海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 徳島特派員ブログ > 古代蓮に遠い昔の想いを馳せる

日本国内/徳島特派員ブログ かおり

日本国内・徳島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月21日

古代蓮に遠い昔の想いを馳せる


メール プリント もっと見る

古代蓮に遠い昔の想いを馳せる

こんにちは、徳島特派員のかおりです。

徳島県は蓮根の収穫量全国第2位を誇ります。
この時期、鳴門市や松茂町の蓮根畑には、蓮の花が美しく咲いています。

先日、見に行った蓮は、大賀ハスという、縄文時代に咲いていた古代の蓮の実から発芽・開花したものです。
植物学者の大賀一郎氏が発掘したところから、名前がつけられました。
徳島へは、私の実家である島根県の、荒神谷史跡公園から移植されたというのが心魅かれました。

場所は、鳴門市の島田島というところで、島ではありますが、道路でつながっていますので車で行くことができます。

この看板を目印に進んで下さい。
DSC_0011.JPG


2か所の田んぼに行って撮影しました。

1つ目はこちら。
たくさん咲いており、カメラマンも大勢いました。
DSC_0001.JPG

DSC_0071.JPG

DSC_0005.JPG

DSC_0006.JPG

DSC_0042.JPG


2つ目の田んぼはこちら。
花の数は少なかったですが、橋を通って先まで行くことができます。
DSC_0020.JPG

DSC_0023.JPG


1つ目と2つ目の田んぼは車で2~3分しか離れていません。
早朝6時~10時頃がおすすめの時間帯で、11時ぐらいになると花が閉じていきます。
8月上旬ぐらいまでは咲いているようです。

蓮池にはカエルやアメンボがたくさんいますので、生き物好きなお子さんは観察できます。
我が子は、上の写真のように蓮の葉に溜まった水滴を、隣りの葉に移していくという遊びをずっとやっておりました。

皆様、よい週末をお過ごし下さい。


島田島の古代蓮 URL:http://kodaihasu.org/
2つ目の田んぼの住所 鳴門市瀬戸町大島田田尻41

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2017年7月21日
« 前の記事「7/24は「とくしま藍の日」です」へ
»次の記事「ファミリーは必ず行く、あすたむらんど徳島」 へ
おすすめ記事
    徳島特派員 新着記事
    徳島のさつまいも、鳴門金時を収穫!
    秋の阿波おどりを見に行ってきました
    ひょうたん島周遊船でプチクルーズしよう!
    子供も楽しい、ボートレース鳴門
    11/11・12 大谷焼窯まつりが行われます
    徳島でみかん狩りしませんか?
    徳島の柑橘「ゆこう」知っていますか?
    稲刈り体験ができる、田んぼの食卓2017

    四国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■徳島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 徳島特派員

      徳島特派員
      かおり
      夫の転勤により大阪→埼玉→大阪で生活し、2015年4月より徳島在住。小学生の息子と3人暮らし。趣味は、旅行・写真。活動は休業中だが、日本茶インストラクターの資格を持つ。子供と一緒に楽しめる徳島の場所を紹介していきます。
      Blog:子供遊び DISQUS ID @disqus_LT4UDo3c6c

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集