海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タシケント特派員ブログ > サンタは1月にやってくる? タシケントでの年越し

ウズベキスタン/タシケント特派員ブログ 齋藤 竜太

ウズベキスタン・タシケント特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月 1日

サンタは1月にやってくる? タシケントでの年越し


メール プリント もっと見る

サンタは1月にやってくる? タシケントでの年越し

 Yangi yil bilan! (あけましておめでとうございます!) みなさんこんにちは!タシケント特派員の齋藤です。
 羊年の今年、皆様のますますのご発展と無病息災を、ウズベキスタンよりお祈りいたします。日本は大雪のお正月になったそうですね。ウズベキスタンに旅行される際には、風邪などひかれないよう、ぜひ当地で栄養たっぷりの羊肉をたくさん食べていってくださいね。

 日本では12月に入ると(あるいはもう11月のうちから)、クリスマスやお正月へ向けて、街がきれいに装飾されたり、デパートなどでは年末商戦へ向けて活気が出てきたりします。しかしウズベキスタンではそのようなにぎやかな雰囲気の年の瀬はあまりありません。試しにウズベク人の友達に訊いてみたら、タシケント中心部の独立広場(ムスタッキリック マイダニ)でにぎやかな催しがあるというので、12月31日の大晦日、友人とともに行ってみました。

IMG_1829.JPG

 普段はだだっ広く、観光客がいても閑散とした雰囲気の独立広場ですが、この日は遠目からでもわかるほど人ごみでにぎわっていました。

IMG_1824.JPG

 いつの間にか独立広場に、高いヨールカ(ツリー)が立っていました。

IMG_1818.JPG

 周りには、このようにサンタクロースのような衣装を着た人がたくさんいます。これは実は、ロシア語ではディエド・マロース(極寒爺さん)、ウズベク語ではコルボボ(雪爺さん)と呼ばれ、しいてゆうなら、サンタクロースのロシア正教版、といったところでしょうか。ロシア正教では西暦の1月上旬がお正月となるので、この時期までディエド・マロースは町中をうろついているわけです。よく、スネグーラチカ(雪娘)と一緒にいます。

IMG_1842.JPG

 それにしてもものすごい人ごみでした。タシケントは広々とした都市設計になっているので、このような密集した人の集団に囲まれることはほとんどありません。そのため、久しぶりの人ごみに疲れてしまいました。

IMG_1838.JPG

 このキャラクターは、日本人にとっておなじみのあの...?

IMG_1830.JPG

 出店が出ている様子などは、日本の縁日と似ているように思えます。

IMG_1837.JPG

 聞いた限りでは、基本的にウズベク人は、年越しは家族全員で集まって食事をしたり、ゆっくりテレビを見たりして過ごすようです。地方からタシケントに出てきている大学生などは、冬休みに入ると同時にほとんどが帰省し、家族と過ごすようです。そのほか、若者の中には友達とディスコテカ(ディスコ)に繰り出す人もいるそうです。

IMG_1836.JPG

それでは、2015年も、タシケント特派員ブログをよろしくお願いいたします。
 Ko'rshamiz! (またお会いしましょう!)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2015年1月 1日
« 前の記事「「健康のために!」とウォッカを一気、これって矛盾? ウズベキスタン人との呑み会」へ
»次の記事「ウズベキスタン各地の民芸品が勢ぞろい! 展覧会「HAND MADE」」 へ
おすすめ記事
    タシケント特派員 新着記事
    【最終回】タシケント空港からさようなら!
    白タクを利用する際の注意点
    タシケントでネットを使うには?
    アラル海だけでない? カラカルパクスタン自治共和国の見どころ
    アラル海を見に行こう@カラカルパクスタン自治共和国
    【短信】ウズベキスタン航空機内での写真・動画の撮影禁止について
    カラカルパクスタン自治共和国 ?ウズベキスタンの秘境
    【短信】ヌクス市の情報について

    ウズベキスタン ツアー最安値


    2017/9/19更新

    アジア 航空券情報


    ウズベキスタン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ウズベキスタンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • タシケント特派員

      タシケント特派員
      齋藤 竜太
      日本の大学院博士課程で中央アジアの研究をしています。ウズベキスタンとの最初の出会いは2009年。その後の1年間のウズベキスタンでのロシア語留学を含めて、5回目となる今回のウズベキスタン訪問は、2014年夏から1年半の予定での留学です。ウズベク語を勉強し、研究を進める傍ら、Canon EOS Kissを相棒にタシケントとウズベキスタンを探索し、これはという街ネタをお伝えしていきたいと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集