海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ジョージア/トビリシ特派員ブログ

ジョージア/トビリシ特派員ブログ fujinee

ジョージア・トビリシ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

トビリシは暑い夏を迎えており、気温40℃に届きそうな日もあります。

先日、夏休みを取って国内旅行に出かけてきました。

今回の行き先はジョージア北西部、パンキシ峡谷にあるジョコロという村です。

ジョコロ村へのマルシュルートカ(乗り合いヴァン、以下マルシュ)はトビリシ市内のオルタチャラ・ターミナルから。

7:30発と14:20発の2便があります。

7:30発の便を利用しました。

001.jpg
↑オルタチャラ・ターミナル。ジョコロ村行きのマルシュは矢印の乗り場から。

009.jpg
↑マルシュの行き先表示、ジョコロはこう表記します("L"の字が簡略化されている可能性あり)。

ジョコロ村までは片道約4時間、10ラリでした。

トビリシを出たマルシュはカヘティ・ハイウェイを西に走り、バクルツィヘという町で北東に曲がります。

ジョージア・ワインの名産地であるこのあたりは桃の産地でもあるようで、街道沿いには桃の直売所が並んでいます。

010.jpg
↑ジョージアの桃はこれでわずか2ラリ!

今回向かうパンキシ峡谷という場所は、チェチェン系の「キスト」と呼ばれる民族が住む地域として知られています。

キストの人々の多くはムスリム教徒。

ジョコロ村に入る手前にアフメタという町がありますが、このあたりからヒジャブを被った女性が目立つようになります。

ジョコロ村でも女性の大半はヒジャブ姿。

003.jpg
↑ジョコロ村のモスク。

002.jpg
↑ジョコロ村には教会も共存しています。

ジョコロ村では2泊して自然を散策しました。

1日目はパンキシ峡谷を北に向かって散歩。

約10km先に滝がありますが、炎天下ではとてもそこまで辿り着かず、河原で休んで帰ってきました。

005.jpg 006.jpg 007.jpg 008.jpg
↑ジョコロ村と周辺の風景。

020.jpg
↑これは養蜂設備。

2日目は丘の上にある見張り塔まで。

小さな塔ですが、丘を登るので眺めがきれいです。

017.jpg 018.jpg
↑見張り塔とその丘からの眺め。

014.jpg 015.jpg 016.jpg 019.jpg
↑ジョコロ村とその周辺の風景。

パンキシ峡谷はかつて、イスラム教のテロリストの巣窟として恐れられた地域。

少なくとも現在のジョコロ村にそのような恐ろしさはまったく感じられません。

むしろこのコロナ禍において、東洋人である私にも偏見なく皆が話しかけてきます。

この村を訪れるべき最大の理由はキストの人々のホスピタリティなのかもしれません。

次回の記事はジョコロ村で宿泊した宿、ナジース・ゲストハウスについてです。

1ラリ≒34.5円(2020年8月2日現在)

011.jpg 013.jpg 012.jpg
↑ジョコロ村は建築もユニークな気がしました。

【地名の英語/カルトリ語表記と発音】
ジョコロ(Jokolo/ჯოყოლო/joq'olo)
オルタチャラ(Ortachala/ორთაჭალა/ortach'ala)
バクルツィヘ(Bakurtsikhe/ბაკურციხე/bak'urtsikhe)
アフメタ(Akhmeta/ახმეტა/akhmet'a)
パンキシ(Pankisi/პანკისი/p'ank'isi)
ハドリの滝(Khadori Waterfall/მახვალის (ხადორის) ჩანჩქერი/makhvalis (khadoris) chanchkeri)


↑オルタチャラのバス・ターミナル。

※「ここからジョコロ村へのマルシュはないから駅でタクシーを捕まえろ」とだましてきた男がいましたが、マルシュはあります。


↑ジョコロ村。


↑ジョコロ村から10km強歩くと辿り着くハドリの滝。


↑見張り塔はこのあたり。


2020年8月 3日

1. ジョージア民間航空局(GCAA)は2020年7月21日、同局のウェブサイト上において、7月31日まで有効であった国際定期便の離発着制限を8月31日まで延長する旨を発表しました。


これにより、8月から再開が許可されたトビリシとミュンヘン・パリ・リガの三都市を結ぶ定期便およびジョージア航空による臨時便を除き、8月中も国際定期便の発着は行われないことになります。

2. 同局のこれまでの発表により、8月2日からトビリシ・ミュンヘン間の定期便(週2便、ルフトハンザ航空)、8月8日からトビリシ・パリ間の定期便(週2便、エールフランス)が再開予定となっています。


