海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > タシケント特派員ブログ > 52. タシケントの今を象徴する複合施設タシケント...

ウズベキスタン/タシケント特派員ブログ 伊藤 卓巳 さん

ウズベキスタン・タシケント特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年6月21日

52. タシケントの今を象徴する複合施設タシケントシティ。夜の噴水ショーは必見!


52. タシケントの今を象徴する複合施設タシケントシティ。夜の噴水ショーは必見!

サローム(こんにちは)!


ウズベキスタンの首都、中央アジア地域で一番の大都会として急速に発展が進むタシケント。町のいたるところで再開発が進み、景観が大きく変わりつつありますが、そんなタシケントの今を象徴するような場所がその名も「タシケントシティ」です。ここは2019年にオープンした東京ドーム約4個分の広さがある巨大な公園タシケントシティパークと、市内最高級ホテルのヒルトンタシケントシティ、高級マンションからなる複合施設。ナウでヤングなタシケント市民が集まる、注目のスポットなのです。


1-tashkent-city-atas-052-01.JPG


地下鉄パフタコール駅/アリシェール・ナヴォイ駅、ウズベキスタン駅、ハルクラル・ドストリギ駅近くにそれぞれゲートがあり、そこから入場できます。園内の入場は無料ですが時折ゲートで荷物検査があり、カメラでの撮影は禁止と言われることがあるのでご注意。携帯電話での撮影なら問題ないそうです(なぜだ......)。


ゲートを抜ければそこは気持ちのいい芝生と池が広がるタシケントシティパーク! 近年タシケントでは古くからの住宅街を公園や高級マンションに作り変える都市開発があちこちで行われていますが、その代表的な例がこのタシケントシティパークなのです。先日は5年ほど前にタシケントに滞在されていたという方をここへご案内しましたが、こんな場所全然無かったのに......と絶句され、完全に浦島太郎状態でした。


tashkent-city-atas-052-02.jpg
▲園内のあちこちに遊具があり、健康志向なウズベク人のトレーニング場所になっている



高級マンションに囲まれたこの公園には、いたるところにレストランやカフェがあります。トルコレストランのRamizや、この国ではまだ珍しいサーティーワンアイスクリームなどがよくにぎわっています。
さらにプラネタリウムや、蝋人形館「ユルドゥーズラル・ムゼイ(星たちの博物館の意味)」も建っています。私はまだ入ったことがありませんが、ここも家族連れを中心に人気の施設のようです。


tashkent-city-atas-052-03.JPG
▲人気施設のプラネタリウム


tashkent-city-atas-052-04.JPG
▲パリに移籍したのにまだバルセロナのユニフォームを着せられている(笑)メッシがセンターの蝋人形館



またここでは事あるごとにイベントが開かれています。イベントごとに集客はまちまちですが、大晦日やナウルーズなどの祝日の度に開かれる人気アーティストのコンサートとなると大勢の観客が集まります。その他屋外バザールや、122mの巨大ピザを作るチャレンジが開かれたことも(何でピザ......)。イベント情報は、ページ最下部のフェイスブック・インスタグラムをご覧ください。


tashkent-city-atas-052-05.jpg
▲12月には立派なツリーが。コンサートも開催されていた


tashkent-city-atas-052-06.JPG
▲同じく12月開催のヤルマルカ(クリスマスマーケット)


tashkent-city-atas-052-07.jpg
▲訳すと東洋マーケットとなるヴォストーチヌィ・バザール。伝統工芸品売り場が並ぶ


tashkent-city-atas-052-08.JPG
▲車の展示イベントもたびたび開かれる。車好きの国民が多いだけあって人出がすごい......



この公園一番の目玉が、ほぼ毎日開かれている噴水ショー。公園の中央にある池から音楽に乗せて華麗な噴水が次々と登場し、見とれてしまうこと必至。これが19時、20時、21時、22時と1日4回も開催されるのです(予告なく変更される場合あり)。タシケントの夜の良き思い出となること間違いありません。


tashkent1-5.jpg


tashkent-city-atas-052-09.JPG
▲国旗カラーの水色、白、黄緑、赤色で装飾された見事な噴水



そしてタシケントシティパークの正面に堂々と立っているのが、世界的高級ホテルチェーンのヒルトンタシケントシティ。ここについては以前宿泊レポートを執筆しているのでぜひご覧ください(7. タシケント最新高級ホテル・ヒルトンタシケントシティ宿泊レポート! )。客室によってはタシケントシティパークが一望でき、夜は壮観そのものです。


1-tashkent-hilton-tashkent-city-atas-007-01.JPG


tashkent-hilton-tashkent-city-atas-007-10.JPG



また今後タシケントシティに大規模なショッピングモールも建てられるとのこと。ZARAなど有名ブランドショップなどもここに入るようです。旅行者にとっても駐在者にとっても、今後も目が離せない場所になるでしょう。


tashkent-city-atas-052-10.JPG
▲ショッピングモール予定地に掲示されていたイメージ図



というわけで、シルクロードの歴史深い国というイメージとは180度異なるスポット、タシケントシティをご紹介しました。アクセスもいいので、ぜひ観光の合間にふらっと立ち寄ってみてください。


それではコルシュグンチャ・ハイル(また会う日まで)!


■タシケントシティ Tashkent City
・住所: Tashkent City, Toshkent
・入場料: 無料(プラネタリウムなど屋内施設は有料)
・アクセス: 地下鉄パフタコール駅、アリシェール・ナヴォイ駅、ウズベキスタン駅、ハルクラル・ドストリギ各駅から徒歩約5分
・Facebook: https://www.facebook.com/tashkentcitypark/
・Instagram: https://www.instagram.com/tashkentcitypark/


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2022年6月21日
« 前の記事「51. 「ほぼ無観客試合」で潰えたU-21日本代表アジア制覇の夢。U-23アジアカップ観戦記後編」へ
»次の記事「53. ソビエト・ロシア車マニア必見のタシケント科学技術博物館&街角の車たち」 へ
タシケント特派員 新着記事
54. 何でも揃うタシケント最大級のショッピングモール、サマルカンドダルヴォザ
53. ソビエト・ロシア車マニア必見のタシケント科学技術博物館&街角の車たち
52. タシケントの今を象徴する複合施設タシケントシティ。夜の噴水ショーは必見!
51. 「ほぼ無観客試合」で潰えたU-21日本代表アジア制覇の夢。U-23アジアカップ観戦記後編
50. ウズベキスタンでよく見る「て」の服は何?国内を席巻するブランド7SABER直営店へ
49. ウズベキスタン初代大統領にまつわるアートが集まるカリモフ博物館
48. サッカーU-23アジアカップ開幕!開会式&日本代表初戦レポート
47. タシケントのモスク3選!旧市街の由緒あるモスクから新しいモスクまで

アジア 航空券情報


アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • タシケント特派員

    タシケント特派員
    伊藤 卓巳 さん
    学生時代にバックパッカーとして中央アジア諸国を制覇した、根っからのスタン系大好き人間です。JICA青年海外協力隊観光隊員としてサマルカンドに住んでいましたが、コロナ禍により帰国。その後妻の現地赴任にともない、主夫としてウズベキスタンに帰ってきました。まだまだ知られていないこの国の魅力や情報を、首都タシケントより愛をこめてお伝えします! ブログ「takumiの世界ふらふら街歩き」、ツイッター(@jv_samarkand19)でもウズベキスタン情報発信中。 DISQUS ID @disqus_I6DP1RIHwR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集

AIG