海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > シドニー特派員ブログ > 今夜はレトロバスに乗って

オーストラリア/シドニー特派員ブログ 南魚海

オーストラリア・シドニー特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月28日

今夜はレトロバスに乗って


今夜はレトロバスに乗って

シドニー市内で、たまに見かけるレトロバス。

なんたって見た目が可愛いし、古い物好きとしては気になってたんですよね・・・。

そんな時に見つけたのが、レトロバスツアーなる催し。

今回のは1年に1度のイベントらしいのですが、
スクールホリデー時期の昼間とか、
ちょいちょい色んなツアーが開催されているらしいです。

コースは市内を通って、イタリア人街として有名なライカートにある
バス博物館まで。
チケットは15ドルで、5時半から10時半の間なら
何度乗ってもいいそう。
ちなみに通常は一般公開されていないこのバス博物館も
見学することができます。

今回のツアーもですが、このレトロバスを使った様々なイベントの情報は
Sydney Bus Museum のサイトで確認することができます。


出発はクィーンヴィクトリアビルディング横にある
通常のバスターミナルの端っこ。


なので、通常の市内バスも来ますが、
こういう看板が出て、それっぽい係の人もいるので
見つけやすいはず。


1web.jpg


写真はバス博物館に着いてからのものですが、ワタシ達はこちらのバスに乗りました。

12web.jpg


実は去年仕事で、ロンドンの赤いダブルデッカーはすでに乗ったことがあったので
今回はオーストラリアのヤツに乗りたかったんですよね。


こんなの。

9web.jpg


なんとか2階席の前から2番目をゲット!
前を走ってる違うバスも見えました。
この青いのは、香港のレトロバスだそう。

7web.jpg


日頃見ることのできない、かなり高いところからの景色は新鮮!
見知ったカフェもなんだか素敵に見えました。

8web.jpg

中はこんな感じ。
この2階建バス、想像していたよりも背が高くて、
街路樹がバキバキと音を立てて窓とかに当たってくるっ。

68web.jpg

車内広告も当時のままで、なかなか面白い。
無料の心療テスト・・・なにするんだろう・・・。

60web.jpg


そしておよそ30分のレトロバスライドを楽しんだら、
バス博物館に到着。
中には昔のあらゆるバスが展示してあって、
全部中に乗って見ることができます。

54web.jpg

18web.jpg

48web.jpg


レトロな雰囲気をさらに盛り上げるため、ジャズの生演奏も。

21web.jpg


館内で上映されていた、第二次世界大戦頃のシドニーの町並み。
当たり前だけど、毎日がクラシックカーショーのようですw

36web.jpg

いつもは飲食禁止の館内らしいのですが、この日はコーヒーやホットドッグが買えるキオスクや
アメリカンスタイルのBBQを売るお店が用意されていました。


50web.jpg


たまにはノスタルジックな夜を過ごしたい・・・と思ったら
レトロバスに揺られてみるのもいいかもしれないですね。

69web.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 交通・鉄道・航空 夜遊び・クラブ・お酒 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2018年5月28日
« 前の記事「シドニーでも出来るんです、りんご狩り」へ
»次の記事「冬のシドニーをヴィヴィッドに彩る」 へ
おすすめ記事
    シドニー特派員 新着記事
    桜の季節に訪れたいルーラとウエントワースの滝
    またひとつ楽しい場所が増えた、ダーリングスクエア
    シドニーでフランス革命イベント
    冬のシドニーをヴィヴィッドに彩る
    今夜はレトロバスに乗って
    シドニーでも出来るんです、りんご狩り
    ハンターバレーで過ごす1日
    特別な日はディナークルーズ

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/12/11更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シドニー特派員

      シドニー特派員
      南魚海
      映像関係の学校を卒業後、助監督や広告代理店にてCM制作に携わり、縁あって1994年に来豪。ワインのプロモーターや日本語情報誌の編集者を経て、フリーランスのライター兼グラフィックデザイナーに。現在は兼ねてより目標としていたフォトグラファーをメインに、バックグラウンドアクター(いわゆるエキストラ)、趣味のジャズシンガーとしてシドニーライフを満喫中。 DISQUS ID @disqus_bjyUsJJdzZ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集