海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > タウランガ特派員ブログ > 背丈の高い木陰でリラックス、癒しの公園ヤットン・パ...

ニュージーランド/タウランガ特派員ブログ 川上 さち子

ニュージーランド・タウランガ特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年4月24日

背丈の高い木陰でリラックス、癒しの公園ヤットン・パーク


メール プリント もっと見る

背丈の高い木陰でリラックス、癒しの公園ヤットン・パーク

タウランガ中心市街地から南部へちょっと向かった所にヤットン・パークという森林公園が密かに広がります。道路に面した公園の幅はそれ程には見えませんが、奥行きが深く更には森林の中へ散歩道も延びています。

Yatton Park2.jpgのサムネール画像のサムネール画像

通りに沿った入り口側は緑の芝生が広がり日が照り差し、家族やグループのピクニック、バーベキューなどに適しています。コインで使えるBBQの設備も整っています。

Yatton Park 5.jpgのサムネール画像

入り口から散歩道に沿って間もなくの所に公園周辺の土地の所有に関する歴史の書かれた看板が立っています。19世紀後半からこの土地を買い取った開拓者らが紹介されています。その一部を簡単に紹介 - 1867年に周辺地区を広く購入したのはチャドウィック親子(父息子)ですが、次にこの土地を買い取ったのはイギリスから6人の甥っ子と移民してきた独身女性ルーシー・マンセル(1989)。看板の白黒写真の女性がルーシーさんなのでしょうねっ。以後土地所有者が代わりますが、公園化されたのは1950年以降のこと、タウランガ市による管理は1963年から、入り口近くの水辺が現在の構造となったのは1973年とのことです。

Yatton Park 3.jpgのサムネール画像

ヤットン・パークで最も背丈の高い木は直径1.68メートル、高さ51メートルとのこと。数億年から数万年前まではニュージーランドの土地に自生していたと考えられる松の一種ですが、1860年代に開拓者がニュージーランド近辺の太平洋の島から持ち込まれ木であるとのことです。

日差しの強い真夏日には、ヤットン・パークの背丈の高い木陰に身を隠し、ひんやりとした空気の中ベンチに腰掛け、ワイマプ川の水辺を一望しながら読書をするのが、私にとっては贅沢な時間です。

黄金の枯葉の上を音をさせながら歩く秋が深まるこの頃もいい季節です。ちょっと肌寒い日は日の差す暖かいスポットにあるベンチに座りましょう。白昼夢に思いを深めるのも良いですし、また通り過ぎる犬の散歩をする人たちに挨拶をするのもいい気分。

ヤットン・パークの歴史(英語)

所在地:Parkvale, Tauranga (Fraser Street 沿い)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2014年4月24日
« 前の記事「ヴァレンタイン・デーよりもチョコレートが売れる!?イースター復活祭のチョコレート」へ
»次の記事「ホビット村映画セットのツアーで人気となった街マタマタ(Matamata)」 へ
おすすめ記事
    タウランガ特派員 新着記事
    北西に30分カティカティ(Katikati) の街で見つけたフローズン・ヨーグルト
    フィッシュ&チップス・ニュージーランド版
    地元の新鮮な魚を買うならここ!ボビーズ・フレッシュ・フィッシュ・マーケット
    ホビット村映画セットのツアーで人気となった街マタマタ(Matamata)
    背丈の高い木陰でリラックス、癒しの公園ヤットン・パーク
    ヴァレンタイン・デーよりもチョコレートが売れる!?イースター復活祭のチョコレート
    マウント・マウンガヌイ、行列もできる人気のワッフルコーンのアイスクリーム店'コペンハーゲン・コーンズ'!
    実りの秋、 ニュージーランド産フィジョアってどんな果物!?

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集