海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トビリシ特派員ブログ > 森の町ボルジョミ

ジョージア/トビリシ特派員ブログ fujinee

ジョージア・トビリシ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月31日

森の町ボルジョミ


森の町ボルジョミ

ジョージアにはボルジョミ(Borjomi/ბორჯომი)という銘柄のミネラル・ウォーターがあります。こちらでは有名な銘柄で、このミネラル・ウォーターはジョージア最大の輸出品だと聞いています。

022.jpg
↑恰好良いデザイン。

このミネラル・ウォーター、炭酸水である上にミネラル分が強いので、知らずに買うとその癖の強さに驚きます。ただ、長寿の水とも謳われ、美容効果も評判が高いのでその味を知った上で飲むとなかなか美味しい水でもあります。

そしてこのボルジョミはその天然炭酸水の水源がある町の名前でもあります。ボルジョミはその天然水を売りにした山間の保養地であり、日本で言えば箱根のような温泉地や軽井沢のような避暑地といったイメージに近いと思っています。

もう一ヶ月前になりますが11月終わりにこのボルジョミに行ってきました。

トビリシからボルジョミに行くには、メトロ・トビリシのディドゥベ駅(Didube/დიდუბე)西口のマルシュルートカ(以下マルシュ)のターミナルに向かいます。ボルジョミ行きのマルシュはすぐに見つかりました。値段は片道7ラリでした。約2時間の旅となります。


↑Didube駅西口がマルシュのターミナルです。

やはり山の天気は変わりやすいです。トビリシでは晴れていた空がボルジョミに近づくに従って曇天に変わり、晩秋というより初冬といった肌寒い気温になりました。


↑この店の南側でマルシュを降りました。帰りも同じ場所から乗車。

町外れでマルシュを降り散歩。先だって訪れたチアトゥラ と同じく川沿いの町です。

001.jpg
↑四阿の多い町。

004.jpg
↑ボルジョミらしい一枚。

その川に支流に入った辺りに綺麗な建物が並んでおり、その奥にボルジョミ・セントラル・パーク(ბორჯომის ცენტრალური პარკი/Borjomis Tsent'raluri P'ark'i)があります。入場料は2ラリです。この周辺が観光の中心地です。公園横からロープウェイも出ていますがこちらは今回乗りませんでした。

005.jpg
↑カタツムリの様な橋。

008.jpg
↑ボルジョミの建築様式。

009.jpg

010.jpg
↑文化遺産"Firuza"。


↑ボルジョミ・セントラル・パーク。

ボルジョミ・セントラル・パークに入ると給水所があります。ペットボトルを持参するとボルジョミの水を持って帰る事が出来ます。味はやはり癖のある味ですが、健康には良さそうだと思って毎日飲んでました。ただ炭酸の味は感じませんでした。

011.jpg
↑このドームの下が...

012.jpg
↑給水所になっています。

公園を奥に進むと"Fairy Land(ზღაპრის ქალაქი/Zghap'ris Kalaki)"と呼ばれるアスレチック遊園地があります。ここが個人的には好きでした。真夏にはリゾート客向きに営業しているのでしょうか?オフシーズンだったので全く稼働していませんでした。ただ、僕はこの寂れた感じが逆に好きでした。まるで遊び主を失ったおもちゃ箱の様。

014.jpg

015.jpg

013.jpg

016.jpg
↑こういうの、好きです。

公園を後にしてしばし町を散歩していたら遂に雨が降り出してしまいましたので早めに帰りのマルシュを見つけて退散しました。

003.jpg
↑斜面に家々がへばり付く町。

019.jpg
↑ボルジョミ駅。

021.jpg
↑停車していた旧式車輌

結論。ボルジョミは小さな町なので、絶景や大規模な見どころを求める方々にはあまりアピールしないと思います。ただ、例えば森とか妖精とかメルヘンとかそういうものが好きであれば特殊な魅力を持つ場所だと思います。僕ももちろんこういう場所、好きですよ。

※さて、今回で今年最後の更新となります。途中から参加させて頂きましたが読んで頂いた方々に感謝申し上げます。また来年も宜しくお願いします。

【お知らせ】fujinee名義でクラウドワークスさんに登録しました。検索ワード「トビリシ」で出てきます。トビリシ及びジョージア国に関しての記事作成等のご用命はお気軽にご相談下さい。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年12月31日
« 前の記事「クリスマス・イン・トビリシ」へ
»次の記事「クリスマスにサメバ大聖堂へ」 へ
おすすめ記事
トビリシ特派員 新着記事
画家の都トビリシ~青空絵描き編
トビリシ旧市街②~プチ・インスタ映えスポット2選
トビリシ旧市街①~ナリカラ要塞に登る
アーモンドの花咲く頃
エリアヴァ・マーケットを歩く
旧ソ連の面影を探して(Vake地区編)
無料クラビング
日本食が恋しくなったら...

ヨーロッパ 航空券情報


ジョージア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ジョージアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トビリシ特派員

    トビリシ特派員
    fujinee
    僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集