海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トビリシ特派員ブログ > ジョージア旅の事始め①~ATMの使い方

ジョージア/トビリシ特派員ブログ fujinee

ジョージア・トビリシ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月31日

ジョージア旅の事始め①~ATMの使い方


ジョージア旅の事始め①~ATMの使い方

ここ最近我が国でもジョージア国の注目度が上がっているのを何となく感じていまして、それはこの国に惚れ込んだ僕としても嬉しい限りです。ただジョージアは今でも「日本人の99%が生涯訪れる事の無い国」の一つに数えられると思います。

では何故我が国の皆さんはジョージアを渡航先に選ばないのでしょうか?幾つか理由はあると思いますが、

「そもそもジョージアという国についてあまり知らないし、情報が極端に少ないので、旅のし方が解らないし、トラブルが怖い」

というのも大きな理由ではないかと思います。そこで、日本からトビリシに初めて渡航する方を想定して、役に立ちそうな基礎的情報を幾つか記事にしていきたいと思いました。

まずは通貨について。ジョージア国の通貨単位は「ラリ」です。「1ラリ」は"1ლ"と表記します。「ラリ」のカルトリ語表記" ლარი"の頭文字を取っています。2018年の10/30現在で1ラリは約42円。大雑把に1ラリ=約50円と計算すると値段の目安が付きやすいと思います。

011.jpg
↑金額が表記されたカジノのポスター。この簡略化された「ラリ記号」が良く使用されます。

010.jpg
↑5ラリの紙幣と1ラリのコイン(表/裏)。

補助通貨単位として「テトリ」があります。1ラリ=100テトリ。「1テトリ」は"1თ"と表記します。これもカルトリ語表記の" თეთრი"の頭文字を取っています。

では渡航に当たってジョージアのラリを用意する必要があるのでしょうか?日本でラリの調達は難しいと思います。かといって現地で日本円で両替するのは難しいと思われます。では米ドルを用意するべきなのでしょうか?

まず米ドルですが、もしもの事態に備えて持っているに越した事は無いと思います。実際、現地の両替で日本円はまず使えません。あまり大金を持っていてもトラブルの元なので100ドル単位で必要金額を考えると宜しいかと思います。

ただ、基本は米ドルもラリも必要ありません。空港のATMで現地通貨の引出しが出来るからです。

ジョージアのATMで日本の銀行のキャッシュカードは使えませんのでクレジットカードを用意します。僕の場合、MasterカードとVisaカードを使用していますが、これらはこちらの大手銀行であるThe Bank Of GeorgiaとTBC BankのATMで使用出来ます。この二行のATMは街の至る所にあります。念の為二枚以上カードを作っておくと安心です。

※因みに僕の失敗談ですが、初渡航の時に一ヶ月の海外引出しの限度額を超えてしまいATMが使えなくなりました。正にこの時に備えの米ドルが役に立ちましたが、事前に限度額のチェックは必要です。

では現地のATMはどう利用するのでしょうか?ここではThe Bank Of GeorgiaのATMを例にとって画像を交えながら説明します。

001.jpg
↑The Bank Of GeorgiaのATM。①カード挿入口②紙幣取出口③ナンバーキーです。

009.jpg
↑ナンバーキー。

002.jpg
↑初期画面。カード挿入口にカードを挿入します。

003.jpg
↑解り易く英語表記にしましょう。

004.jpg
↑"Pin Code"は「暗証番号」です。ナンバーキーで番号を入れて"Enter"を押します。

005.jpg
↑「現金引出し」は"Cash Withdrawal"です。

006.jpg
↑"GEL"が「ジョージア・ラリ」です。

007.jpg
↑金額表示が出てきますのでご希望金額を押します。また"Another Amount"で金額指定も出来ます。

008.jpg
↑レシートが必要なら下のボタンを、必要無ければ上を押します。

これで操作終了です。まずカード挿入口からカードが返却され、一呼吸置いて紙幣取出口から紙幣が出てきます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2018年10月31日
« 前の記事「寂れゆくチアトゥラで見たもの」へ
»次の記事「ジョージア旅の事始め②~治安について」 へ
おすすめ記事
    トビリシ特派員 新着記事
    人形劇"Ramona"を観劇
    トビリシのソフトドリンクあれこれ(生ジュース編)
    ジョージア旅の事始め②~治安について
    ジョージア旅の事始め①~ATMの使い方
    寂れゆくチアトゥラで見たもの
    旧ソ連の面影を探して(Akhmeteli Theatre駅編)
    パクチーが入っていないPasanauriのヒンカリ
    心が震えた夜

    ジョージア ツアー最安値


    2018/11/18更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ジョージア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ジョージアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • トビリシ特派員

      トビリシ特派員
      fujinee
      僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集