海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > シドニー2特派員ブログ > オーストラリアのお食事事情

オーストラリア/シドニー2特派員ブログ 松本 季子

オーストラリア・シドニー2特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月 3日

オーストラリアのお食事事情


オーストラリアのお食事事情

シドニーはオーストラリアで一番の大都市です。多民族国家のシドニーにはありとあらゆる食べ物があります。


日本の田舎出身のわたしにとってシドニーは食の天国です。外食するにもその日の気分で世界各国の食べたいものの中から選べるんですよね。残念ながら日本の私の地元ではそういう楽しみ方ができなかったんです。きっと日本でも都会ならシドニー同様、選択肢もたくさんあるはずですよね。


以前、日系の留学エージェントでお仕事していた時の話です。オーストラリア留学を考えているというお客様から時々聞かれた質問。 「オーストラリアの主食はなんですか?」 私自身も留学前に気になっていたことの一つです。ホストファミリーは何を食べているんだろう?お米が大好きな私はオーストラリアでもお米を食べれるのかな?なんて今思い起こすと新鮮な気持ちになれますね。私は留学前にどなたかにオーストラリアの主食といえばポテトだと教えてもらいました。確かにポテトをサイドに持ってくるお料理多いんです。

例えばフィッシュアンドチップス(揚げたまたは焼いた魚とフライドポテト)

food1.jpg

カフェやレストランなどで食べるハンバーガーの横にもチップス

food2.jpg

オージービーフのステーキの横に添えてあるのもチップスかマッシュポテトだったりすることが多いです。


しかし長く住めば長く住むほど文化の交じりあったオーストラリアでの主食を限定するのってすごく難しい!その点日本はお米が主食と言い切れるので、外国の方には説明しやすいですよね。

オーストラリアはアジア圏からも近いのでアジアからの移住者もたくさん生活しています。アジア系の方たちはお米や麺を主食とするし、ヨーロッパからの移住者はポテト、パン、パスタなどを主食します。ほかにも原住民の方、そのほかの国からの移住者の方たくさんの人種が交じりあって生活しているので、各文化にあった食生活でシドニーでの生活が成り立っています。様々な食材も比較的簡単に手に入るのがシドニーの便利なところ。手に入らなければそれに近い材料を集めてきて自己流で作ったりするのも楽しい!ちなみに日本食ですが、日系のスーパーマーケットもいくつもあるのでわりと何でも作れちゃいます。

日本にもチャイナタウン、コリアンタウンがあるようにシドニーにもそれぞれの人種が集まるいくつもの街が存在します。それらの街へいくとそれぞれの食べ物や文化が楽しめます。私のお気に入りはシドニーの南西に位置するバンクスタウンというベトナム系の街。そこで食べるPHO(フォー・日本でもおなじみの米粉麺のスープヌードル)は格別です。

food3.jpg

ちなみに日系の街もあります。ジャパニーズタウンというほども規模は大きくはありませんが、アーターモン、ニュートラルベイ、ノースブリッジといった北側の街には日本食レストランが多くあったり、日系スーパーマーケットがあったりします。その影響で日本人が多く住んでいます。

お食事事情だけで考えてもシドニーは多国籍国家なんだなと改めて感じさせられます。


では、次回のブログでお会いしましょう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年4月 3日
« 前の記事「オーストラリアの動物事情」へ
»次の記事「オーストラリアのバレンタイン事情」 へ
おすすめ記事
    シドニー2特派員 新着記事
    オーストラリアのスーパーマーケット事情
    オーストラリアのバレンタイン事情
    オーストラリアのお食事事情
    オーストラリアの動物事情
    オーストラリアのBBQ事情
    オーストラリア週末のマーケット事情

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/12/17更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シドニー2特派員

      シドニー2特派員
      松本 季子
      初めてオーストラリアに長期留学に来たのが2004年。気が付けばオーストラリア歴も10年を越え、留学生から永住者へと。オーストラリアでの生活の拠点の大半はシドニー。一時期オーストラリアの田舎暮らしも堪能しましたが、結局落ち着くところはシドニーでした。学生、ボランティア、仕事とこの10数年のオーストラリアライフを満喫してきました!現在は6か月の娘の子育てをしながら、人生模索中。 DISQUS ID @disqus_s8KW5710to

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集