海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/東京特派員ブログ

日本国内/東京特派員ブログ marie さん

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

008_001.jpg みなさんこんにちは、東京特派員のmarieです。
東京都では、2021年4月25日から5月11日まで緊急事態措置が取られています。飲食店の営業も一定の制限がかかっているため、食事の持ち帰りやデリバリー、また自炊の機会が増えた方も多いのではないでしょうか。
私もいわゆる「おうちごはん」のシーンが格段に多くなったことで、ちょっと手間のかかるレシピに挑戦することも増えてきました。
今日のレポートは東京のお出かけ情報をひと休みして、わが家の自炊メニューの一例を紹介したいと思います。



春の食材「筍」



今回お届けするテーマは、筍。ボイルなど、何かしらの加工がされた筍は一年中手に入りますが、この時期に味わいたいのが「生の筍」です。
近年は都内のスーパーマーケットで見かけることも多いですね。食感もよくおいしい食材ですが、下処理に手間がかかるのが難点でもあります。
下処理に必要な材料はそれほど多くありませんが、アク抜きのためのゆで時間、そして冷めるまで寝かせたりといった工程もあるので、時間に余裕があるときに楽しみながら作ってみてはいかがでしょうか。




下処理に必要な材料



筍のアク抜きに必要な材料です。

米ぬか


赤唐辛子


筍がしっかり入るサイズの鍋

スーパーマーケットによっては筍と同じ売り場で米ぬかが販売されていることも多いです。また、筍とともにひと握りくらいの米ぬかをオマケのようにつけて販売されていることもあるので、そういったセットを選んでみるのもよいかと思います。
008_002.jpg




筍の下処理



基本的な行程は、以下のような流れになります。

1. 皮を数枚はがし、先端を斜めに切り落とす
2. 切り落とした部分に、切り込みを入れる
3. 鍋に筍、米ぬか、唐辛子を入れ、浸るくらいに水を加えてゆでる
4. ゆで汁ごと冷ます

下処理の詳しい方法については、食品メーカーや料理人の方のレシピなど、参考になるアク抜き方法がたくさん公開されています。本格的なやり方から簡単なバージョンまでいろいろなレシピがありますので、ぜひお好みのゆで方を見つけてみてください。

008_004.jpg


参考まで、冒頭に掲載した写真の筍は約2kgのものでずっしりと存在感がありました。
実は、手持ちの最大サイズの鍋におさまらず、やむをえず一部をカットしてゆでました。下に写真を掲載しましたが、アク抜き後に皮など余分なものを取ったあとに計ると約950gでした。
大きいから大味になるかなと心配しながらのアク抜きでしたが、できあがってみると下の方までサクサクと食感がよかったです。さすが、旬のものは違いますね!
※お皿の直径は25cm


008_003.jpg



筍で何作る?わが家の例



筍といえば、やはり王道は「若竹煮」。ワカメのおいしさと相まって筍のよさが堪能できる一品です。残念ながら木の芽が手に入らなかったものの、カイワレ大根やハーブを飾ったら映えるかもしれません。


008_006.jpg



また、こちらはえびやキクラゲ、卵と炒めてみた一品。オイスターソースともよく合うのでこういった中華風メニューもおすすめです。
008_005.jpg

ほかにも、筍と鶏肉でスープなどを作ってみました。いずれも主役の筍がおいしいこともあって味わいあるおうちごはんとなりました。


しっかりアク抜きができた筍は、ふんわりと甘い香り漂うまさに春の味! アク抜き後にそのまま味見してみたのですが、食感もよく下処理の苦労が吹っ飛ぶ風味でした。
ぜひ機会があれば試してみてはいかがでしょうか☺︎
008_001.jpg




2021年4月26日

007_002.jpg
皆さんこんにちは。東京特派員のmarieです。
2021年4月に入った頃、日比谷公園を通ると西側エリアでネモフィラ畑に遭遇しました。
こちらのネモフィラの見頃は4月中旬頃からと聞いていたのですが、今年は暖かかったせいか開花が早かったようです。
日比谷公園の風物詩のひとつとも言えるネモフィラですが、東京都では4月12日から「新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置」がとられてることもあり、見学を見送った方もいらっしゃるかもしれませんね。開花が早いぶん終わりを迎えるのも早いようなので、現在の開花状況とは異なりますが、少々前の時期のネモフィラの様子をシェアしようと思います。




