海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > シドニー特派員ブログ > オーストラリアの食べ物といえば

オーストラリア/シドニー特派員ブログ 南魚海

オーストラリア・シドニー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月23日

オーストラリアの食べ物といえば


オーストラリアの食べ物といえば

代表的なオーストラリアの食べ物といえば、フィッシュ&チップスとミートパイ。
でも実はふたつとも、イギリスから持ち込まれたもので、
オーストラリアがオリジナルの食べ物ではないんですね〜w


今回はミートパイの方をちらっとご紹介。


中でもオーストラリアのガイドブックで必ず紹介されているのが
老舗のハリーズカフェ(Harry's Cafe de Wheels)。

現在はダーリングハーバーや郊外のテンピーというところにも店舗がありますが、
やはり一番人気で毎日のように観光客がバスでやってくるのは、
一号店でもあるウルムルーのお店。


ハリーズ1web.jpg

カフェやレストラン等でもミートパイは食べれますが、
このHarry's Cafeは初めてミートパイを屋外の屋台で売り始めたお店で、
昔の若者が夜遊びの帰りにちょっと小腹を満たすために立ち寄るようになったのですが、
それが当時の粋というかトレンドみたいに若者達の間で話題になり、
続々とセレブな人達も訪れるようになり、
一躍有名店となりました。

ハリーズ3.jpg

それ以来、お店の壁には訪れたセレブの写真が増え続け、
今やそれが名物となっています。

ハリーズ2web.jpg


お店の人気商品は、タイガーとチリドッグ。
タイガーは、ミートパイの上にマッシュポテトとマッシュグリーンピースが乗っており、
その上からグレービーソースをたっぷりかけたもの。


ハリーズ4web.jpg


ちなみにグレイービーソースとは、牛肉と野菜を長時間煮詰めて作ったソースで
オーストラリアでは様々な肉料理のソースとして最もポピュラーなものです。

チリドッグは、まあ辛いホットドッグという感じですが、
けっこう辛いのでご注意を。


お店横に簡易カウンターテーブルもあるので、ここで食べることもできます。
そしてこちらでも、またまた隙あらば頂戴しようと目論んでいるコヤツが
かなり至近距離まで音もなく近づいてきますので、食べながらでも周囲に目を光らせてくださいw


ハリーズ5web.jpg


ミートパイといえど、その内容はお店により様々。
ハリーズの場合は、ざっくりカットしたステーキ肉が入ってるタイプ。

お店によっては、ひき肉を使っているものもあります。


実はワタシはどちらかというとひき肉タイプの方が好き〜〜。


それにトマトケチャップつゆだくで食べるので、
ウチのおっさんには眉をひそめられます・・・。


アクセス方法は、市内中心部からならドメインの公園を横切りながら
エリザベスベイ方面に10分ほど歩くか、
先にボタニックガーデンを散策し、ミセスマコーリーズチェアあたりから
同じくエリザベスベイ方面に7、8分歩いたあたりにあります。


オーストラリアの国民食でもあるミートパイ。
味の好みは分かれるところですが、旅の思い出に一度くらいは
ミートパイを召し上がってみてくださいませ。


Harry's Cafe de Wheels
Brougham St
Woolloomooloo New South Wales 2011
Woolloomooloo

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2017年11月23日
« 前の記事「夜のオペラハウス」へ
»次の記事「クリスマスシーズンの名物!」 へ
おすすめ記事
    シドニー特派員 新着記事
    またひとつ楽しい場所が増えた、ダーリングスクエア
    シドニーでフランス革命イベント
    冬のシドニーをヴィヴィッドに彩る
    今夜はレトロバスに乗って
    シドニーでも出来るんです、りんご狩り
    ハンターバレーで過ごす1日
    特別な日はディナークルーズ
    ハイセンスなナイトマーケットはいかが?

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シドニー特派員

      シドニー特派員
      南魚海
      映像関係の学校を卒業後、助監督や広告代理店にてCM制作に携わり、縁あって1994年に来豪。ワインのプロモーターや日本語情報誌の編集者を経て、フリーランスのライター兼グラフィックデザイナーに。現在は兼ねてより目標としていたフォトグラファーをメインに、バックグラウンドアクター(いわゆるエキストラ)、趣味のジャズシンガーとしてシドニーライフを満喫中。 DISQUS ID @disqus_bjyUsJJdzZ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集