海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > テルアビブ特派員ブログ > イエス生誕の地"ベツレヘム"へ...

イスラエル/テルアビブ特派員ブログ がんちゃん

イスラエル・テルアビブ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月30日

イエス生誕の地"ベツレヘム"へ〜聖誕教会・聖カテリーナ教会〜


イエス生誕の地"ベツレヘム"へ〜聖誕教会・聖カテリーナ教会〜

シャローム!(こんにちは)
イスラエルのテルアビブに在住している、がんちゃんです。

いまなお、猛威を振るうCOVID−19が収束した後に、ぜひ訪れてほしいおすすめの観光Spotやイスラエルの最新情報をUpしていきたいと思います。


D4785315-2A9F-4054-BCE0-68C444CDAD7F_1_201_a.jpeg (ラモーンクレーターを見下ろして。)


先日、パレスチナ自治区にある街"ベツレヘム(Bethlehem)"に日帰りバスツアーで行ってきた際のことを、2回に分けてレポートします。


旧約聖書では"ダビデの街"。新約聖書では"キリスト生誕の地"として知られるベツレヘム。
その中でも歴史的な、聖誕教会と聖カテリーナ教会、ミルク・グロッド教会について、マリアの足跡を辿りながら記載したいと思います。

今回は、聖誕教会と聖カテリーナ教会について。

IMG_2416.jpg (ベツレヘムの街並み。訪れた11月の半ばは、イルミネーション準備の真っ只中だった。)

聖誕教会(Nativity Church)

イエス・キリストが生誕した"聖誕教会"は、ベツレヘムのメイン広場、"メンジャー広場"の向かいにあります。
アラブ人の物売りが、鞄やアクセサリーを手に持ちながら、ツアー客の私たちの後を必死についてくる姿に、街の貧しさを感じます。
それでもベツレヘムは観光地なので、パレスチナの中ではまだ経済が潤っている方なんだとか。


IMG_1390.jpg (レストランや店舗、駐車場があり賑わっているメンジャー広場)

【なぜ、イエスは馬小屋で生誕したのか】
マリアは、ナザレで受胎告知を受けました。
しかし、月が満ちてきた頃に"皇帝アウグストゥス"から全国民に発令された「住民登録せよ。」という勅令に従って、ダビデの家に属していた夫のヨセフと共に、身重な体でベツレヘムへと3日間の旅に出ることになるのです。
到着してみると宿がどこもいっぱいだったため、仕方なく馬小屋に泊まることに。そこでイエスが産まれるのです。

イエスが生誕した馬小屋は、2000年前は洞窟のような仕様であったとされるため、木造の馬小屋を描いた絵画も誤りである、と言われているそう。


【イエスの生まれた洞窟の上に建てられた教会】
聖誕教会は紀元327年、ローマ皇帝コンスタンティヌス帝によって、イエスが誕生した洞窟の上に建てられた教会。
6世紀のユスティニアヌス帝の時に再建され、11世紀の十字軍の時代に現在のような高い壁に囲まれた外観になったんだとか。


IMG_1388.jpg (聖誕教会の外観。外形は十字型をしている。)

教会の内部は、ローマ・カトリック、ギリシア正教、アルメニア正教に区分され管理されています。
イエスの生誕日であるクリスマスも宗派によって異なり、聖誕教会では年に3回もクリスマスが祝わるんだとか。(カトリックとプロテスタントは12月25日、アルメニア正教は1月6日、ギリシア正教は1月7日。)興味深い話ですよね。

IMG_1130.jpg (過去にはパレスチナの武装勢力による、1ヶ月の立て籠り事件も起きた地。警備は厳重です。)

十字軍の時代には要塞としての役割も果たしていたため、外敵が馬に乗ったまま入らないようにするに、入り口は大人が腰を屈めないと入れないほど小さい作りになっています。

IMG_1402.jpg (奥に写る、屈んで入っている人がいる所が入り口。)


【聖誕教会の中へ】
"謙虚のドア"を屈んで入ると目の前に広がるのは、天井が高く厳かな会堂。
正面右側の祭壇は、ギリシア正教会が管理しています。

IMG_1413.JPG (天井から装飾が下がっている)

現存する教会の中では、世界最古と言われる聖誕教会。床にはところどころ穴が空いていて、現代の会堂の床よりも一段低い所に、コンスタンティヌス帝時代の古いモザイクが保存されています。


IMG_1154.jpg (幾何学模様のようなモザイク。)


