海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/東京特派員ブログ

日本国内/東京特派員ブログ よしえ

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

2016年に恵比寿に1店舗目がオープンした俺のBakery&cafe。
待望の2店舗目が10月1日に銀座にオープンしました。

p-1.JPG

場所は中央通りから1本昭和通り側に入った細い道。
ちょうど松屋銀座店の裏手に当たり、店舗名も俺のBakery&cafe 松屋銀座裏店となっています。


1階が焼き立ての食パンが販売されるテイクアウト専門のベーカリー、2階がカフェになっており、ベーカリーは白を基調としたスタイリッシュな雰囲気。
店内には、焼き上がり待ちされるお客様用の椅子も用意されています。


ドミニクサブロンの元統括シェフ・榎本哲氏をアドバイザーに迎え、日本一美味しい食パン作りを目指してスタートした俺のベーカリー。


究極のミルクパンを作りたい!と、試行錯誤して作られた看板商品・俺の生食パンは、北海道産のキタノカオリをメインに国産小麦粉を数種類ブレンドしたオリジナルのブレンド粉と濃厚で甘みのある岩手県産のなかほら牧場の自然放牧牛の脱脂乳を使用し、素材にも徹底的にこだわって作られています。

p-2.JPG

販売価格は2斤サイズで1000円(税込)と、通常の食パンに比べると高価ですが、食べてみるとふんわりとやわらかく、口の中に甘いミルクとバターの風味が広がり、これまで食べたことのある食パンとは全く別物の美味しさです!


生食パンのネーミングのとおり焼かずにそのままふんわりとした食感を楽しみながら召し上がっていただきたい食パンです。

俺の生食パンの他にも松屋銀座裏店限定のパンが3種類。

4種類のチーズとブラックペッパーの風味が効いたワインにもぴったりのクアトロフォルマッジ。
p-4.JPG

アクセントとして宇治抹茶を練りこみ、大納言小豆をふんだんに巻き込んだ大納言。
p-5.JPG

コーヒーのほろ苦いさがしっかりと感じられる大人のコーヒー食パン。
p-3.JPG

いずれも1斤900円(税込)の数量限定で販売されています。

また、10月中旬からは期間限定の黒トリュフが入った贅沢なトリュフ食パンも用意されていますので、ゴージャスな銀座土産としていかがでしょうか。

2階のカフェは、カジュアルな印象ながらゆったりと落ち着いた雰囲気になっています。

p-6.JPG

朝から夜までどの時間帯でも楽しめるトーストやサンドイッチ、なかほら牧場の自然放牧乳を使ったドリンク、自家焙煎のコーヒーなどがメニューに並び、ひとりでもグループでも利用しやすいお店になっています。

お店のお勧めメニューはふんわりとした生食パンに出汁がしっかり効いた厚焼き玉子がサンドされた厚焼きたまごサンドイッチです。

p-7.JPG

手にすると指の後がついてしまいそうなぐらいやわらかなほんのりと甘い食パンにフルフルとやわらかくお出汁の風味が口の中にじゅわん広がる玉子焼き。
パンに塗られたマスタードがピリッと味を引き締めます。

また、オリジナルブレンドのコーヒーは普通のお店の1.5倍はありそうな大きなカップで提供されますが、580円とリーズナブル。
DSC08034.JPG

全体的にお値段がお高めの銀座において、全てのメニューが1000円以下という点も驚きです。
良質の食材を使用した美味しいものを低価格で提供したい俺のBakery&cafeならではのサービスだと思います。

お近くにお寄りの際にはぜひ、お立ち寄りくださいね。


・俺のbakery&café 松屋銀座裏店
住所 東京都中央区銀座3-7-16 銀座NSビル1,2階


2017年11月12日

すっかり秋も本番。
涼しく過ごしやすい秋はお出かけするのにぴったり!
実りの秋というようにぶどう、梨、栗、新米と美味しいものも目白押しの季節です。

そこで、普段、食材をスーパーで買っていらっしゃる皆さまにもお勧めしたいお出かけイベント 太陽のマルシェをご紹介いたします。


太陽のマルシェは、毎月1回(基本的に第2週の土日)勝どきで開催されている日本最大級規模の都市型マルシェとして日本全国のこだわり農家の皆さんの旬の野菜や果物、加工品を直接会話を楽しみながら購入できるマーケットです。

T-1.jpg


都内で開催されるマルシェというと青山ファーマーズマーケットや有楽町の交通会館マルシェが有名ですが、太陽のマルシェは月1度の開催ながら約100店ほどのお店が並び、毎回朝から活気にあふれた賑わいを見せています。

T-2.jpg

特徴的なのは「BBQ&クラフトビール」、「熱中症&夏バテ予防」など毎回テーマがあること。
出店店舗もテーマに合わせて変わるので、何度訪問しても新鮮な楽しさあります。


中には、おなじみの店舗もあり、こちらのカラフルなピクルスが並ぶドレミファームは、ほぼ毎回出店されていて常に賑わいを見せています。

T-3.jpg

ドレミファームのピクルスは合成着色料は一切使用せず、野菜本来の色を生かしたもの。
色とりどりの美しいピクルスは食べるのがもったいなくなってしまいそうですよね。
3点まとめ買いすると少しお買い得になるので自分用だけではなくプレゼント用に購入するのもお勧めです。


野菜や果物は自ら「取ってきました!」と、おっしゃる生産者さんが直接販売されているお店も多いので、野菜や果物の育成中のお話はもちろん、保存方法や美味しい食べ方も教えていただけます。


