海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > オーストラリア/シドニー2特派員ブログ

オーストラリア/シドニー2特派員ブログ 松本 季子

オーストラリア・シドニー2特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


10代の頃初めてオーストラリアに短期留学できました。その時、海外のスーパーマーケットって何て楽しいんだろうと全てがキラキラして見えたことを覚えています。
今はスーパーに通うことは生活の一部となっちゃいましたが、それでも新製品を見つけるとわくわくしちゃいます。


オーストラリアのスーパーマーケットは大手から個人経営までかなりの数があります。
私が住むシドニーでは、Coles,Woolworths,IGA,Franklinsといったところがよく見かけるスーパーマーケットでしょうか。
ちなみに私の行きつけはColesというスーパーマーケットです。
最近はどこのColesでもアジア食品のコーナーが設置されていて、例えば日本食ならすし酢、インスタントのお味噌汁、キューピーマヨネーズまでわりと色んな種類のものが買えます。私がこちらに住み始めたときはアジア食品のコーナーはあったものの、今ほども品ぞろえはよくありませんでした。今では品数がかなり増え、日本人の私にはありがたい進歩です。
もちろん日本食だけではなく、その他のアジア各国の食品もたくさん並んでいます。さすが多民族国家のオーストラリアならではですね!ちなみに細かいことをいうと、アジア人が多く住む地域にはアジアコーナーの品ぞろえが豊富で、少ない地域はわりと控えめ。
他にも、宗教の関係で特別な食材しか食してはいけない人たちのために設置されたコーナーがあるスーパーマーケットもあります。


最近スーパーマーケットでみつけたこれこそオーストラリア!!という商品をご紹介。


1.ユーカリ&ハニーの飴


supermarket2.jpg

オーストラリアの動物といえばコアラ!そのコアラが主食とするのがユーカリ(ユーカリプタス)の葉です。その植物で作られた飴です。のどに優しいらしく、調子が悪い時にもお勧めです。人によっては若干くせがある味と表現する人もいますが、個人的には私は好きです。


2.プリングルスのミートパイ味


supermarket3.jpg

日本でもおなじみのプリングルスのポテトチップス。ミートパイはオージーが大好きな食べ物。ミートパイとはパイ生地の中にグレイビーソースと混ざり合ったお肉が入っているのがオーストラリア流。ミートパイ屋さんではトッピングもお好みで選べます。マッシュピー(お豆の潰したもの)やマッシュポテト(お芋の潰したもの)にたっぷりのグレイビーソースをかけて食べたりってのもオージー風です。プリングルスがそのミートパイ味を出しています。


おまけでスーパーマーケットの商品ではないのですが、下記の商品もまさにオーストラリア!っていう商品です。


3.T2のシドニーブレックファースト


supermarket1.jpg

シドニーのショッピングセンター内でよく見かけるT2というお茶屋さんがあります。そのお茶屋さんが出しているシドニーブレックファーストという紅茶。ほかにもメルボルンブレックファーストというのもありますよ。
こちらもオーストラリアらしい商品で間違いなし!


またまだあるオーストラリアらしい商品、おってブログにあげていきますね。


では次回のブログでお会いしましょう。


2018年4月26日

ちょうど2か月前の今日は2月14日はバレンタインデーでしたね。 日本では女性から男性へとたくさんのチョコレートが贈られたことでしょう。 ちなみにオーストラリアはというと男性から女性へとバラの花を贈るのが一般的です。その人によってはお花以外の贈り物を選ぶ人もいます。 日本人の私はこちらに移住してきてから義理、本命チョコも何も準備していません。かなり気が楽です。無駄な出費も節約できちゃいます。


さてバレンタインの日はお花屋さんは大繁盛。 友人のホストマザーがお花屋さんを経営していました。バレンタインの日はすごく忙しくなるので、私の友人も毎年お手伝いに呼ばれていました。一年で一番売り上げが良いそうです。 日本ではチョコレートの売り上げがぐっとあがっていること間違いなしですね。


うちら夫婦はといいますと、お誕生日もクリスマスも特にプレゼントの渡し合いなんてしない冷めた夫婦なのですが、バレンタインだけは毎年バラの花束とチョコやぬいぐるみのセットをもらっています。 主人曰く今年は一軒目のお花屋さんでバラは売り切れだったそうです。世の男性がそんなに女性にバラを贈っていることにびっくりです。ちなみに二軒目では無事に購入できて、お家でありがたく頂戴しました。 お花って自分で買ったり、育てたりして飾るとお家が一気に華やかになってワクワクしますが、誰かにもらうともっと嬉しくなるもんですね!

valentine2.jpeg


日本ではバレンタインデーとホワイトデーはセットのような扱いになってますが、オーストラリアではホワイトデーは存在しません。 だから女性は特にお返しもしなくていいんですよね~。私自身都合のいいところでは、私は日本人だから!日本の文化を大切に!とかって言ってますがホワイトデーは私の中では抹消です。 こちらに住む日本人女性たちはパートナーが日本人でなくても、きちんとホワイトデーにお返しをしている方もいらっしゃるようです。私も見習わないといけないと思いつつ。。。毎年スルーです。


