海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ジョージア/トビリシ特派員ブログ

ジョージア/トビリシ特派員ブログ fujinee

ジョージア・トビリシ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

トビリシのウズベク・レストランについて教わったので、先日さっそく行ってきました。


ウズベク・レストランのカフェ・ダスタルハンは最近開店した店だそうで、おしゃれなカフェといった雰囲気。


001.jpg
↑カフェ・ダスタルハン。

私は中央アジアに行ったことはありませんが、現地のチャイハナ(茶屋)にはこういった店があるのではないでしょうか。


私が知っている中央アジアの料理と言えばプロフ、ラグマン、マンティくらいなのですが、この3つが看板料理といった印象を受けました。


シェアでこの3種類をすべて注文。


002.jpg 003.jpg
↑カフェ・ダスタルハン店内。


プロフは中央アジアの炊き込みごはんのような料理。


ビーフかラムか選べるのでラムを選択。


にんにくが皮ごと入っており、クミンによる味つけが特徴的です。


006.jpg
↑カフェ・ダスタルハンのプロフ。


ラグマンはうどんのような麺料理。


以前、スープ状のものは食したことがありますが、こちらのラグマンはスープなしの焼きうどん状のスタイル。


スパイスが効いており、パクチーやディルなどの香草が添えられています。


007.jpg
↑カフェ・ダスタルハンの焼きラグマン。


マンティは中央アジアの餃子。


こちらのマンティはビーフまたはラムのもの、パンプキンのもの、そしてミートとパンプキンのミックスのものがあります。


ラム、ミックス、パンプキンの3種類を注文。


008.jpg
↑カフェ・ダスタルハンのマンティ。


どの料理も異国情緒があります。


私の感覚では、プロフとラグマンは小サイズのため少なめ、マンティは大きめで、全体で満足がいく量でした。


トビリシは夏の暑さが影をひそめ、気持ちよい秋空が広がっています。


009.jpg
↑秋空のトビリシ。

【メニュー価格】
・プロフ(250g):10ラリ
・焼きラグマン(350g):10ラリ
・マンティ(ラム/ラムとパンプキンのミックス):1個2ラリ
・マンティ(パンプキン):1個1.5ラリ
・コカコーラ(500mℓ):2ラリ

※1ラリ≒35.3円(2021年9月20日現在)

【メニューのジョージア語表記と発音】
プロフ(ფლოვი/plovi)
焼きラグマン(შემწვარი ლაგმანი/shemts'vari lagmani)
ラム肉マンティ(მამრი ცხვრის ხორცით/mant'i tskhvris khortsit)
ミックス・マンティ(შერეული მანტი/shereuli mant'i)
パンプキン・マンティ(მანტი გოგრით/mant'i gogrit)


■カフェ・ダスタルハン(კაფე დასტარჰან/Cafe Dastarhan)
・住所: 8 Ivane Javakhishvili St, Tbilisi
(8, ივანე ჯავახიშვილის ქუჩა, თბილისი)


2021年9月20日

コロナウイルスで深刻な状況が続くジョージアでは、気軽にレストランに行けるという状況でもありません。


私の場合、日本食ロスがほぼない反面、現地の名物料理が自由に食べられないとなるとやはり恋しくなります。


ジョージアにいながら、一番恋しいのはジョージア料理だという皮肉な状況になっています。


今回はレストランのヒンカリが食べたくなり、ゲビというレストランに行ってきました。


以前訪れて、ヒンカリがおいしかったと記憶している店です。


001.jpg
↑ゲビ(表通り側)


