海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/栃木特派員ブログ

日本国内/栃木特派員ブログ KEY

日本国内・栃木特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは
栃木特派員のKEYです。


8月中はお盆休みと言うことで暫く国内旅行を堪能しておりました。
折角なので、その時の様子をご紹介。


岐阜県高山市奥飛騨にある
新穂高ロープウェイ
鍋平高原駅
DSC04689.JPG

天気がとても良く観光客で混雑してました。
有料駐車場も完備しているので比較的訪れやすい観光スポットかと思います。
この辺りには奥飛騨温泉郷となっているので露天風呂なども楽しめる自然豊かで楽しめると思います。
この写真は第一ロープウエイ乗り場になります。


しらかば平駅
DSC04606.JPG

そしてこれが第二ロープウエイ乗り場

DSC04677.JPG

周辺は足湯や各施設等あり、楽しめるようになっております。


DSC04668.JPG

そしてこのロープウエイが必見。
日本唯一の二階建てで120名が乗車できる最大級のゴンドラになってます。
このゴンドラに乗り標高2156mの世界へ


目の前に広がる雄大な自然
DSC04624.JPG

これが標高2,156mの西穂高口駅屋上にある展望台。
「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に二つ星として掲載された大パノラマ。
気温は19℃でしたが日差しが強く半袖でも問題なかったです。
勿論お土産も充実で、品数も豊富で観光にもピッタリです。


DSC04656.JPG

↑パノラマ撮影してみました。


DSC04648.JPG

物凄い人だかりで人気があるのが分かりますね。
頂上で頂くアイスは絶品です!

とても楽しい思い出になりました!


新穂高ロープウェイ
 

〒506-1421
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高
0578-89-2252


料金
第1・第2ロープウェイ連絡
(新穂高温泉~西穂高口)
大人 片道1,600円 往復2,900円
小人 片道800円 往復1,450円
荷物券※ 片道300円 往復600円


2019年8月16日

栃木県さくら市
元々さくら市は旧氏家町と旧喜連川町の合併によりさくら市となりました。


今回はおすすめするのは氏家うどんです。

さくら市氏家地区は、知られざる小麦の産地です。生産農家が丹精込めて栽培した「イワイノダイチ」は適度に粘り、固すぎず、やわらかすぎず、うどんに適した中力粉となります。 氏家商工会は、さくら市・JAしおのや様のご協力をいただきながら、安全・安心・良質な地場産小麦を使用した「氏家うどん」を活用して地産地消キャンペーンを展開しています。

最近うどんを白くする傾向がある中で、地粉で打った「氏家うどん」は本来の小麦の持つ独特の色合いと香り、食べれば食べるほどに感じる素朴さが特徴の田舎風うどんです。「氏家うどん」を食べてみると、何か懐かしさを感じ、きっと頬が緩みます。ぜひ、ご賞味下さい。
http://ujiie-shokokai.or.jp/ujiie-udon/

氏家うどんの定義、商品の品質基準、商標の使用基準に関しては、
①さくら市地場産小麦粉を5 割以上使用すること
②さくら市内で製造されたものであること
③手打ち、手打ち式(風)のものであること
となっております。


その氏家うどんを頂ける
御食事処 勝山さんです。
DSC04328.JPG

看板にも氏家うどんとありますね。
入店すると手打ちの麺打ち場があり、正真正銘の手打ちのうどんが頂けます。


DSC04330.JPG

メニューは沢山ありますが迷った末
お得定食!
DSC04334.JPG

色々セットが付く盛り沢山でお得です。


氏家うどん
DSC04336.JPG

イワイノダイチを使用した氏家うどん。
色調やや灰分が高めの香り高いうどんであり平打ちでひらひらした形状で登場です。


DSC04338.JPG

食べてみるとヒラヒラの形状からは想像できない強いコシ!
がっしりと食べ応えがあるうどんになっており、これはかなりの拘りがあって作られたのが伝わってきます。
色調と言いこれは個性溢れるうどんですね!


氏家うどんが気になった方は是非!
さくら市に足を運んでください!


取り扱い店MAP
http://ujiie-shokokai.or.jp/ujiie-udon/udon-map/


●御食事処 勝山

所在地 さくら市氏家1200-3

駐車場 10台

電話番号 028-682-3271

営業時間 11:30~20:00

定休日 水曜日

席数 30席

http://ujiie-shokokai.or.jp/ujiie-udon/udon-map/katsuyama/


アクセス
東北本線(宇都宮線)JR氏家駅から2,176m
JR氏家駅から車で5分程度です。


2019年7月27日

今や栃木県のラーメンはブームの影響もあり、グローバルに沢山の人が訪れるようになりました。
しかし、初めは東京の人に栃木県のラーメン屋と言っても??
何も知られてなかったのが現実です。


そんな栃木県のラーメンでしたが、栃木の名を知らしめたラーメン屋さんがあります。
それは自然派ラーメン花の季さんです。
DSC04258.JPG

栃木県ではまだ醤油ラーメンが一般的だった時代に先駆けて、九州や和歌山の豚骨styleを取り入れ、出汁を提供直前に合わせるダブルスープを考案したそうです。


そして都内イベントつけ麺博に度々参加し、栃木県の名を全国知らしめた功績は大きい。
(当時は栃木県で参加する店はなかった)

DSC04260.JPG

バカうまラーメンが通常メニューでデフォルト。
DSC08316.jpg

サイズも大きくボリュームたっぷりで、やはり初めての方はこれを頼むと思います。
ですが今回は違う方向から発信したいのです。


DSC04265.JPG

店創りから拘りが伝わってきます。
DSC04269.JPG

土からテーブルまで
自らが畑で野菜を作り、そして小麦を自家栽培までもしているのです。
つまり素材が持つ本当の味を提供してるのです。


夏野菜のリゾット
DSC04267.JPG

黒板メニューでその野菜を堪能。


期間限定
江戸つけ麺
DSC04273.JPG

まるで蕎麦の様な見た目ですがつけ麺です。
太めの風味豊かでもちもち感のある麺と濃厚なつけ汁。
割りスープはなんと麦茶!これが合うんです。


DSC04274.JPG

花の季さんの限定は季節により変わるのです。
自らが土からテーブルまでをコンセプトとして提供することにより、その旬を最大限に生かしたラーメンを提供してるんですね。
正にラーメン屋さんのパイオニア!
一度だけでは花の季さんの凄さは分からない。
季節を通じて訪れてみると全国で見ても指折りである事が分かるかもしれません。


前回記事にしたこの近くにある
うつのみやろまんちっく村とセットで訪れると更に満足度が上がる事間違いなし!
https://tokuhain.arukikata.co.jp/tochigi/2019/07/post_76.html

●自然派ラーメン花の季 本店
〒321-2118
栃木県宇都宮市新里町丁1606−13
11:00~20:30(水~土)
11:00~20:00(日)
定休日 月・火
TEL 028-665-5517
http://www.bakaumaramenhananoki.com/


2019年7月20日
2019年7月14日
2019年7月 7日
2019年6月26日
2019年6月26日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■栃木県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 栃木特派員

    栃木特派員
    KEY
    生まれも育ちも栃木県。
    栃木の魅力が少しでも伝えられたらと始めたコアな個人ブログでの執筆経験がありますが、さらに自分の可能性を広げる為、栃木県の特派員として活動する事にしました。
    拙い内容かも知れませんが宜しくお願いします。
    そのもう一つの顔・・それは→こちら DISQUS ID @disqus_FmopRPGkTe

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集