海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > エストニア/タルツ(タルトゥ)特派員ブログ

エストニア/タルツ(タルトゥ)特派員ブログ ジマーマン美里

エストニア・タルツ(タルトゥ)特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


 エストニアからこんにちは!
 先日、ヴィリャンディ郊外にあるヘイムタリ博物館(Heimtali muuseum)へ行ってきました。エストニア国立博物館の支店となっているこちらの博物館には、エストニア各地から集められた民芸品(主に刺繍、編み物作品)が展示されています。建物は1864年に学校として建設されました。

1.jpg

 まず目に入ったのは、柵に描かれた手袋をあしらったアート!
2.jpg
3.jpg

 この時点館内の展示品への期待が高まります(^^)

 1階のエントランスには、当時学校として使っていた面影が残されています。
school.jpg

 この時見学者は私たちのみだったので、スタッフの方が作品について丁寧に説明をしてくださいました。先ほどの写真の後方にある棚の中にはブランケットが収納されており、作られた地域、使用した素材、いつ作られたかなどの説明を受け、思わず「へぇー!」と言いたくなる技術と歴史を感じた瞬間でした。約100年前の作品もありましたよ!
5.jpg
 とても貴重な作品なので、ご希望の方は手袋をして手に取ることもできます。


 2階には昔使われていた農機具、調理器具、日用品などが展示されています。昔とはいえ30代前半の夫が子供の頃使っていた物が大半で、シンプルながらどれも人々の知恵が詰まったものばかり。
6.jpg
 (左)コーヒー豆を煎る道具
 (右)ザワークラウト(発酵キャベツ)を作るためのキャベツスライサー

 ある物を使い、自分たちで作成から修理まで行う。エストニア人の物を大切にする精神はここから来ているんだなぁと実感。現在でも私の知る方々はだいたいガレージに膨大な修理器具を持っていて、生活する上で必要な何かが壊れても全部自分たちで修理する技術を身に付けています。

 続いてお隣の部屋へ。
11.jpg
 一見ごく普通の部屋ですが、ここに置かれたタンスやクローゼットの中にエストニア各地から集められた手袋、民族衣装、その他衣類が収められているのです♪エストニアのニット製品が好きな方にはたまらない空間!

 ぬいぐるみのお部屋もあります。
10.jpg
 全て手作りなので、1つ1つ異なった表情をもったぬいぐるみ達に会うことができます。

 今回私からの質問に答えてもらいながらの見学でしたが、所要時間は1時間半ほど。もっとゆっくり見学するなら2時間~2時間半ほどかなという所です。
 丸一日がかりで見学するエストニア国立博物館に比べるとかなり規模は小さいですが、それに負けないくらい充実した時を過ごすことができました。アクセスが少々不便ですが、機会があれば是非訪れて頂きたい所です!

 ●ヘイムタリ博物館(Heimtali muuseum)

 ・営業時間
 
開館日:火~土 9:00~17:00(途中スタッフのランチ休憩あり)
 公式ウェブサイトhttps://www.erm.ee/et/content/heimtali-muuseum
 ※エストニア語のみ

 ・アクセス方法
 ☆タルトゥバスターミナル(Tartu Coach Station)からヴィリヤンディバスターミナル(Viljandi Coach Station)までバスで1時間15分。
 いくつかのバス会社が運行しているので、こちらから確認&チケットを購入できます → https://www.tpilet.ee/en/

 ☆ヴィリヤンディバスターミナルからヘイムタリ博物館
 市バス28番にて、Viljandibussijaam乗車、Rahvamaja下車。乗車時間約20分。Rahvamajaよりヘイムタリ博物館へは徒歩約3分。
 タクシーの場合は所要時間約12分(11km)。

 ・入場料
 大人 €4
 学生 €2

 本日も読んでいただきありがとうございます!
13.jpg


2019年10月20日

 エストニアからこんにちは!
 10月1日より、日本では消費税が8%から10%に増税されましたね。
 エストニアに移住してちょうど1年。日常生活で消費税を意識することは滅多にありませんでしたが、実はエストニアの消費税は20%とややお高め。しかしながらエストニアのお店では全て税込価格で表示されており物価もそこまで高くないため、消費税の高さを肌で感じることはまずないかと思います。

1.jpg
(税込価格で表示される値札)

 日本では8%へ増税後に税別表示が可能になったので、買い物へ行くと値札に書かれた2つの値段を見ながら気をつけて商品を選んでいました(^^;)
 今回日本でも導入された軽減税率ですが、同じくエストニアでも導入されています。エストニアの軽減税率は9%。以下が対象の品です。