また、試食が多いのも太陽のマルシェの特徴かもしれません。
地方の名産品なども多く出品されているので初めて食べてみるものも多く、そして、どれもが美味しいのでついつい買いすぎてしまいそうになるので注意が必要でもあります(笑)


今回、とてもお買い得だった小さめサイズのニンニクですが、「買いたいけれど使い切れないかも」と、お伝えすると、長持ちする保存方法を教えて下さいました。
更に保存食レシピをいただくこともできました。

T-4.jpg

「(使い切れない)と、思って、レシピも付けておいたの」と、おっしゃっていましたが、直接このようなやり取りができるのもマルシェならではの楽しみですよね。


品数豊富な朝早めの時間に行くのがお勧めですが、午後を過ぎるとお買い得になる商品もちらほらと出てきます。


こちらのお店では、新鮮なお野菜が3点で500円!

T-5.jpg

新鮮なのにスーパーよりもお買い得になってしまっているので、もう大賑わい!
私も購入しましたが、あっという間に完売になっていました。


オーガニックの野菜や果物、パンやお菓子にこだわりの調味料。
その他、キッチンカーも多数出店されているので、ご家族で訪問されても楽しめると思います。

直接、生産者さんとふれあう機会が持てる太陽のマルシェ。
是非、機会がありましたらお出かけなさってみてくださいね。


太陽のマルシェ
中央区勝どき1-9-8 月島第二児童公園 
毎月第2土日開催(ただし、8月はお休み)  
営業時間 10:00~17:00(10~ 3 月~16:00)


2017年10月26日

皆さま、はじめまして。
この度、「地球の歩き方」東京特派員ブログを担当することになりましたよしえです。
充分体力の衰えを感じる大人すぎる東京在住の会社員ですが、胃袋パワーは衰えることなく、分相応の美味しいものを探して日々過ごしております。


これからこちらの特派員ブログで毎日がちょっとうれしく楽しくなるような美味しいモノやお出かけ場所をお伝えしていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


さて、秋も本番!
旬の美味しいものがたくさんある季節ですよね。シーズンの短い栗も今が一番美味しい時です。


今回は、出来立ての和栗のモンブランがいただけるパティスリー&カフェをご紹介したいと思います。
場所は、国家中枢機能が集まる永田町。カフェというイメージが浮かびにくいのですが、グランドプリンスホテル赤坂跡地に2016年にオープンした東京ガーデンテラス紀尾井の4階にそのお店「ラ・プレシューズ」があるのです。


P-1.JPG


ガラス張りの解放感溢れる店内は、正面入口に構えるショーケース。
そして奥には広々としたシックなインテリアのカフェスペースが広がりとても落ち着いた雰囲気でティータイムを楽しむことができます。


P-2.JPG

平日は8時から営業しておりモーニングやランチメニューも頂けますが、やはりパティスリーですので、繊細なケーキがいただけるケーキセット(提供時間は11時半から20時)がお勧めです。
その中でも一番お勧めしたいのが今回ご紹介する和栗のモンブラン!


P-3.JPG


9月からその年の新栗が使用される和栗のモンブランは、コロンとしたフォルムで少し大きめサイズ。


P-4.JPG

和栗のモンブランは、生クリームやバターなどの脂肪分を加えずに砂糖だけで練り上げられたマロンペーストをオーダーが入るごとに絞って作り上げられるので、ほっこりとした栗独特の食感と香りがとてもよく感じられます。

P-5.JPG

洋風でありながらもどことなく和の栗きんとんを思わせる味わいのマロンペーストの下には、栗の素朴な甘さが引き立つ無糖の生クリーム。作りたてなので土台に敷かれているメレンゲもサクサク。


毎年、9月になるのが待ち遠しいファンも多い人気の一品ですが、新栗でスタートしたばかりの9月初旬よりも秋が深まるにつれ徐々に栗の味が濃厚になり味わいに変化が見られるのも旬の素材ならではの楽しさです。


東京ガーデンテラス紀尾井町には敷地内の各所に時と人と緑をつなぐアートが配置されています。ラ・プレシューズの向かい側「水の広場」には配置されているのは大空を仰ぐ白い大きな鹿の彫刻。

P-6.JPG

古来より「神使」として信仰を支えるイメージを持つ鹿の剥製を3Dスキャンし彫刻として制作したそうです。


美味しいモンブランで食欲の秋、アート見学で芸術の秋。
東京ガーデンテラス紀尾井町で秋を満喫なさってみてくださいね。


【カフェ情報】
ラ・プレシューズ 紀尾井町店
住所:東京都千代田区紀尾井町1-2 東京ガーデンテラス紀尾井町4F
電話: 03-6268-9755
営業時間:月~土曜日 8:00~21:00 / 日曜日 8:00~20:00


2017年10月12日
2013年5月28日
2013年5月 6日
2013年5月 1日
2013年4月25日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北杜・山梨北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京特派員

    東京特派員
    よしえ
    美味しいものが大好きで空腹時以外はいつもゴキゲンな都内在住の会社員。甘いものとお肉をこよなく愛しているけれど、美味しいものを美味しく食べるには健康第一!と、医食同源をモットーに薬膳コンシェルジュの資格も取得。美味しい口福を求めて日々、街とネットを探検しつつ、ブログ「そんな毎日、こんな毎日」で美味しい楽しい毎日を発信中。ご連絡は<こちらにお願いいたします。 DISQUS ID @disqus_czLuVUwsYn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集