海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > タリン特派員ブログ > 建築家 ルイス・カーンがみた原風景 サーレマー島...

エストニア/タリン特派員ブログ 旧特派員 ica

エストニア・タリン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年8月22日

建築家 ルイス・カーンがみた原風景 サーレマー島/クレッサーレ城


メール プリント もっと見る

建築家 ルイス・カーンがみた原風景 サーレマー島/クレッサーレ城

 建築家のルイス・カーンがエストニア出身だったことは、あまり広く知られていません。タリンで発行されているKUNSTE.EE にカーンの特集号があり、彼とサーレマー島/クレッサーレ城との由縁を取り上げておりましたのでご紹介します。


kahn_photo.jpg

写真:ルイス・I・カーン

ルイス・カーンとは?


 光の魔術師として知られるルイス・カーンは、キンベル美術館やソーク生物学研究所などの代表作をもつ20世紀建築界の巨匠の一人です。建築家としてのキャリアは順風満帆とはいえず、50代で遅咲きのデビューを果たし空間と光を生かした独自の建築スタイルを築きました。そんなルイス・カーンですが、実はエストニア生まれのユダヤ系エストニア人です。
 1901年サーレマー島のクレッサーレで生まれたルイス・カーンは、Itze-Leib Schmuilowskyという名前をもつ内気な少年でした。三歳のときに燃えたぎる石炭に顔を近づけて大事故を起こして以来、顔面に残った傷跡が生涯のトラウマとなりました。それは彼の自意識を形づくる一方で、光に対する興味や感覚を養うきっかけにもなりました。
 ロシアの支配下にあったエストニアで日露戦争の徴兵を恐れた父Leopoldは、1904年にアメリカへの移住を決めカーン(Kahn)という名字に改名しました。20世紀初頭のアメリカ社会で有利に生きるため、裕福なドイツ系ユダヤ人に代表される姓をもつことが重要だったからです。一方、ルイ少年はかつて自分の姓、極めて東欧ユダヤ人なSchmuilowskyという姓を周囲にばらさないよう気をつけて生活しなければいけなかったそうです。
 
2013_08-8.jpg
写真:クレッサーレ城。カーンの父親はここでガラス塗装工として働いていたといわれています。トンネルを抜けて左手の建物には鍛冶屋などが数軒並んでいます

2013_08-12.jpg
写真:クレッサーレ城(遠景)修復工事中でした


ルイス・カーンとクレッサーレ城の関係


 冒頭に挙げたKUNST.EEでは、ルイス・カーンとクレッサーレ城の関係性についてひとつの仮説をたてています。それは、カーンの建築人生においてクレッサーレ城がインスピレーションの源泉になっているのではないか、という考えです。右仮説の根拠として、本書ではカーンのパスポートの記録や親族からの情報をもとに1928年ヨーロッパを周遊したカーンが、ラトビア経由でサーレマー島に立ち寄ったことを明示します。
 1928年5月渡英したカーンは、グランドツアーの一環でヨーロッパ諸国(デンマーク、フランス、ハンガリー、イタリア、ノルウェイ、フィンランド、ラトビア、ドイツ、スイス)を旅していますが、パスポートのビザやスタンプの記録の中にエストニアの名前は出てきません。また、カーンの残したスケッチの中にもクレッサーレ城をデッサンしたものはでてきません。そんななか、カーンのパートナーだったAnne Tyngの証言から、当時サーレマー島への交通手段は、ラトビアの首都リガからボートを使うのが一般的だったことが分かります。そして、カーン自身が友人に宛てた手紙の中で、1928年7月中旬から8月中旬まで母方の祖母が住むクレッサーレのワンルームフラットに滞在していたことが明らかにされます。

2013_08-14.jpg
写真:サーレマー産の人懐っこい猫

2013_08-15.jpg
写真:ドイツの出身のちょっとあまのじゃくな夫婦


2013_08-7.jpg
写真:撮影に夢中なロシア人カップル。クレッサーレではたくさんの良い出会いとインスピレーションがありました


原風景とは?


 青年ルイス・カーンにとって生まれ故郷はどんな風に映ったのか、故郷のイメージが創作の原動力だったのか、そもそも原風景ってなんだろう。自分にとっては、地元の砂丘だな・・なんてクレッサーレ城を見ながらとりとめのないことを考えていました。笑 学術的な根拠は全くありませんが、絶対インスピレーション受けちゃってるし、ずっと引きずっちゃってたでしょ、と勝手に確信をして締めくくった旅でした。笑
 最後に、ルイス・カーンの人となりを知る上で工藤国雄さんの『私のルイス・カーン』 はお勧めです。工藤さんはルイス・カーンの弟子だった方で、ルイの忘れっぽいキャラクターや直感的な働き方を知る上で参考になります。カーン自身が「私には4分の1の良いエストニアの血が流れている」というように、確かに「エストニア人っぽいなぁ」と思わせる記述がたくさんでてきます。笑

リンク:サーレマー自然博物館 (クレッサーレ城)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2013年8月22日
« 前の記事「憧憬の島 キフヌの赤いスカートを巡る旅」へ
»次の記事「Kiek in de Kök(台所を覗け)塔の地下トンネルツアー」 へ
おすすめ記事
    タリン特派員 新着記事
    Tallinn Old Town Days (Tallinna Vanalinna Päevad )が始まりました!
    エストニアの治安は、いい?悪い?
    エストニアのプロサッカーリーグで活躍する日本人選手を応援しよう!
    旧市街でイベントが始まります!
    タリン動物園 / Tallinna Loomaaed / tallinn zoo への行き方
    ご注意ください!エストニアも、5月1日はメーデーです。
    タリン市内の公共交通(バス、トロリーバス、トラム)に乗ってみよう!
    エストニアのサマータイムは始まっています!!!

    エストニア ツアー最安値


    2018/6/12更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    エストニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■エストニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • タリン特派員

      タリン特派員
      ica
      2012年10月よりタリン在住。 都内の映像制作会社を経て、現在タリン大学大学院でドキュメンタリー作品を制作中。 タリンのロシア劇場の取材、2014年開催のエストニア歌の祭典の取材など持ち前の機動力を 生かして日夜奮闘。観光情報や当地で日本にまつわる情報をご紹介していきます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集