海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > トビリシ特派員ブログ > 【ジョージア】晩秋サムツヘ・ジャヴァヘティ①~アバ...

ジョージア/トビリシ特派員ブログ fujinee

ジョージア・トビリシ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月19日

【ジョージア】晩秋サムツヘ・ジャヴァヘティ①~アバストゥマニとヒッチハイク


【ジョージア】晩秋サムツヘ・ジャヴァヘティ①~アバストゥマニとヒッチハイク

アハルツィヘを訪れるのはもう4回目。


私はディドゥベからアハルツィヘへの路線が好きで、ボルジョミ周辺の建築や、アハルツィヘ手前の平原の風景を見ると気分が盛り上がります。


001.jpg
↑ボルジョミ付近の風景。
002.jpg
↑アハルツィヘ近郊(車窓より)。


12:00頃にアハルツィヘに着くと宿を押さえ、そのままアバストゥマニまで向かいます。


005.jpg
↑青字表記が「アバストゥマニ」。


アバストゥマニはオツヘ川という河川沿いに位置する療養地で、旧ソ連時代の天文台がある町です。


12:30発アバストゥマニ行きのマイクロバスがアハルツィヘのバス・ターミナルで待機していました。


アバストゥマニまでは約1時間で到着しました。


007.jpg 006.jpg
↑現在は使われていないアバストゥマニのロープウェイとその駅。


その天文台は高台にあるので、約5kmの山道を登ります。


高低差約400mの坂ですが距離が長いので、往復で2時間半ほどかかりました。


008.jpg
↑改修中の教会、この辺りから天文台まで山道を登ります。
009.jpg
↑天文台への山道。


アバストゥマニ天文台は1932年建設。


コロナ禍のためか施設内部の見学はできないとのことで、敷地内を一周して帰ってきました。


010.jpg 011.jpg 012.jpg 013.jpg 014.jpg
↑アバストゥマニ天文台。


天文台以外にアバストゥマニの町では家々の建築が目を引きます。


トビリシ旧市街にも引けをとらないような家々は、ジョージア建築の展示場のよう。


015.jpg 016.jpg 017.jpg 018.jpg 019.jpg 020.jpg 021.jpg 022.jpg 023.jpg 024.jpg 025.jpg
↑アバストゥマニの家々。


しばらく写真撮影をしていると時間は16:30頃に。


バス停に行ってみるとアハルツィヘに戻る最終バスは14:30発であったことがわかりました。


アハルツィヘの宿まではアバストゥマニから約30kmあります。


徒歩であるいたら何時間かかるかわかりません。


026.jpg
↑最終バスが終わったあとのバス停がさみしくたたずんでいました。


しかも幹線道路までの約10kmは車がほとんど通らない田舎道。


停まってくれた車に乗るヒッチハイクは今までもやっていましたが、今回は自分から手を挙げなければどうしようもありません。


しかし1台の車が幹線道路まで乗せてくれたのを皮切りに、3台の車を乗り継いで日没とほぼ同時にアハルツィヘまで戻ることができました。


027.jpg 028.jpg
↑帰路の幹線道路沿い、ここでも通る車はまばら。


当然、全員が親切で乗せてくれた人ばかり。


困ったときに受けるこういう親切は、その国の印象すら左右します。


逆にたったひとりの行動でその国の印象が悪くなる場合もあります。


そしてそれは日本人の私が外国人に与える印象としても同じこと。


029.jpg 030.jpg
↑レストラン「ズヴェリ・デュカニ」。


夕食はアハルツィヘ市内のレストランを探すことに。


「古い酒場レストラン」という名前のその店では暖炉の周りで店のオーナー夫婦が暖をとっていました。


こちらが日本人だとわかるといろいろと聞かれ、「ありがとう」「愛してます」「暖炉」といった日本語を教えます。


031.jpg 032.jpg
↑ズヴェリ・デュカニのハルチョとチキン・オジャフリ。


初めて習う日本語が「暖炉」というのはいささか滑稽だと思いながら食するハルチョとチキン・オジャフリはジョージアの家庭の味といった印象。


ここのオジャフリはニンニク味が強めで、やはりオジャフリはそれぞれの家庭で味が違うのだと再確認しました。


この時期(11月中旬)のアハルツィヘは朝晩の気温が0℃近くまで下がります。


冬用の上着が必要でした。


033.jpg 034.jpg
↑アハルツィヘで宿泊した「ホテル・ミミノ」の外観と看板。


【必要な持ち物(11月中旬時点)】
・冬用の服装


【マルシュルートカ(乗り合いヴァン、マルシュ)情報】
トビリシ→アハルツィヘ
・日時: 毎日 9:00 メトロ・ディドゥベ駅前ターミナル発(ほかの便もあり)
・運賃: 12ラリ(前払い)

