海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > シドニー2特派員ブログ > 種類豊富なオーストラリアのクラフトビールを楽しもう...

オーストラリア/シドニー2特派員ブログ Eri オーストラリア さん

オーストラリア・シドニー2特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年6月20日

種類豊富なオーストラリアのクラフトビールを楽しもう!


種類豊富なオーストラリアのクラフトビールを楽しもう!

32384713-1B2B-4F3A-96CB-45D3A66A658D.jpeg
 
オーストラリア各州にはその土地ごとに有名な定番ビールがあります。例えばシドニーのあるニューサウスウェルズ州は「Tooheys」、ビクトリア州は「Victoria Bitters」、南オーストラリア州は「Coopers」など。

 

そういった地ビールを旅先のパブやレストランで飲むのが楽しみのひとつでもあるのですが、実はここ数年の間にクラフトビールの種類がかなり増えました。

 

クラフトビールを作る醸造所(ブリュワリー)は、現在オーストラリア全土に700以上存在しているそうで、その数の多さはオーストラリア在住のビール好きな人でも全部把握するのは難しいくらいなんです! ちょっとしたクラフトビールブームという感じですね。
 

そんな種類豊富なオーストラリアのクラフトビール事情を紹介します。旅行の際はその土地独自のブリュワリーに寄ってみるのも楽しいですよ!

 


ブリュワリーってどんなところ?

88FF902E-3172-4A32-85C8-2F092A51EFEE.jpeg

 

ブリュワリーはクラフトビールの醸造元なので、そのメーカーが作っている様々な種類のビールがタップで飲めます。

 
レストランが併設されていたり、週末だけのフードトラックが来て食事ができたりするところも多数ありますし、雰囲気も観光化されたような場所もあれば、工業地帯の元倉庫で営業しているようなローカル色が強い場所などそれぞれです。

 
ビールの種類もベーシックなラガーやペールエール、スタウトなどの他に、スイカ味やコーヒ味などちょっと遊び心がある実験的なビールを作っているところが多いのも楽しいところ。

 

2C1B3FBB-F5E6-4ED9-A5A2-C2FA442CD953.jpeg

 

せっかくなら色んなビールを試してみたい!という人には、4〜5種類のビールが少しずつ飲めるテイスティングのセットがあるはずなので、それもおすすめです!

 
そのブリュワリーでしか買えないTシャツや帽子などのグッズを売っていることも多いので、お気に入りのビールが見つかったら、お土産にするのも楽しいかもしれませんね。

 

おすすめのブリュワリー

EF9372E3-2A14-490C-BB05-5DF3661A09C1.jpeg

 

シドニー周辺でおすすめのブリュワリーを考えてみたのですが、最初に書いたようにシドニーだけでもたくさんのブリュワリーがあります。

 

その中でも最も有名で観光にも良い場所をひとつ挙げるとすれば、食事もおいしくてスタッフもフレンドリーなマンリー(Manly)のビーチ近くにある「4 pines」です。ここは人気のあるブリュワリーで、ニューサウスウェルズ州や他の州にも複数の店舗があります。

4 Pines Brewing Co.
・住所: 29/43-45 E Esplanade, Manly NSW 2095
・URL: https://4pinesbeer.com.au/

 

もしも、もっとローカルな雰囲気の隠れ家的ブリュワリーに行きたいと思うなら、シドニー中心部からバスや電車で数十分くらいのところにあるマリックビル(Marrickville)という地域もおすすめです。ここはブリュワリーが何軒も集中していることで知られています。

 

ただ、ここは本当に工場や倉庫を改装したブリュワリーが多いですし、夜は街灯がなく真っ暗になって危ないので注意してくださいね。

 

マリックビル周辺のブリュワリーリスト

 

 

もしくは「地名」+「Brewery」で検索をかけるか、下記のサイトから見つけることもできます。

 

New South Wales Craft Beer Breweries
・URL:  http://craftbeerreviewer.com/new-south-wales-craft-beer-breweries/

 

ちなみに、冒頭のビールやブリュワリーの写真で使わせてもらったのは、6月の初旬までシティのど真ん中で10年以上営業していた老舗ブリュワリー「Redoak」さんです。シティは閉店してしまいましたが、シドニー郊外へ移るそうですよ。


ボトルショップでビールを買うのもあり!

 
ビールは飲みたいけどブリュワリーまで行くのはちょっと...という人は、ボトルショップで買ってみるのはいかがでしょう。

 

ボトルショップというのはいわゆる酒屋のことで、オーストラリアではスーパーマーケットやコンビニではアルコール類は売っていないので、ボトルショップに行く必要があります。

 

クラフトビールの缶はスタイリッシュだったりかわいかったり本当に様々なので、気に入ったデザインで選ぶのも楽しいかもしれませんよ!

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒
2022年6月20日
« 前の記事「シドニーの冬は光と音の祭典「ビビッド・シドニー」へ」へ
シドニー2特派員 新着記事
種類豊富なオーストラリアのクラフトビールを楽しもう!
シドニーの冬は光と音の祭典「ビビッド・シドニー」へ
シドニーを訪れたら絶対に見るべきオペラハウスとその周辺のおすすめ観光
オーストラリアのスーパーマーケット事情
オーストラリアのバレンタイン事情
オーストラリアのお食事事情
オーストラリアの動物事情
オーストラリアのBBQ事情

オーストラリア 航空券情報


オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • シドニー2特派員

    シドニー2特派員
    Eri オーストラリア さん
    2006年に地元の九州からワーキングホリデーでオーストラリアに来たのがきっかけで、ご縁があり永住しています。もともと旅行や写真撮影が趣味で、オーストラリアでしかできない経験をと現地の空気に触れているうちにメジャー観光地はもちろん、日本ではまだあまり知られていない場所や歴史などに興味を持ちはじめました。特にシドニーは知れば知るほど興味深い町だと思っているので、そんな魅力をお伝えできれば嬉しいです。 DISQUS ID @disqus_V3AKeo4PFN

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集

AIG