海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > エストニア/タリン特派員ブログ

エストニア/タリン特派員ブログ Chisato

エストニア・タリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


Tere!(エストニア語で、こんにちはの意)


今は実りの秋です。


りんご。


IMG_9141.jpg


リンゴンベリー。


IMG_9395.jpg


ブルーベリー。(←旬は夏かも。でもまだまだ大量に採れます。)


IMG_9134.jpg


毎日のように森に通っては、実を摘んできて、保存食作りをしています。果物の保存食は冬の貴重なビタミン源。準備に余念なし!です。


IMG_9390.jpg


とはいえ、今のエストニアは秋まっさかりというわけでもなく、雹(ひょう)が2回降り、雨の日も増えてきたので、冬の足音も聞こえ始めています。


夏の喧騒が嘘のような秋のタリン。静かなエストニア。のんびりしに来てみませんか?


2019年9月16日

Tere!(エストニア語で、こんにちはの意)


世界遺産タリン旧市街の中心部・ラエコヤ広場に面している旧市庁舎。この旧市庁舎は「地球の歩き方 A30 バルトの国々(2019-20)」にも書いてある通り、北ヨーロッパに唯一残るゴシック様式の市庁舎。観光名所の1つです。


見学する前にご注意いただきたい点があります(3つも・・・)。


1つ目は、旧市庁舎は現在も様々なレセプションに利用されているため、開いていない日がたまにあるので、できれば事前に閉館日を確認したり、開いているのを見かけたらその時に入っておいてくださいm(_ _)m


もう1つは、ツアーやグループで入場すると、見学できないエリアがあります。見学したい場合は、個人でチケットをご購入くださいm(_ _)m


IMG_9016.jpg


3つ目は、9月〜6月は要事前予約ということですm(_ _)m


私は3回目の正直で入れたので、皆様にはファーストアタックで難なく簡単に見ていただきたいです♪


旧市庁舎内では、旧市庁舎の時計の裏側を見れたり、


IMG_9033.jpg


初代トーマスおじさんを見れたり(写真は裏側です)します。


IMG_8977.jpg


おまけの注意点として、旧市庁舎は「地球の歩き方 A30 バルトの国々(2019-20)」の53ページに紹介されていますが、55ページにも旧市庁舎内の彫刻について書かれていますので、どうぞ55ページもお忘れなく。


私は自宅に帰ってきてから55ページの記述を見つけたので、「彫刻の意味が載ってたー!失敗したー!」とがっかりしてしまいました。とほほ。


私を踏み台にして、皆様よい旅を♪


2019年9月16日

Tere!(エストニア語で、こんにちはの意)


今回は、前回からの続きです。前回は「「タリンで最も有名な5つの尖塔すべてを見られる石」は、ラエコヤ広場(世界遺産タリン旧市街の中心)のどこにあるの!?」https://tokuhain.arukikata.co.jp/tallinn/2019/09/post_46.htmlでした。今回は、その石から見える5つの尖塔の見つけ方です。


「地球の歩き方 A30 バルトの国々(2019-20)」の53ページをご覧いただければわかる通り、この石から、旧市庁舎、聖霊教会、大聖堂、聖ニコラス教会、聖オレフ教会の尖塔が見えます。


IMG_8792.jpg


見ていく順番としては、旧市庁舎(石を探すための目印「III Draakon」というレストランが入っている建物)を正面に見て右回りで、聖ニコラス教会、大聖堂、聖霊教会、聖オレフ教会が見えるので、その順番でここではご紹介したいと思います。


まずは旧市庁舎の尖塔。真正面なので簡単に見えます。赤丸のところが尖塔です。


IMG_0041.jpg


次は、聖ニコラス教会。歩いてすぐのところにあるのですが、旧市庁舎に隠れて見えにくいので、一度石から右へ2歩ほど離れてみてください。


IMG_0039.jpg


赤丸のところが聖ニコラス教会の尖塔なので、尖塔から目を離さず、体を少しずつ石のところへ戻すと、黄丸あたりに尖塔が収まります(天気によってはこの尖塔が見えなくなってしまうのですが、聖ニコラス教会自体は見えると思います)。


続いて3つ目。大聖堂。体を右へ90°。赤丸のところが尖塔です。こちらも天気次第で見えない日もありますが、聖ニコラス教会よりもずっとわかりやすいです。


IMG_0038.jpg


4つ目は、聖霊教会。体を右へ90°。旧市庁舎を背にする形になります。「Mad Murphy’s」というアイリッシュパブ(方位が描かれた石を見つけるための目印)が正面にきます。赤丸のところが尖塔です。いつでも見えると思います。


IMG_0037.jpg


最後5つ目は、聖オレフ教会です。超難関です。とても見つけにくいので、一度石から離れて右へ2歩ほど動いてください。


IMG_0036.jpg


赤丸のところが聖オレフ教会の尖塔なので、尖塔から目を離さず、体を少しずつ石のところへ戻すと、黄丸に尖塔が収まります(天気によってはこの尖塔は見えません)。


・・・いかがでしょうか?


これで「タリンで最も有名な5つの尖塔すべてを見られる石」から「5つの尖塔」がばっちり見られると思います!


もし「こう書くとわかりやすいのになあ」ということがありましたら、↓への投稿をどうぞよろしくお願いいたします。


よい旅を。自分だけの旅を♪


2019年9月16日
2019年9月15日
2019年8月 7日
2019年8月 7日
2019年8月 7日
⇒すべての記事を見る

エストニア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■エストニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • タリン特派員

    タリン特派員
    Chisato
    はじめまして!エストニアの首都タリンに住んでいます。 これまでの海外渡航歴は60カ国くらいです。ブログでは、 「バルト三国に行ってみたいけれど、治安は大丈夫なの?」といった不安や、 「おいしい現地料理を食べたい!」「エストニアでしかできないことをしてみたい!」と いった期待に応えられるように心がけ、レポートします。 DISQUS ID @disqus_r3iNrbGCq4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集