話は変わりバレンタインのチョコつながりでの雑談ですが、日本でも普通に買えるようになったTimTamというチョコ菓子を知っている人は多いと思います。 日本のチョコ菓子に比べると甘さすぎると感じる人もいらっしゃるかと思いますが、なぜだかこちらに長く住みだすとこの甘さも適度に慣れてきてしまうんですよね。人間の舌って単純に出来てます。 このTimTamですが、オーストラリアの会社Arnott’sから発売されてます。大きな会社でチョコ菓子にクッキーにスナック菓子までありとあらゆる商品を発売しています。どこのスーパーにいっても必ずArnott’s商品は並んでいます。 話はそれましたが最近このArnott’sとシドニーに何店舗も展開しているMessinaというジェラート屋さんのコラボで新たなTimTamが発売されています。 その中で私が興味をもったのがアイスコーヒー味。あとはチョコミント味や、塩キャラメル味などの5種類があります。 パッケージには”Chill Me” 「冷やしてね」とかれているんですが、さすがジェラート屋さんとのコラボ。冷たくして食べるというグッドなアイデア!しかも冷蔵庫にいれると袋の色も変わるというまたまた面白いことを組み込ませています。 お味はというとオリジナルのTimTamの味を邪魔しない程度のコーヒー味がして私はけっこう好きでした。

valentine1.jpeg

オーストラリアにお越しの際は日本では売っていないTimTamの味をお土産にするのもいいですね!


では、次回のブログでお会いしましょう。


2018年4月14日

シドニーはオーストラリアで一番の大都市です。多民族国家のシドニーにはありとあらゆる食べ物があります。


日本の田舎出身のわたしにとってシドニーは食の天国です。外食するにもその日の気分で世界各国の食べたいものの中から選べるんですよね。残念ながら日本の私の地元ではそういう楽しみ方ができなかったんです。きっと日本でも都会ならシドニー同様、選択肢もたくさんあるはずですよね。


以前、日系の留学エージェントでお仕事していた時の話です。オーストラリア留学を考えているというお客様から時々聞かれた質問。 「オーストラリアの主食はなんですか?」 私自身も留学前に気になっていたことの一つです。ホストファミリーは何を食べているんだろう?お米が大好きな私はオーストラリアでもお米を食べれるのかな?なんて今思い起こすと新鮮な気持ちになれますね。私は留学前にどなたかにオーストラリアの主食といえばポテトだと教えてもらいました。確かにポテトをサイドに持ってくるお料理多いんです。

例えばフィッシュアンドチップス(揚げたまたは焼いた魚とフライドポテト)

food1.jpg

カフェやレストランなどで食べるハンバーガーの横にもチップス

food2.jpg

オージービーフのステーキの横に添えてあるのもチップスかマッシュポテトだったりすることが多いです。


しかし長く住めば長く住むほど文化の交じりあったオーストラリアでの主食を限定するのってすごく難しい!その点日本はお米が主食と言い切れるので、外国の方には説明しやすいですよね。

オーストラリアはアジア圏からも近いのでアジアからの移住者もたくさん生活しています。アジア系の方たちはお米や麺を主食とするし、ヨーロッパからの移住者はポテト、パン、パスタなどを主食します。ほかにも原住民の方、そのほかの国からの移住者の方たくさんの人種が交じりあって生活しているので、各文化にあった食生活でシドニーでの生活が成り立っています。様々な食材も比較的簡単に手に入るのがシドニーの便利なところ。手に入らなければそれに近い材料を集めてきて自己流で作ったりするのも楽しい!ちなみに日本食ですが、日系のスーパーマーケットもいくつもあるのでわりと何でも作れちゃいます。

日本にもチャイナタウン、コリアンタウンがあるようにシドニーにもそれぞれの人種が集まるいくつもの街が存在します。それらの街へいくとそれぞれの食べ物や文化が楽しめます。私のお気に入りはシドニーの南西に位置するバンクスタウンというベトナム系の街。そこで食べるPHO(フォー・日本でもおなじみの米粉麺のスープヌードル)は格別です。

food3.jpg

ちなみに日系の街もあります。ジャパニーズタウンというほども規模は大きくはありませんが、アーターモン、ニュートラルベイ、ノースブリッジといった北側の街には日本食レストランが多くあったり、日系スーパーマーケットがあったりします。その影響で日本人が多く住んでいます。

お食事事情だけで考えてもシドニーは多国籍国家なんだなと改めて感じさせられます。


では、次回のブログでお会いしましょう。


2018年4月 3日
2018年3月20日
2018年3月 8日
2018年3月 1日
⇒すべての記事を見る

オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • シドニー2特派員

    シドニー2特派員
    松本 季子
    初めてオーストラリアに長期留学に来たのが2004年。気が付けばオーストラリア歴も10年を越え、留学生から永住者へと。オーストラリアでの生活の拠点の大半はシドニー。一時期オーストラリアの田舎暮らしも堪能しましたが、結局落ち着くところはシドニーでした。学生、ボランティア、仕事とこの10数年のオーストラリアライフを満喫してきました!現在は6か月の娘の子育てをしながら、人生模索中。 DISQUS ID @disqus_s8KW5710to

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集