海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/栃木特派員ブログ

日本国内/栃木特派員ブログ KEY

日本国内・栃木特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは
栃木特派員のKEYです。

海なし県の栃木県。
なので水族館なんてものはあるはずがないと思ってませんか?


実はあるんです。
DSC00416.JPG

【全撮影 栃木特派員KEY】


栃木県の大田原市にあるなかがわ水遊園はとても広大な敷地に県内を流れる那珂川を再現した水槽から、アマゾン川を再現し360°水に囲まれたトンネル型の水槽まで、河川のもたらす、雄大な自然を体験できる施設になっています。
日本でも珍しい淡水魚の水族館で、海なし県の栃木県の唯一の水族館です。


DSC00415.JPG

なので熱帯地域の再現の為かデザインも凝ってますね。


撮影もWEB掲載もOKを頂き、早速入ってみます。

DSC00418.JPG

なかがわ水遊園

栃木県大田原佐良土2686
<開園時間>
9時半から16時半
水族館の入館は閉館30分前まで

<休園日>
毎週月曜日(祝・休日の場合は翌日)
毎月第4木曜日
毎年1月の第4週の月~金(施設メンテナンスのため)

<観覧料>
◆大人(高校生以上)
個人600円
年間パスポート2500円
回数券6000円

◆子供(小・中学生)
個人250円
年間パスポート1000円
回数券2500円

◆幼児(小学生未満)
無料


比較的子供料金が低価格なのが有難いです。


DSC00474.JPG

淡水魚の水族館なので河川の魚が展示されております。


DSC00432.JPG

地元の那珂川の魚が元気良く泳いでますね。


DSC00481.JPG

子供向けの体験イベントが充実しており、子供たちは大喜びです。


そして、今現在のイベント
DSC00488.JPG

ドリームジャングルナイト。
2018.11/23~2019.1/20まで


DSC00494.JPG

この季節に合わせたイルミネーションでの展示方法。


DSC00502.JPG

光を活かした魚を見る事が出来ます。

DSC00514.JPG

コバルトブルーの魚も綺麗ですね。

今だけの限定なのでおすすめです。
注:営業時間は通常です。


そしてなかがわ水遊園の目玉
・アクアコリドール〔チューブ型トンネル〕
DSC00550.JPG

ここが世界最大川、アマゾン川水槽となってます。


DSC00604.JPG

アマゾンの王者ピラルク。
物凄く大きいです。


DSC00560.JPG

子供達も大きさにビックリ!


DSC00621.JPG

さらに上るとアマゾンの熱帯地域の展示になってます。
ガラス張りの天井は太陽の光が直接届きますね。


DSC00633.JPG

バナナとかなってますし・・


DSC00648.JPG

元気の良いカピバラ。


DSC00664.JPG

イグアナまで・・


DSC00672.JPG

DSC00681.JPG

なかがわ水遊園の魅力は水族館だけではありません。
企画や季節事のイベント。
広大な敷地での体験型イベント。
子供の遊び場(水遊び場やアスレチック)などファミリーには特におすすめです!
海なし県でも楽しい水族館は存在する!


是非!
足を運んでみてくださいネ~

DSC00716.JPG

なかがわ水遊園

栃木県大田原佐良土2686
<開園時間>
9時半から16時半
水族館の入館は閉館30分前まで

<休園日>
毎週月曜日(祝・休日の場合は翌日)
毎月第4木曜日
毎年1月の第4週の月~金(施設メンテナンスのため)

<観覧料>
◆大人(高校生以上)
個人600円
年間パスポート2500円
回数券6000円

◆子供(小・中学生)
個人250円
年間パスポート1000円
回数券2500円

◆幼児(小学生未満)
無料


2018年11月25日

関東北部に位置する栃木県ですが、南方の位置に栃木県と埼玉県と群馬県の3つと交差するポイントがあります。
3つの都府県が1ヶ所に交わる点は、
全国で48ヶ所あるらしいのですが、3県が交差する上に、平地にあるのはここだけの珍スポットが存在します。
他は山の中や河川などその場所を拝見するのは難しい。


画像
https://japan-map.com/より
無題.jpg

地図上だとこんな感じなります。
茨城県も入ればもう少しで4県境だったのですがね。惜しいです。


今回はそんな三県境の比較的分かりやすく歩いて行く方法をご紹介。

まずは埼玉県にある道の駅きたかわべに行きます。
DSC00095.JPG

DSC00055.JPG

道の駅きたかわべ 349-1202 埼玉県加須市小野袋1737 0280-61-2299(スポーツ遊学館) 0280-62-5555(物産販売施設) / 開設時間 スポーツ遊学館:9時~17時 物産販売施設 ・特産直売所:8時~17時 ・レストラン(食堂):9時~14時 ●駐車場・トイレ・公衆電話などは24時間ご利用いただけます。



そこからすぐに看板が見えますのでその通りに歩いて行くだけです。
DSC00054.JPG

道の駅から下って行きます。


DSC00059.JPG

このように案内版があるので進んで行きましょう。


この辺の地域は事情は実に面白い
DSC00086.JPG

ここは栃木県ですがすぐ群馬県と埼玉県があり、どうなってるの?