トビリシでは2021年9月13日より、メトロを含む公共交通機関の運転が再開されています。


ゲビは、メトロ・マルジャニシュヴィリ駅から徒歩約10分、ダヴィト・アグマシェネベリ通り沿いにあります。


表通り沿いに看板と入口がありますが、中庭に入ったところに地下への裏口があります。


この地下店舗が表側と同店舗なのか不明ですが、この地下がよい雰囲気。


002.jpg
↑ゲビ正面入口、画像左側の通路を奥に入ると地下入口があります。
003.jpg
↑ゲビ地下入口。
004.jpg
↑地下入口の看板。


まずは目当てにしていたヒンカリを大量に注文。


ヒンカリは小籠包のようなジョージア料理です。


ただし中身の肉は中華風ではなく、パクチーが効いているのがポイント。


ゲビのヒンカリもパクチーが多めに入っています。


008.jpg
↑ゲビのヒンカリ。


そしてもう一品は、日本でも有名になっているシュクメルリにしました。


ちょうど今月、ムシュラリ・ヒディというレストランでシュクメルリを食しました。


その際、シュクメルリについての豆知識を書いています。


【トビリシ】久しぶりにジョージアン・レストランへ

006.jpg
↑ゲビ店内。


ジョージアという国は合計9つの地方に分かれており、それぞれに違う食文化があるようです。


トビリシのレストランでは、店名がその地区や町の名前になっており、その名前が料理の種類をあらわしていることがよくあります。


ゲビというのはラチャ地方にある村の名前。


シュクメルリの発祥地であるシュクメリ村と同じ地方です。


005.jpg
↑ゲビ店内。


つまりこのゲビのシュクメルリは乳製品を使わない本場スタイルのもの。


しかも特筆すべきおいしさでしたね。


今回、シュクメルリが本命ではなかったので、うれしい誤算でした。


009.jpg
↑ゲビのシュクメルリ。


最近、日本でも大きなブームとなっているシュクメルリ。


せっかくトビリシを訪れるなら、本場のシュクメルリを食してみたいと思う方もいるでしょう。


このゲビは意外とよいかもしれません。


007.jpg
↑ゲビの店内にある古民具。


ただし、ひとつ注意点があります。


本場のシュクメルリは特盛のニンニクが入る料理。


においが気になる方は留意する必要があります。


010.jpg
↑中庭のトビリシ風建築。


このゲビは値段も良心的でサービスチャージもありません。


そしてこういうレストランの場合、5~10%のチップを加算するのはマナーだと言えそうです。


011.jpg
↑秋空のマルジャニシュヴィリ駅前。


【メニュー価格】
・ヒンカリ:1個1ラリ
・シュクメルリ:20ラリ
・コカ・コーラ:2ラリ
・レモネード:2ラリ

※1ラリ≒35.3円(2021年9月8日現在)

【メニューのジョージア語表記と発音】
ხინკალი(khink’ali)
შქმერული(shkmeruli)


※対応していただいた店員は英語が通じました。


■ゲビ(ღები/Ghebi)
・住所: 115 Davit Aghmashenebeli Ave, Tbilisi
(115, დავით აღმაშენებლის გამზირი, თბილისი)