日比谷公園のネモフィラ



淡いブルーのような、薄い紫のような、とても繊細な色を見せてくれるネモフィラたち。
全体を見渡してみると「青い絨毯」とも形容されることが多いことに納得の光景です。
007_001.jpg




春らしく爽やかな印象のこのネモフィラ、クローズアップしてみても一本一本が儚げでかわいらしいですね。


007_002.jpg

次年度の開花の頃は、コロナ禍が収まっていることを願うばかりです。



公園利用時の注意



ウェブサイトに、公園を利用するときに気をつけたい項目が掲載されていましたので引用させていただきます。

■ マスクなど咳エチットを忘れずに
■ 混み合う場所・時間を避けてご利用ください
■ ご利用後はうがい手洗いを忘れずに
■ ソーシャルディスタンスを保ってください

情報引用元サイト:公益財団法人 東京都公園協会




施設情報

■ 日比谷公園
・住所: 東京都千代田区日比谷公園1
・最寄駅: 東京メトロ 丸ノ内線「霞ヶ関」駅/ 日比谷線・千代田線・都営地下鉄三田線「日比谷」駅/ JR「有楽町」駅


2021年4月19日

006_001.jpg



東京、銀座2丁目。
銅板が張られた昔ながらの家屋も点在するこのエリアは、その昔「木挽町」と呼ばれていた趣ある地域です。
この銀座2丁目にそっとたたずんでいる「和」を感じるコーヒースタンド、「BONGEN COFFEE(盆源珈琲)」でテイクアウトをしてみました。
※当記事はお店の許可を得て掲載しています。



こだわりのコーヒー



「BONGEN COFFEE」で味わうことができるのはプレミアムなコーヒー。
世界各国から選び抜かれた豆、そして焙煎方法やミルクなどにもこだわりが詰まっているそう。

006_003.jpg


スイーツやおむすびなどのフードも提供されているので、行くたびに楽しみがあるカフェではないでしょうか。おうち時間が充実しそうな、コーヒー豆の販売もありました。風味の違いをじっくり自宅で味わうのもいいですね。
006_004.jpg



コーヒー × 盆栽



こだわりを感じるコーヒーもさることながら、もうひとつ体感していただきたいのがこちらの「和」な空間。
のれんをくぐって正面に鎮座しているのは、なんと凛とした盆栽です。
お店のGALLERYページにその姿が掲載されていますので、ぜひご覧になってくださいね!

参考:BONGEN COFFEE/GALLERY


「コーヒー × 盆栽」という独特のコラボには思わず目を奪われます。ギャップを感じる組み合わせですが、これが不思議と調和していて店内はとても居心地のいいスペースでした。
余計なものが一切なく、まさに「和」の美しさが凝縮された空間でコーヒーをいただくというこの新体験、なんだかクセになりそうです☺︎

※撮影:2020年12月~2021年1月

006_005.jpg



店舗情報



006_006.jpg
営業時間などの最新情報は店舗の公式ウェブサイトで確認してください。

■BONGEN COFFEE(盆源珈琲)
・住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-16-3
・URL: https://ginza-bongen.jp
・最寄駅: 東京メトロ 東銀座駅 3番出口/新富町駅 1番出口/銀座1丁目駅11番出口/銀座駅A13番出口/築地駅4番出口




2021年4月 7日
2021年4月 3日
2021年3月21日
2021年3月16日
2021年3月14日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京特派員

    東京特派員
    marie さん
    70年代生まれの東京育ち。海外生活を経て日本に帰国してから、住み慣れた東京を半分旅行者の目線で見るようになり町の新たな魅力を再発見しています。 趣味はサイクリングをしながらのお散歩、通称「サンポリング」。変化し続ける東京が見せるさまざまな表情を写真とともにお届けします。 おいしいもの探訪の日常生活や旅行の記録はブログ「うたかたの日々」で発信中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集