海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > シドニー特派員ブログ > 廃線マニアにはたまらない! 旧ヘレンズバーグ駅とト...

オーストラリア/シドニー特派員ブログ 南魚海

オーストラリア・シドニー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月22日

廃線マニアにはたまらない! 旧ヘレンズバーグ駅とトンネル


廃線マニアにはたまらない! 旧ヘレンズバーグ駅とトンネル


シドニーのセントラル駅からサウスコースト線(South Coast Line)もしくはイラワラ線(Illawarra Line)で
およそ1時間ほど南下したところにヘレンズバーグ(Helensburgh)という山間の
小さな町があります。

昔は炭鉱の町だったようで、今もその当時の建物が残っていたりするのですが
今回は、今では廃線となったヘレンズバーグ駅とその周辺にあるトンネルをご紹介。

いくつか点在してるのですが、実際にトンネルの中まで入れて
歩けるのはNo.4というトンネルのみらしく、
現在使われているヘレンズバーグの駅から徒歩で行けるぐらい
近くにあります。

ワタシが行った日は30度超えの暑い日でしたが、
このトンネル付近は涼しい〜〜〜。

入り口付近にはプラットフォームだった名残が。

ヘレンズバーグ1web.jpg


ヘレンズバーグ16web.jpg


トンネルの入り口はこんな感じなのですが、線路付近と
トンネル内部は水があって、足元はかなりぬかるんでます。

たまたまでしたが、ビーチサンダル履いてて良かったです・・・。


ヘレンズバーグ3web.jpg


中は冷んやりしてました。
そして、写真では明るく見えます・・・というか
このへんまでは明るかったですが、10mくらい進んだら
真っ暗になるので、ワタシも含め、来てた人はみんな
携帯のトーチ機能使ってましたw

ヘレンズバーグ6web.jpg

そして、暗くなってきたあたりから気がついたコレ。


ヘレンズバーグ9web.jpg

トンネル内の屋根や壁や
ちょっとしたくぼみのいたるところに
土ボタルが!!

普通はブルーマウンテンやらにツアーで行かないと
見れないのに、こんなお手軽に見れてしまうなんてww


せっかくなので、時々はトーチを消して、
真昼のプラネタリウムのように
土ボタルの明かりを楽しませてもらいました。


足元のぬかるみと戦いながら、このくらいまで奥に。

ヘレンズバーグ11web.jpg

行き止まりまで行ってみたかったのですが、
これ以上はぬかるみがひどすぎて断念。


このトンネルの近くに、もうひとつ別のトンネルも
あったのですが、こちらは入れないように柵がしてありました。


ヘレンズバーグ17web.jpg

家に帰ってから地図を見てみたら、
小さなトンネルがまだいくつもあるみたいだったので
またこのあたりを散策に来ようと思いました。


おまけ。

ここは以前紹介したパラグライダーの町スタンウエェルパークのすぐ近くでもあり
よく車のコマーシャルなどでも使われる、コーストラインをまたぐように
作られた大きな橋もあります。

ヘレンズバーグ18web.jpg

ここからの眺めも素晴らしいので、大好きな場所のひとつです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り 交通・鉄道・航空 天気・気候・気温 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年1月22日
« 前の記事「オーストラリア最高峰の山へ」へ
»次の記事「郊外のアートセンターで日本の漫画エキスポ」 へ
おすすめ記事
    シドニー特派員 新着記事
    桜の季節に訪れたいルーラとウエントワースの滝
    またひとつ楽しい場所が増えた、ダーリングスクエア
    シドニーでフランス革命イベント
    冬のシドニーをヴィヴィッドに彩る
    今夜はレトロバスに乗って
    シドニーでも出来るんです、りんご狩り
    ハンターバレーで過ごす1日
    特別な日はディナークルーズ

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/11/18更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シドニー特派員

      シドニー特派員
      南魚海
      映像関係の学校を卒業後、助監督や広告代理店にてCM制作に携わり、縁あって1994年に来豪。ワインのプロモーターや日本語情報誌の編集者を経て、フリーランスのライター兼グラフィックデザイナーに。現在は兼ねてより目標としていたフォトグラファーをメインに、バックグラウンドアクター(いわゆるエキストラ)、趣味のジャズシンガーとしてシドニーライフを満喫中。 DISQUS ID @disqus_bjyUsJJdzZ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集