2021年9月15日

ジョージアでは先月頃から急にコロナウイルスの感染者数が増え、深刻な状況が続いています。

今のところ、地方へ足を延ばすような雰囲気でもなく、毎日をトビリシ市内で過ごしています。

先日、久しぶりにジョージアン・レストランに行ってきました。

ムシュラリ・ヒディという名前で、初めて訪れる店。


001.jpg
↑ドライブリッジ。
002.jpg
↑ドライブリッジのフリーマーケット。

トビリシ市内を流れるムトゥクヴァリ川(別称クラ川)にかかるドライブリッジはフリーマーケットの名所で、観光客にも人気があります。

アンティーク用品店が多い地域です。

川沿いのアンティーク・ショップ

このドライブリッジのジョージア語名がムシュラリ・ヒディ。

ドライブリッジのフリーマーケットの辺りから、下の幹線道路に降りて行ったところに店はありました。

この時期なので、われわれ以外には1組の客がいただけで、店内は閑散とした状態。

003.jpg
↑幹線道路に降りる階段。
005.jpg
↑ムシュラリ・ヒディ。
007.jpg
↑ムシュラリ・ヒディ店内。

久しぶりのレストランということで、ジョージア料理のなかでも王道メニューと言えるシュクメルリとオジャフリにしました。

シュクメルリは、日本ではもはやジョージア国の代名詞とも言える有名料理となっているようです。


010.jpg
↑ムシュラリ・ヒディのシュクメルリ。


シュクメルリはもともと、ジョージア国内ラチャ地方のシュクメリ村が発祥とされます。

「シュクメルリ」とは「シュクメリの(料理)」という意味。

そしてシュクメリ村のシュクメルリは鶏肉とニンニク、水に調味料のみで作られると言います。

地元の人からすると、乳製品を足すシュクメルリは本物ではないとのこと。

有名店チュリで出されるシュクメルリには乳製品は入っていないと思われます。


011.jpg
↑チュリのシュクメルリ。

有名レストラン「チュリ」が名称変更

※記事に追記してある通り、名称は変わっていません。

それに対し、ムシュラリ・ヒディのシュクメルリは乳製品が足されたものでした。

本物とは言えないかもしれませんが、これは美味でした。


008.jpg
↑ムシュラリ・ヒディのオジャフリ。

一方オジャフリはジョージア語で「家庭の(料理)」という意味。

豚肉などの肉とジャガイモ、野菜類を煮たもので、スペインやブラジルなどで食されるアヒージョとイメージが似ています。

シンプルな料理ですが、その名の通り、レストランごとに味が違う気がします。

以前、トビリシ市内のマプシャリアのオジャフリは香草のディルが味のポイント。

また、パサナウリではキノコのオジャフリも体験しました。


009.jpg
↑マプシャリアのオジャフリ。
016.jpg
↑パサナウリのマッシュルームのオジャフリ。

激安・激ウマの地元食堂Mapshalia

パクチーが入っていないPasanauriのヒンカリ

ムシュラリ・ヒディのオジャフリはタマネギが多くてまた違った味でした。

ビールはジョージア銘柄のシャヴィ・ロミ(ブラック・ライオン)。

シャヴィ・ロミの瓶ビールはカルフールなどの大手スーパーでも購入できます。

1本約7ラリと、ほかの銘柄より高めだったりしますが、お気に入りです。


012.jpg
↑シャヴィ・ロミの瓶ビール。
014.jpg
↑ムシュラリ・ヒディのプリ(パン)。

料金は上記にプリ(ジョージアのパン)を付け、エクストラチャージ込みで約50ラリ。

トビリシ市内のレストランのなかでは中級クラスの値段と言えそうですが、たいへん満足でした。

013.jpg
↑店の前の風景。

【メニュー価格】
・シュクメルリ:18ラリ
・オジャフリ:15ラリ
・プリ(パン):1.7ラリ
・シャヴィ・ロミ(ジョッキ×2):10ラリ

10%チャージ込みで合計49.17ラリ

※1ラリ≒35.4円(2021年9月8日現在)

【メニューのジョージア語表記と発音】
シュクメルリ:შქმერული(shkmeruli)
オジャフリ:ოჯახური(ojakhuri)
プリ:პური(p’uri)
シャヴィ・ロミ:შავი ლომი(shavi lomi)

※メニューはジョージア語とロシア語表記のものしかありませんでした。


■ムシュラリ・ヒディ(მშრალი ხიდი/Mshrali Khidi)
・住所: 3 Right Bank, Dry Bridge, Tbilisi
(3 მარჯვენა სანაპირო, მშრალი ხიდი, თბილისი)
※Google Mapの表記は別店名になっていますが、この場所です。


2021年9月 8日
2021年8月26日
2021年8月18日
2021年8月14日
2021年8月11日
⇒すべての記事を見る

ジョージア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ジョージアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トビリシ特派員

    トビリシ特派員
    fujinee
    僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集