海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タシケント特派員ブログ > 23. ヒンカリ、ハチャプリ、シュクメルリ。今注目...

ウズベキスタン/タシケント特派員ブログ 伊藤 卓巳 さん

ウズベキスタン・タシケント特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年3月 7日

23. ヒンカリ、ハチャプリ、シュクメルリ。今注目のジョージア料理をウズベキスタンで楽しむ!


23. ヒンカリ、ハチャプリ、シュクメルリ。今注目のジョージア料理をウズベキスタンで楽しむ!

サローム(こんにちは)!


日本で最近人気急上昇中の外国料理といえば、なんといってもジョージア料理でしょう。牛丼チェーン大手の松屋がシュクメルリ鍋定食を提供し始めたのを皮切りに注目され始め、ハチャプリが惣菜パンとして販売されたり、シュクメルリやハルチョーがレトルト食品としてスーパーの店頭に並んだりと、にわかに"ジョージア料理ブーム"が起きています。
余談ですが、本格ジョージア料理が食べられるロシア料理店は東京にいくつかにあるものの、完全なジョージア料理専門レストランはまだ日本には存在しないようです。ジョージア料理の一ファンとして、日本初のジョージア料理専門店の出現を待ち望んでいる次第です。


ジョージア(グルジア)がソ連であった時代から、ジョージア料理はソビエトの中で最も美味しい民族料理のひとつとして知られてきました。現在ジョージアとロシアの仲は政治的には決して良くありませんが、ロシアには無数のジョージア料理店があり、ロシア人にとても人気です。そしてウズベク人もジョージア料理の魅力はよく知っており、タシケントにもいくつかジョージア料理レストランがあるのです。今回はその中のひとつから、私の一番のおすすめ店「バグラティオニ Bagrationi」を紹介します。



お店があるのは繁華街、オイベック地区の外れで、地下鉄オイベック駅またはミング・オリク駅から徒歩20分ほど。夜は薄暗いエリアなので、できればタクシーで行くのがいいでしょう。すぐ満席になってしまう人気店なので予約をおすすめします。


tashkent-georgian-restaurant-bagrationi-atas-023-01.JPG


店内は小ぢんまりとした隠れ家的風情で、少人数の会食にはぴったり。メニューはロシア語・英語併記で、料理によっては簡単な説明も書かれているので安心して注文できます。


tashkent-georgian-restaurant-bagrationi-atas-023-02.JPG


tashkent-georgian-restaurant-bagrationi-atas-023-03.jpg


まずは何といってもジョージア料理に欠かせない赤ワインから。おすすめは自家製ワインで、壷のようなこだわりの容器に入れてサーブしてくれます。一般のワインよりちょっと甘め、でもスッキリしたお味。注文する際はдомашнее красное вино(ダマーシュニェー・クラースナエ・ヴィノー:ホームメイド赤ワイン)と告げてください。


tashkent-georgian-restaurant-bagrationi-atas-023-04.jpg
▲英語で書かれたジョージアワインの作り方が壁に掛かっている


私がいつも注文する料理は、ハルチョー、ヒンカリ、ハチャプリ、そしてシュクメルリ。ハルチョー(Harcho)はトマトベースでお肉やスパイスをふんだんに使った、ジョージア料理のスープの代表選手。ほかの国のどのスープにも似ていないような香り高い味で、一度飲むとクセになってしまうはず。


tashkent-georgian-restaurant-bagrationi-atas-023-05.JPG
▲ハルチョーと自家製ワイン


ヒンカリ(Khinkali)は小籠包に似ている料理ですが、サイズはその数倍もあります。このお店では一皿に10個入っていますが、巨大な小籠包らしき料理が10個もゴロゴロしている様は圧巻です。普通にかじろうとするとたっぷりアツアツの肉汁で舌が火傷してしまうかもしれないので、スタッフに食べ方をレクチャーしてもらってくださいね。


tashkent-georgian-restaurant-bagrationi-atas-023-06.JPG


チーズ入りパンのハチャプリ(Khachapuri)は、ジョージアの各地域によって見た目や味が異なる興味深い料理です。おすすめは舟形の生地の真ん中にチーズと卵がのったアジャリア風ハチャプリ(Ajarian Khachapuri)です。
卵とチーズを混ぜ、アツアツの生地をちぎりディップして食べるのが一般的な食べ方ですが、このチーズがジョージアならではのスルグニという特別なチーズで、卵も相まって絶妙にトロトロになっているのです。カロリー爆弾のはずなので、ある意味危険な食べ物です...。


