海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トビリシ特派員ブログ > トビリシで食すウズベク料理【カフェ・ダスタルハン】

ジョージア/トビリシ特派員ブログ fujinee

ジョージア・トビリシ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年9月20日

トビリシで食すウズベク料理【カフェ・ダスタルハン】


トビリシで食すウズベク料理【カフェ・ダスタルハン】

トビリシのウズベク・レストランについて教わったので、先日さっそく行ってきました。


ウズベク・レストランのカフェ・ダスタルハンは最近開店した店だそうで、おしゃれなカフェといった雰囲気。


001.jpg
↑カフェ・ダスタルハン。

私は中央アジアに行ったことはありませんが、現地のチャイハナ(茶屋)にはこういった店があるのではないでしょうか。


私が知っている中央アジアの料理と言えばプロフ、ラグマン、マンティくらいなのですが、この3つが看板料理といった印象を受けました。


シェアでこの3種類をすべて注文。


002.jpg 003.jpg
↑カフェ・ダスタルハン店内。


プロフは中央アジアの炊き込みごはんのような料理。


ビーフかラムか選べるのでラムを選択。


にんにくが皮ごと入っており、クミンによる味つけが特徴的です。


006.jpg
↑カフェ・ダスタルハンのプロフ。


ラグマンはうどんのような麺料理。


以前、スープ状のものは食したことがありますが、こちらのラグマンはスープなしの焼きうどん状のスタイル。


スパイスが効いており、パクチーやディルなどの香草が添えられています。


007.jpg
↑カフェ・ダスタルハンの焼きラグマン。


マンティは中央アジアの餃子。


こちらのマンティはビーフまたはラムのもの、パンプキンのもの、そしてミートとパンプキンのミックスのものがあります。


ラム、ミックス、パンプキンの3種類を注文。


008.jpg
↑カフェ・ダスタルハンのマンティ。


どの料理も異国情緒があります。


私の感覚では、プロフとラグマンは小サイズのため少なめ、マンティは大きめで、全体で満足がいく量でした。


トビリシは夏の暑さが影をひそめ、気持ちよい秋空が広がっています。


009.jpg
↑秋空のトビリシ。

【メニュー価格】
・プロフ(250g):10ラリ
・焼きラグマン(350g):10ラリ
・マンティ(ラム/ラムとパンプキンのミックス):1個2ラリ
・マンティ(パンプキン):1個1.5ラリ
・コカコーラ(500mℓ):2ラリ

※1ラリ≒35.3円(2021年9月20日現在)

【メニューのジョージア語表記と発音】
プロフ(ფლოვი/plovi)
焼きラグマン(შემწვარი ლაგმანი/shemts'vari lagmani)
ラム肉マンティ(მამრი ცხვრის ხორცით/mant'i tskhvris khortsit)
ミックス・マンティ(შერეული მანტი/shereuli mant'i)
パンプキン・マンティ(მანტი გოგრით/mant'i gogrit)


■カフェ・ダスタルハン(კაფე დასტარჰან/Cafe Dastarhan)
・住所: 8 Ivane Javakhishvili St, Tbilisi
(8, ივანე ჯავახიშვილის ქუჩა, თბილისი)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2021年9月20日
« 前の記事「【トビリシ】絶品シュクメルリとヒンカリ」へ
»次の記事「【トビリシ】地元民でにぎわうジョージアン・レストランへ」 へ
トビリシ特派員 新着記事
【ジョージア】色づくラチャ・レチフミ⑥~ツアー画像集
【ジョージア】色づくラチャ・レチフミ⑤~ゴナ村
【ジョージア】色づくラチャ・レチフミ④~オニ村の印象
【ジョージア】色づくラチャ・レチフミ③~ウツェラ村まで
【ジョージア】色づくラチャ・レチフミ②~ゲストハウス・バラコニと絶品ハルチョ
【ジョージア】色づくラチャ・レチフミ①~オニ村までのマルシュルートカ
ジョージア語の「ガイハレ」という挨拶について
【トビリシ】地元民でにぎわうジョージアン・レストランへ
1年前の同じ月に投稿された記事
【ジョージア】秋のトゥシェティ①オマロ村へのデスロード
【ジョージア】9月中旬の政府発表まとめ
【ジョージア】新型コロナウイルス対策に関する新たな措置を発表
【トビリシ】ファブリカ・ホステルでネット作業

ヨーロッパ 航空券情報


ジョージア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ジョージアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トビリシ特派員

    トビリシ特派員
    fujinee
    僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集