ギリシア正教の祭壇の脇から、階段を降りたところにあるのがイエス生誕の洞窟。


IMG_2418.JPG (イエス生誕の洞窟へと続く、階段上の装飾①。)


IMG_2419.jpg (イエス生誕の洞窟へと続く、階段上の装飾②。)

【イエス生誕の場所】
イエスが生誕した場所は、優しい蝋燭の光に囲まれていました。中を覗き込むと、東方の博士を先導した星に因んだと言われる"14角の銀の星"がはめ込まれています。


IMG_1414.JPG (14角の銀の星のところにイエスが生誕した、と言われている。)

IMG_1153.jpg (お祈りをささげる方が列をなしている。)

【聖カテリーナ教会】
会堂に隣接した通路を進むとあるのが、聖カテリーナ教会。ここは、12月24日のクリスマスイブのミサが世界中継される教会です。

IMG_1399 2.jpg (パイプオルガンの音色が響いていた。)

IMG_1400.jpg (ミサの際に用いられる、イエスの赤子の人形が安置されていた。)


中庭には、ヘブライ語の聖書をラテン語に翻訳するために、聖カテリーナ教会の地下の洞窟に約30年間こもっていた"聖ヒエロニムス"の像があります。

IMG_1415.JPG (一生を捧げて聖書をラテン語に訳した、聖ヒエロニムスの像。)

彼の訳した『ブルガタ版ラテン語聖書』は、カトリックの公認聖書になりました。彼の偉業により、キリスト教が世界中に広まったとされているのです。面白いのが、彼の翻訳間違いのためにミケランジェロ作のモーセ像には、角が2本生えてしまっているということ。ヒエロニムスがラテン語に翻訳する際に、ヘブライ語の"光り輝く"という文字を"角"と訳し間違えてしまったためと言われています。ヘブライ語って、母音記号のニクードがついていないと、全く違う意味になってしまう言葉があり本当にややこしい...。


IMG_1398.jpg (ヒエロニムスの足元には、頭蓋骨がある。)


ヒエロニムスの像の足元にあるのは、翻訳に協力してくれたローマの婦人"パウラ"の頭蓋骨。パウラの死後も彼は彼女の骨をそばに置いて、翻訳作業を続けたのだそう。


IMG_1397.jpg (聖誕教会にある修復がすすめられている壁画。)

イエスが生誕した"聖誕教会"は空間が静粛さに包まれていましたが、"聖カテリーナ教会"は華やかで穏やかな雰囲気。
キリスト教徒ではない私も、心が洗われるような気持ちになりました。

イルミネーションで飾られる、クリスマスシーズンにも訪れてみたいです。


=参照=
・『地球の歩き方 イスラエル,2019-2020年版』(株式会社ダイヤモンド・ビッグ社)
・『聖書と歴史ガイド イスラエル,』(株式会社ミルトス)


By がんちゃん

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2021年11月30日
« 前の記事「テルアビブは、シェア電動スクーターの移動が快適。」へ
»次の記事「イエス生誕の地"ベツレヘム"へ〜ミルク・グロッド教会〜」 へ
テルアビブ特派員 新着記事
【テルアビブ/Tel Aviv】ユニークな日本料理レストラン"キットカット"Kitto Katto"へ
【エリコ/Jericho】イエスが40日間断食をした"悪魔に試みられた誘惑の山"へ
【エリコ/Jericho】世界遺産"世界1低い場所にあるロープーウェー"に乗車
ユダヤの光のお祭り"ハヌカ(Hanukkah)
イエス生誕の地"ベツレヘム"へ〜ミルク・グロッド教会〜
イエス生誕の地"ベツレヘム"へ〜聖誕教会・聖カテリーナ教会〜
テルアビブは、シェア電動スクーターの移動が快適。
イスラエル生まれの"SABON" 1号店へ

イスラエル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • テルアビブ特派員

    テルアビブ特派員
    がんちゃん
    2019年末より、イスラエル・テルアビブの駐在に帯同している専業主婦。現在は、オンラインガイドブック「もっと近くにイスラエル」https://israel.motochika.jpにて執筆の協力を行いながら、note「がんちゃん in Israel」https://note.com/ganganganchan/で自身のイスラエルの生活や情報を綴っている。趣味はワインと料理、読書にカリグラフィー。日本人から見たイスラエルへの先入観を、いい意味で覆したい、という思いで発信をしている。 DISQUS ID @disqus_ShMLVtJvOo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集