tashkent-georgian-restaurant-bagrationi-atas-023-07.JPG


そしてかの有名なシュクメルリ(Chicken in Chkmerski)。こちらも本国ではさまざまなタイプのシュクメルリがあるようですが、このお店で出してくれるのは日本で流行している"クリーム煮込み風料理"とは異なり、透き通ったさっぱりめのスープで鶏肉を煮込んだ料理。これでもか! という勢いで入っている大量のニンニクがたまりません。


tashkent-georgian-restaurant-bagrationi-atas-023-08.JPG
▲左がシュクメルリ、右がスタッフおすすめの羊肉料理チャカプリ(Chakafuli)


なお値段も良心的で、ワインを含めても予算は一人あたり20万スム(2022年3月現在のレートで約2000円)ほど。この金額でお腹いっぱいジョージア料理が楽しめるのはウズベキスタンならでは!


1-tashkent-georgian-restaurant-bagrationi-atas-023-09.JPG


ほかのジョージア料理レストランとして、ここバグラティオニから南西へ徒歩15分のところにあり、ステージやダンススペースもある大部屋で食事をいただける「グルジンスキー・ドヴォリク Gruzinskiy Dvorik」や、地下鉄コスモナウトラル駅から徒歩5分とアクセス抜群で3年前にオープンしたばかりの「ハチャプリハウス Khachapuri House」といったお店もあります。どこも美味しいお店なので、立地や雰囲気などを比較して行ってみてください。


最後にまたまた余談ですが、個人的にはウズベク料理はジョージア料理に匹敵するほど美味しく、日本人の舌に合うと思っているものの、まずはジョージア料理が日本で有名になってしまってうらやましい限りです。いつかウズベク料理も日本で大ブレイクする日が来ることを、切に願うばかりです。



■バグラティオニ Bagrationi
・住所: 40 Katta Mirobod 1-tor ko'chasi, Toshkent
・電話番号: +998-71-254-5386
・営業時間: 11:00~23:00(予告なく変更となる可能性あり)
・アクセス: 地下鉄オイベック駅またはミング・オリク駅から徒歩約20分。タクシー推奨
・フェイスブック: https://www.facebook.com/georgiabagrationiuzb/


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2022年3月 7日
« 前の記事「22. バザールでの買い物に疲れたら......。旅行者の味方スーパーマーケットへ!」へ
»次の記事「24. お得なのは両替?ATM?タシケントのお金調達方法を徹底調査【2022年最新情報】」 へ
タシケント特派員 新着記事
63. ガイドブックに載っていないタシケント郊外の都市はソビエト建築の宝庫
62. タシケントで見るソビエト共産遺産。タイル・モザイク画、像、レリーフ、etc.
61. 待望の日本料理屋「ふる里」オープン!タシケントで本格日本食を味わう
60. あらゆる動物が集まるタシケント市民の憩いの場、タシケント動物園
59. 平山郁夫国際文化キャラバンサライにて「日本文化週間」開催
58. 在タシケント日本人留学生インタビュー!ウズベキスタン生活はどう?ウズベク語・ロシア語の難易度は?
57. タシケントから日帰りでもう1スタン!カザフスタンのシムケントへ
56. 【短信】ヌクスなどカラカルパクスタン共和国全土に非常事態宣言が発令

アジア 航空券情報


アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • タシケント特派員

    タシケント特派員
    伊藤 卓巳 さん
    学生時代にバックパッカーとして中央アジア諸国を制覇した、根っからのスタン系大好き人間です。JICA青年海外協力隊観光隊員としてサマルカンドに住んでいましたが、コロナ禍により帰国。その後妻の現地赴任にともない、主夫としてウズベキスタンに帰ってきました。まだまだ知られていないこの国の魅力や情報を、首都タシケントより愛をこめてお伝えします! ブログ「takumiの世界ふらふら街歩き」、ツイッター(@jv_samarkand19)でもウズベキスタン情報発信中。 DISQUS ID @disqus_I6DP1RIHwR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集

AIG