DSC00064.JPG

もうすぐですね。


DSC00068.JPG

三県境ポイントが見えてきましたね。


これが三県境です!
DSC00070.JPG

3県を瞬間的に移動出来る唯一のスポット!


DSC00071.JPG

元はただの田んぼにポイントがあったのだが、3県が力を合わせ
2016年に整備が完了し、このような状態になり観光スポットとなったようです。


DSC00073.JPG

手書きの説明書きがまたなんとも言えない味を醸し出してます。


DSC00074.JPG

これが証拠ですね。


DSC00080.JPG

スマホ用に撮影台もあるでよ~


DSC00083.JPG

3県境に行った証としてスタンプがあるので押して持ち帰りましょう!


確かに観光スポットとしての規模は小さいですが、貴重なポイントであるのは確か。
今回は道の駅から行く方法なので一番分かりやすい様な気がします。
気が向いたら訪れてみると良いかもしれません。


2018年11月23日

栃木県最南端の町。野木町。
まだ栃木特派員記事としては登場してないですね。


と言うことで野木町にある有名な煉瓦壷。
野木ホフマン館に行ってみました。


国指定重要文化財の野木町煉瓦窯

DSC09998.JPG

この煉瓦壷はホフマン式円形輪窯と呼ばれ19世紀半ばに開発し特許を得た赤煉瓦焼成用の窯で旧下野煉化製造会社の工場の一部。野木町煉瓦窯は16区画の窯を順次循環移動しながら、窯詰め・予熱・焼成・冷却・窯出しを繰り返し大量生産に適しています。昭和26年には全国で57基ありましたが、現在は4基のみです。


野木ホフマン館
DSC09922.JPG

こちらから入館です。
見学料は100円です。


DSC00001.JPG

安全のため、ヘルメットの着用が義務付けられてますので、着用して見学です。
また、定期時間で無料ガイドもありますのでより詳しく知りたい方は利用しましょう。


ホフマン式円形輪窯

DSC09988.JPG

巨大な円形の煉瓦壷。明治時代にはこれが57基もあったなんて信じられません。
ホフマンという名前で何となく想像付くと思いますが、ドイツ人のフリードリヒ=ホフマンが開発し、特許を得た赤煉瓦焼成用の輪壷のようです。
赤煉瓦の建造物は全国に結構残ってますね。
東京駅や赤煉瓦倉庫など。。


DSC09941.JPG

見学コースがあり中へ入れるようになってます。
ヘルメット着用はそのためですね。

中は明かりで見えるようになってました。
DSC09946.JPG

出来上がった煉瓦の搬出場のようです。
また入口に見える風穴は空気を取り込む役目がある。
要件が終われば煉瓦と泥で塞いでいたようです。


DSC09952.JPG

一回部分は筋交いで補強されてます。
煉瓦の建造物なので、やはり補強なしでは残すのは不可能。
度重なる修繕を行っていると思われます。


DSC09958.JPG

焚き口〔ロストル〕の様子です。
薪を使用して点火させていた模様です。


ここから2Fに上がります。
DSC09959.JPG

意外にも2層立体構造になってます。


DSC09964.JPG

ここが2Fですね。


壷上部と投炭孔の様子。
DSC09966.JPG

ぐるっと一周このようになってます。
主にこの壷上部から粉炭を投入し、各2壷ずつ焼成していた模様。
それが各工程が円を描くように焼成、乾燥、余熱、煙はダンパーを設け、煙突から排出される仕組みとなっていた。

DSC09972.JPG

この煙突から外観で分かるあの煙突から煙を排出していたようです。

DSC00012.JPG

見応えがありますね。
貴重な近代化遺産として今後も残っていくと思われます。
またこの施設手作りピザ体験なども行っているようなので楽しめると思われます。
是非、訪問してみてください。

●野木町煉瓦壷・野木ホフマン館
栃木県野木町野木3324-10
営業時間
【野木町煉瓦窯】09:00~17:00
【野木ホフマン館】 (4月~9月)09:00~21:00 / (10月~3月)09:00~20:00
定休日 月曜日 12/29~1/3
※定休日が祝日の場合は営業
※祝日営業の場合は翌日休み
http://www.town.nogi.lg.jp/page/page001120.html


2018年11月11日
2018年11月10日
2018年11月 4日
2018年10月31日
2018年10月21日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■栃木県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 栃木特派員

    栃木特派員
    KEY
    生まれも育ちも栃木県。
    栃木の魅力が少しでも伝えられたらと始めたコアな個人ブログでの執筆経験がありますが、さらに自分の可能性を広げる為、栃木県の特派員として活動する事にしました。
    拙い内容かも知れませんが宜しくお願いします。
    そのもう一つの顔・・それは→こちら DISQUS ID @disqus_FmopRPGkTe

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集