海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トビリシ特派員ブログ > 【ジョージア】雪化粧ニノツミンダ③~ゴレロフカ村ま...

ジョージア/トビリシ特派員ブログ fujinee

ジョージア・トビリシ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月 4日

【ジョージア】雪化粧ニノツミンダ③~ゴレロフカ村まで


【ジョージア】雪化粧ニノツミンダ③~ゴレロフカ村まで

ニノツミンダ滞在2日目は、南東方面にあるゴレロフカという村まで歩いてみることにしました。


ゴレロフカ村までは片道10km弱。


10月下旬でも日差しがあれば、冬の上着は必要ないような気温でした。


001.jpg 002.jpg 003.jpg
↑路傍の風景。


路傍には廃墟となった建物が目立ちます。


ジョージア~アルメニアの田舎における典型的な風景と言えるでしょう。


004.jpg 005.jpg
↑ニノツミンダの町外れ付近。


ニノツミンダを出ると雄大な平原が続きます。


この辺りはじゃがいも畑がよく見られます。


ちょうど収穫の時期であるようで、作業をしている農民を多く見かけました。


006.jpg
↑じゃがいも畑。
007.jpg
↑じゃがいもの収穫に向かう農民。


ジョージアのじゃがいもの産地と言えばツァルカ村をよく耳にしますが、この一帯も大規模なじゃがいもの産地であるようです。


ほとんど集落もないような一本道を延々と歩きます。


途中、1台の車が停まってくれたので、2kmほどヒッチハイクでお世話になりました。


008.jpg
↑道中、数少ない村への道しるべ。
009.jpg 010.jpg 011.jpg
↑平原の一本道を歩きました。


ゴレロフカの手前のオルロフカ村辺りで降ろしてもらいます。


ここにも、商店のような廃墟がありました。


012.jpg 034.jpg 013.jpg
↑オルロフカ村。
014.jpg 015.jpg
↑商店のような廃墟、看板はアルメニア語。


ここからしばらく歩くとゴレロフカ村が見えてきます。


アルメニア国境から約10kmのゴレロフカ村は、デュホボール(Dukhobor)という移民の人々の村。


デュホボール派は18世紀のロシア・ウクライナに起源を持つキリスト教系の信者。


独特の信仰や風習を持つデュホボールはロシア正教からの弾圧を受け、1841年からグルジア(現ジョージア)、カナダ、アメリカなどに移住を開始したそうです。


016.jpg
↑ゴレロフカ村の外れ。


グルジアではこの辺りにやってきたデュホボールの人々。


1970年頃にはボグダロフカ(現ニノツミンダ)に約4000人、ゴレロフカに約3000人のデュホボールが居住していたそう。


しかしジョージア国内では現在デュホボール派の人々は、ここゴレロフカおよびオルロフカに数十家族を残すのみとなりました。


理由はこの地の冬の厳しさと貧困。


この地を泣く泣く去った者も多かったそう。


017.jpg 018.jpg 019.jpg
↑ゴレロフカ村。


ゴレロフカ村の家屋には、水色がアクセントカラーとして頻繁に使われています。


バルコニーの装飾が独特で、屋根の上に芝が生えた家も多く見られました。


何人かの村人とすれ違いましたが、やはりロシア語が主要言語であると見られます。


020.jpg 021.jpg 022.jpg
↑水色がアクセントとなっているゴレロフカ村の家屋。


デュホボール派は独特な民族衣装でも知られますが、そのような衣装は今回見られませんでした。


ゴレロフカ村は標高約2000m。


まだ寒くはありませんでしたが、寒冷地の農村といった雰囲気を漂わせていました。


023.jpg 024.jpg 025.jpg 026.jpg
↑屋根の形やバルコニーの装飾が独特だと感じました。


しかし私は今回ひとつの失態をおかしてしまいました。


この村で一番有名な青い教会があるらしいのですが、それを見逃して帰ってきてしまったのです。


私はときどきこのような失態をやりますが、また再訪する理由ができたと考えましょう。


約2kmのヒッチハイクも合わせて、合計約5時間の道のりでした。


027.jpg 028.jpg 029.jpg
↑屋根に芝を敷き詰めた建築も目立ちました。
030.jpg 031.jpg 032.jpg 033.jpg
↑ゴレロフカ村。


↑ゴレロフカ村とオルロフカ村。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年11月 4日
« 前の記事「【ジョージア】雪化粧ニノツミンダ②~ジョージア語が通じない町」へ
»次の記事「【ジョージア】雪化粧ニノツミンダ④~ポカ村と10月末の地吹雪」 へ
トビリシ特派員 新着記事
トビリシで見つけたアルメニアのザクロワイン
【トビリシ】新春スイーツ
ハッピー・ニュー・イヤー・フロム・トビリシ・2022
メリー・クリスマス・フロム・トビリシ・2021
【ジョージア】師走のカヘティ③~2つの修道院
【ジョージア】師走のカヘティ②~ゲストハウス・グジリシヴィリ
【ジョージア】師走のカヘティ①~エニセリ村まで
【トビリシ】味は体をあらわす
1年前の同じ月に投稿された記事
【トビリシ】そぞろ歩きにドーナツを~ナショナル・ギャラリー
【2020年11月28日より】ジョージアの外出規制対策が決定
【ジョージア】ゼスタフォニからカツヒ柱へ
【2020年11月9日現在】ジョージアの新型コロナウイルス対策情報
【2020年11月6日現在】ジョージアの新型コロナウイルス対策情報
【ジョージア】鉄道と工場の町ゼスタフォニ

ヨーロッパ 航空券情報


ジョージア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ジョージアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トビリシ特派員

    トビリシ特派員
    fujinee
    僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集