海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タシケント特派員ブログ > まさかの温泉inウズベキスタン! サナトリウム「M...

ウズベキスタン/タシケント特派員ブログ 齋藤 竜太

ウズベキスタン・タシケント特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年8月23日

まさかの温泉inウズベキスタン! サナトリウム「Merchan」


メール プリント もっと見る

まさかの温泉inウズベキスタン! サナトリウム「Merchan」

Assalom alaykum! 皆さんこんにちは!タシケント特派員の齋藤です。
 在外邦人にとって恋しいものといえば、日本食や、コンビニやネット環境といった生活の便、また、日本語で出された本や雑誌、漫画などが挙げられるかと思いますが、「温泉」もその一つではないでしょうか?特に特派員が生まれた山形県は全市町村に温泉があることで有名で(有名、ですよね...?)、そんなところから海外に移り住むと、「ただのお湯ではない、効用のあるお風呂に、足を思いっきり延ばしで浸かりたい!」という欲求にかられることもあります。
 今回ご紹介する、サナトリウム「Merchan」は、在ウズベキスタン邦人の方に教えていただいた、ウズベキスタンで硫黄泉に浸かれる、日本人にとっては夢のようなところです。在留邦人にとっては、まさにシルクロードのオアシス!


11029926_908458532522034_267837950_o.jpg

 場所は、タシケント市外の郊外に位置しています。


IMG_2009.JPG

 経営が韓国系か、利用者に韓国人が多いためか、おそらくその両方だと思うのですが、施設内はハングル表記が目につきます。浴場内に常備してあるシャンプーも韓国製でした。


IMG_2011.JPG

 受付で一人24000スムを払います。タオルはもちろん、垢すりまで貸し出してくれます。


IMG_2014.JPG

 内部は、硫黄泉と、水風呂、サウナなどがそろっています。身体を横たえで休むデッキチェアもおいてあり、サウナの後のリラックスタイムに浸ることができます。


IMG_2016.JPG

 この日は2月で、スキーの帰りだったのですが、スキーで身体が冷えた後の温泉の素晴らしいこと!ましてこれをウズベキスタンでできるなんて!この嬉しさ、日本でこのような楽しみを当たり前に享受している人にはわからないでしょう。特派員は、サウナ・水風呂・硫黄泉、を、2往復しました。


 タシケント市内からのアクセスは、タシケント市内のクイリクバザールから出発する、456番マルシュルートカに乗って、終点まで。ドライバーに念のため、「サナトーリー、メルシャン?」と尋ねておくと安心でしょう。運賃は2000スムです。
 ウズベキスタンに長期滞在される方には、おすすめです。


 では、Ko'rshamiz! (またお会いしましょう!)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 美容・健康・病院
2015年8月23日
« 前の記事「飢餓草原と軍用輸送機 陸路国境越えの思い出'10(後編)」へ
»次の記事「めくるめく舞台芸術への誘い―タシケントの劇場」 へ
おすすめ記事
    タシケント特派員 新着記事
    【最終回】タシケント空港からさようなら!
    白タクを利用する際の注意点
    タシケントでネットを使うには?
    アラル海だけでない? カラカルパクスタン自治共和国の見どころ
    アラル海を見に行こう@カラカルパクスタン自治共和国
    【短信】ウズベキスタン航空機内での写真・動画の撮影禁止について
    カラカルパクスタン自治共和国 ?ウズベキスタンの秘境
    【短信】ヌクス市の情報について

    ウズベキスタン ツアー最安値


    2017/9/26更新

    アジア 航空券情報


    ウズベキスタン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ウズベキスタンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • タシケント特派員

      タシケント特派員
      齋藤 竜太
      日本の大学院博士課程で中央アジアの研究をしています。ウズベキスタンとの最初の出会いは2009年。その後の1年間のウズベキスタンでのロシア語留学を含めて、5回目となる今回のウズベキスタン訪問は、2014年夏から1年半の予定での留学です。ウズベク語を勉強し、研究を進める傍ら、Canon EOS Kissを相棒にタシケントとウズベキスタンを探索し、これはという街ネタをお伝えしていきたいと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集