 ・特定の医薬品
 ・障がい者用の医療設備
 ・本(電子書籍は除く)
 ・雑誌、定期刊行物
 ・ホテルの宿泊費

 お店によりますが、だいたいレシートに税込価格、税別価格が表示されていますので、気になる方は見てみてくださいね♫

2.jpg
 
 エストニアの物価の参考までに!生鮮食品、乳製品は日本よりずっと安いです。
 ①キッチンペーパー100枚組79セント(約95円)
 ②サワークリーム(小サイズ)69セント(約83円)
 ③ヨーグルト(中サイズ)99セント(約120円)

 以上、エストニアの消費税についてのご紹介でした。


2019年10月13日

 エストニアからこんにちは!
 先月末にバスでタルトゥからタリンへ行ってきました。
(以前電車でタリンへ行った時のレポートはこちら→電車で首都タリンへ行ってきました。

 今回利用したのはLuxexpress。バルト三国間の移動で最も使われているバス会社です。
 タルトゥ―タリン便は6:00~22:00まで30分毎に運行されているので、スケジュールに合わせて時間を有効活用できるのが大きなポイント。
 チケットは当日バスターミナルで購入または事前にオンラインで購入可。満席になることもあるようなので、予定がお決まりの方はオンラインで購入しておいた方が安心です。
 ウェブサイトより(こちら)、まずは表示言語を英語にしましょう。
2.jpeg

 Starting point(出発地)、Destination point(目的地)、片道の場合はDeparture date、往復の場合はReturen dateも選択します。
1.jpg

 続いてバスの選択。タルトゥ―タリン間の所要時間はどのバスも2時間半です。チケット代は€3~€12と幅が広く、通常価格が€12。€3か€6で買えたらとてもラッキー!!€8か€10で買えたらそこそこラッキー☆この価格設定の基準はイマイチ分かりませんが、たまに激安チケットが紛れ込んでいるので要チェックです。

 チケット購入画面で支払い後、登録したメールアドレスにチケットが送られて来ます。これにて予約完了、あとは当日を待つのみです。

 ―出発当日。

tartubussijaam.jpg

 チケットにプラットフォーム番号、座席番号が書いてあるので確認しましょう。大きな荷物がある場合はトランクに預けると、係りの方から引換券を渡されます。目的地に到着後この引換券と荷物を交換するので無くさないように気を付けてくださいね。
 バスに乗る際、チケットに記載されたQRコードを運転手さんが読み取るので、ファイルに保存するかスクリーンショットを用意しておくとスムーズです。

3.jpeg
 座席には個人用モニターが用意されているので、道中映画やゲームを楽しめます。更にはWifi、USBの差込口もあるので、パソコンやスマホを充電しながらインターネットを利用可。バスによってはUSBではなく足元にコンセントが用意されているので、コンセント用プラグも用意しておくと安心です。

 乗り物で気になるトイレ事情。Luxexpressのバスは基本的にバスの中ほどにトイレがあります。
toilet.jpg

 ドアを閉めると右側に電気のスイッチがあります。私は最初スイッチが分からず真っ暗闇の中にいました(^^;)

6.jpeg
 嬉しいことに無料のコーヒーとお茶のサービスもあるので、飛行機と変わらぬ空間にいるようです。
 ちょっと目を閉じたりインターネットをしていると2時間半はあっという間。タリンバスターミナルに到着です。
4.jpeg

 今回バスターミナル前の大通りからトラムで旧市街へ向かったのですが、トラムの運賃支払いはタルトゥのバスカードで行いました。
5.JPG
 定期券ではなくチャージした分はタリンのトラム・バスで利用できます。料金は€1!車内でチケットを購入すると€2なので、タルトゥのバスカードをお持ちの方はお得に半額で乗車できますよ♪

 以上タルトゥからタリンまで、Luxexpressの乗車レポートでした。どうぞお気を付けてお越しください!


2019年10月 7日
2019年10月 3日
2019年9月25日
2019年9月23日
2019年9月 8日
⇒すべての記事を見る

エストニア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■エストニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • タルツ(タルトゥ)特派員

    タルツ(タルトゥ)特派員
    ジマーマン美里
    初めまして。2018年10月にエストニア第二の都市タルトゥへ移住しました、ジマーマン美里です。趣味は料理、ぶらぶら街歩き、スーパーでお菓子のコーナーを見ること。食べることが好きなので、食事関係の記事が多くなるかと思います。タルトゥは観光地としてはまだ知名度の低い街なので、これから街の魅力をたくさん発信していけたらと思います。よろしくお願いします! DISQUS ID @disqus_fglVN3jsDb

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集