アハルツィヘ→アバストゥマニ
・日時: 毎日 12:30 アハルツィヘ・ターミナル発(ほかの便もあり)
・運賃: 2.5ラリ(前払い)


003.jpg
↑アハルツィヘのバス・ターミナル。
004.jpg
↑アハルツィヘ・バス・ターミナルからのチケットは建物奥のこの窓口で購入します。

【注意】
コロナ禍のマルシュの運行は流動的なので必ず最新情報の確認が必要となります。


今回私は最終バスを逃したので、12:30のバスでアバストゥマニへ向かうのはよいプランとは言えないでしょう。


始発バス(こちらの時間も不明)で向かうか、もしくはアバストゥマニで一泊するプランのほうがよいでしょう。


039.jpg
↑アハルツィヘ発アバストゥマニ行きのバス時刻はこう表示されていますが、現在この時刻通りに運行しているとは限りません。
(10:30/12:30/14:00/15:30/17:00/18:00)

※アハルツィヘ、ヴァルジア、トモグヴィなどへの行き方は過去記事も参照

城塞の町アハルツィヘ


ヴァルジア遺跡


ヴァルジアの我が家~ゲストハウス・アレクサンドレ


【初夏の南ジョージア①】ゲストハウス・アレクサンドレ再訪

【レストラン情報】
■ズヴェリ・デュカニ(ძველი დუქანი)
・ハルチョ(スープ)=7ラリ
・チキン・オジャフリ(肉と野菜の煮込み)=10ラリ

【宿情報】
■ホテル・ミミノ
・1泊朝食付き14ラリ(2人で宿泊、1人の場合は朝食が若干安くなるそうです)


040.jpg
035.jpg 036.jpg
↑ホテル・ミミノ内装。
037.jpg
↑ホテル・ミミノの朝食。
038.jpg
↑宿のバルコニーからはラバティ要塞が一望できます。

※宿の予約は以下より。
予約サイト


↑トビリシのディドゥベ・ターミナル。

↑アハルツィヘのバス・ターミナル。

↑アバストゥマニ天文台。

↑レストラン・ズヴェリ・デュカニ。

↑ホテル・ミミノ。

1ラリ≒36.6円(2021年11月19日現在)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年11月19日
« 前の記事「【ジョージア】雪化粧ニノツミンダ④~ポカ村と10月末の地吹雪」へ
»次の記事「【ジョージア】晩秋サムツヘ・ジャヴァヘティ②~アレクサンドレの宿とトモグヴィ要塞」 へ
トビリシ特派員 新着記事
トビリシで見つけたアルメニアのザクロワイン
【トビリシ】新春スイーツ
ハッピー・ニュー・イヤー・フロム・トビリシ・2022
メリー・クリスマス・フロム・トビリシ・2021
【ジョージア】師走のカヘティ③~2つの修道院
【ジョージア】師走のカヘティ②~ゲストハウス・グジリシヴィリ
【ジョージア】師走のカヘティ①~エニセリ村まで
【トビリシ】味は体をあらわす
1年前の同じ月に投稿された記事
【トビリシ】そぞろ歩きにドーナツを~ナショナル・ギャラリー
【2020年11月28日より】ジョージアの外出規制対策が決定
【ジョージア】ゼスタフォニからカツヒ柱へ
【2020年11月9日現在】ジョージアの新型コロナウイルス対策情報
【2020年11月6日現在】ジョージアの新型コロナウイルス対策情報
【ジョージア】鉄道と工場の町ゼスタフォニ

ヨーロッパ 航空券情報


ジョージア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ジョージアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • トビリシ特派員

    トビリシ特派員
    fujinee
    僕が世界一好きなジョージアの音楽バンド「Nino Katamadze & Insight」のコンサートを観に2017年夏にトビリシを訪れましたが、せっかくだからそのバンドのコンサートを観る事が出来るトビリシに住もうと決心し、2018年7月から移住します。音楽や芸術が好きなので、そういう記事が多くなると思います。 DISQUS ID @disqus_dT83Ff39Sr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集