また、ジョージア航空による臨時便も、トビリシ・アムステルダム間が週2便、トビリシ・ウィーン間で月3便運航予定となっています。


それぞれの詳細は各航空会社や空港のウェブサイトなどからご確認ください。


3. ジョージア外務省領事局から得た情報によりますと、7月31日まで延長されている在留期限の猶予につき、これを8月末まで延長する方向で現在検討しているとのことです。


4. 7月24日午後10時現在、ジョージア国内において感染者1085名(死亡者16名、治癒者911名)が報告されています(累計)。


ここ最近は、地方におけるクラスターの発生などにより感染者数が増加傾向にあります。


今後感染が拡大する可能性は否定できませんので、引き続き、 
   3つの密(密閉・密集・密接)の回避
   手洗い・うがいの励行
   咳エチケット
   マスクの着用
などにより、感染予防に努めるようお願いします。

5. ジョージア滞在中に発熱や継続的な咳、味覚障害など、新型コロナウイルス感染が疑われる症状を自覚した場合には、ただちに【112】に電話をして指示を仰いでください。


その際には、可能な限り在ジョージア日本大使館にもご連絡いただきますようお願いします。

ジョージア政府公式ウェブサイト


ジョージア政府による新型コロナウイルス関連特設ウェブサイト


※以上、大使館からのメールを一部引用。


※画像はトビリシ自由広場です。


IMG_20180901_131629.jpg


2020年7月25日

ジョージアはロックダウン解除後、徐々に日常を取り戻してきています。


そのなかで、毎年7月に行われるトビリシの野外フェスであるArt Gene Festival 2020の開催が決定しました。


私はもともと、このジョージアの音楽バンドであるNino Katamadze & Insightに惚れ込み、そのコンサートを観るためにトビリシを訪れました。


このバンドを観る目的であると同時に、このArt Gene Festivalでのステージが観たいという思いもありました。


それ以来、今年2020年でArt Gene Festivalを観るのは4年目です。


ちなみに、バンドNino Katamadze & Insightは2018年頃に解散しています。


Nino Katamadzeさんは去年からは別のバンドを従えてArt Gene Festivalに出演しています。


正直な気持ちを書くと、私はバンドNino Katamadze & Insightに惚れ込んでいました。


ですから、できれば前のバンドでコンサートが観たいという思いを今でも抱いています。


しかし、まったく別の次元として現在のバンドがすばらしいことも確か。


2019年も、それ以前の2回のステージに引けを取らないショーを見せてもらいました。


今年はそのNino Katamadze Bandに加えて、ダンスグループSukhishvilebiのステージのチケットも取りました。

002.jpg
↑会場の野外民族博物館は伝統家屋を屋外に展示。

幼少の頃、夏休みに帰省した田舎町。


そこでたまたまその地方の夏祭りに遭遇したことはありませんか?


普段目にすることがないその地方の舞踊や太鼓が偶然その夏の思い出を彩る。


特にそれが外国からの旅行客であれば、その思い出は有名な観光名所に勝るとも劣らぬ印象深いものとなるでしょう。


ジョージアでそのような体験ができるのがArt Gene Festivalの夜だと思っています。


そのArt Gene Festivalの夜が今年もやってきます。

003.jpg
↑野外民族博物館。

【Art Gene Festival 2020日程】
7月23日
Frani/Reggaeon(30ラリ)
7月24日
Sukhishvilebi(チケット売切れ)
7月25日
Nino Katamadze & Band(39ラリ)
7月26日
33a(39ラリ)

18:00 開場
20:00 民族舞踏/音楽ステージ
22:00 コンサート

【Art Gene Festival 2020会場】
・場所: 野外民族博物館(Tbilisi Open Air Museum Of Ethnography)
・住所: 1 Kus Tba St. Tbilisi(1 კუს ტბის ქუჩა, თბილისი)※Google Map検索不可
・電話番号: +995 322 72 90 45
・営業時間: 10:00~18:00(月曜休み)
・URL: http://museum.ge/?lang_id=ENGGEO&sec_id=46

Art Gene Festival公式サイト
・URL: http://www.artgeni.ge/

TKT.GE(チケット予約サイト)
・URL: https://tkt.ge/?culture=en

Art Gene Festivalについては以下の記事も参照
Art Gene Festival 2019の日程が決まる
Art Gene Festival 2019への行き方

1ラリ≒34.9円(2020年7月19日現在)


2020年7月19日
2020年7月 9日
2020年7月 1日
2020年6月27日
2020年6月17日
⇒すべての記事を見る

ジョージア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ジョージアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トビリシ特派員

    トビリシ特派員
    fujinee
    僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集