このお話だけでなく、オーストラリアが現在のカタチとなるまでの歴史の中で、
先住民のアボリジニとの関わりが、いたるところに、様々な様相で刻まれています。

今年はアボリジニがオーストラリア政府から正式に市民権を獲得した1967年から
ちょうど50年にあたるということで、来年の6月頃までの毎日、オペラハウスで
アボリジニの歴史と文化を伝承することを目的としたライトショーが開催されています。

なのでこの日は夕方から出陣!

オペラハウスに続く通りの、ハーバーサイドにはカフェやパブもあり、
夕焼けを見ながらビールを飲んでる人も沢山!


light23web.jpg


そうそう、最近は運が良ければ、オペラハウスの裏側にやってくる、野生のアシカが見れます。

この日は残念ながら見れませんでしたが、こんな注意書きまで用意されてるので、
かなり頻繁にやってくるみたいです。
ワタシは過去に1度だけ見ました。

light24web.jpg


サーキュラーキーに停泊中だった豪華客船も、
夕焼けに向かって出航していきました。

light25web.jpg


ライトショーは1日2回。
日没に合わせてと、夜9時から。

ワタシは日没時間を調べて、それに合わせて行ってみましたが、
これはちょっとアテにならないかも・・・。


この日の日没時間は7時35分でしたが、結局ショーが始まったのは8時。
なので、待ちたくない方や確実に時間通りに見たい方は9時がオススメかも。

ここでひとつ注意しておきたいのは、ライトショーが映し出されるのが、
ハーバー側ではなく、オペラハウスの正面階段を登った、中二階の踊り場のようなところの屋根。

ちょうどハーバー側の裏手になります。


ショーは7分しか上映しないので、場所のお間違えのないように。


そして内容は、オーストラリアを囲む海に住む生物達、この国の特徴である赤い大地、そこで生活していたアボリジニの文化・・・といった
構成になっています。


light2web.jpg


light4web.jpg


light5web.jpg


light7web.jpg


オペラハウス内には有名なレストランもありますし、
夜になっても賑やかなパブで生バンドに耳を傾けながらお酒を飲むのもいいし、
昼とはまた違った顔を持つオペラハウスが楽しめると思いますよ。


light8web.jpg


light9web.jpg

ライトショーの詳細サイトはこちら

Badu Gili

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2017年11月16日
« 前の記事「心踊るフィッシュマーケット」へ
»次の記事「オーストラリアの食べ物といえば」 へ
おすすめ記事
    シドニー特派員 新着記事
    シドニーでも出来るんです、りんご狩り
    ハンターバレーで過ごす1日
    特別な日はディナークルーズ
    ハイセンスなナイトマーケットはいかが?
    Coal Loader散策
    郊外のアートセンターで日本の漫画エキスポ
    廃線マニアにはたまらない! 旧ヘレンズバーグ駅とトンネル
    オーストラリア最高峰の山へ

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/5/25更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シドニー特派員

      シドニー特派員
      南魚海
      映像関係の学校を卒業後、助監督や広告代理店にてCM制作に携わり、縁あって1994年に来豪。ワインのプロモーターや日本語情報誌の編集者を経て、フリーランスのライター兼グラフィックデザイナーに。現在は兼ねてより目標としていたフォトグラファーをメインに、バックグラウンドアクター(いわゆるエキストラ)、趣味のジャズシンガーとしてシドニーライフを満喫中。 DISQUS ID @disqus_bjyUsJJdzZ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集