海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/東京特派員ブログ

日本国内/東京特派員ブログ marie さん

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

026_01.jpg

隅田川に架かる橋の中でも知名度が高い橋のひとつ、「勝鬨橋(かちどきばし)」。
1940(昭和15)年に開通し、2007年には国の重要文化財にも指定された国内で一番大きな跳開橋です。

※ 2021年9月現在、東京都では新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態措置がとられています。お出かけの際は、東京都のウェブサイトを確認いただき、地域のルールに沿った行動をお願いいたします。
https://www.metro.tokyo.lg.jp


国内最大の跳開橋

026_04.jpg

隅田川の下流に架かる「勝鬨橋」は、万国博覧会におけるメインゲートとしての役割のために架けられました。橋の長さは246mで、中央区の勝どきと築地を結んでいます。
※ 万国博覧会は戦争が激しくなったことを受けて中止となりました。

日本最大の跳開橋として注目を集めた「勝鬨橋」ですが、隅田川を走る船の減少や自動車の交通量の増加といった理由で、昭和45年の11月29日をもって橋の開閉は最後となっています。
中央部分が跳開する「勝鬨橋」の迫力ある姿を一度見てみたかったですね。

※ 参考:東京都建設局ウェブサイト


跳開されていた時代の名残り

当時最先端の技術を用いて造られた「勝鬨橋」は、2007年に国の重要文化財に指定されました。
現在可動することがない橋ではありますが、橋を渡ってみると当時の名残りを見つけることができます。下の写真に写っている信号機で、通行者や船舶に橋の跳開を告げていたのでしょうね。

026_02.jpg


「勝鬨橋」は、ドラマやコマーシャルにも登場する機会が多い橋のひとつです。橋のすぐ側にあり名所のひとつだった「築地市場」は江東区の豊洲に移転したものの、通勤通学、そして人々の生活の足として日々活躍している橋です。橋を渡る際にちょっと目線を低くしてみると、遊び心ある空間からお隣に架かる橋の風景も見られますよ☺︎

026_03.jpg
※ 「勝鬨橋」から眺める「豊洲大橋」



アクセス



■ 勝鬨橋(かちどきばし)
・住所: 東京都中央区勝どき1丁目13番/築地6丁目19番

※ 参考: 中央区ウェブサイト

026_05.jpg


2021年9月15日
025_01.jpg

皆さんこんにちは、東京特派員のmarieです。9月も半ばに差しかかり、気候的に過ごしやすい日が多くなってきましたね。さて本日は、一瞬で気分転換ができそうな海辺の絶景ポイントを紹介します。

※ 2021年9月現在、東京都では新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態措置がとられています。お出かけの際は、東京都のウェブサイトを確認いただき、地域のルールに沿った行動をお願いいたします。
https://www.metro.tokyo.lg.jp

「富士見橋」の前に広がるパノラマビュー!

江東区の東雲運河にかかっている「富士見(ふじみ)橋」。長さは200m少々で、豊洲6丁目と有明2丁目を結んでいます。
【参考】
https://www.city.koto.lg.jp/470208/machizukuri/dorohashi/hashiichiran/todokyo/17264.html

「富士見橋」自体は特別な装飾が施されているタイプの橋ではありませんが、この橋からみる風景は格別なもの。目の前には穏やかな水面がたゆたい、広い空を感じることができます。雲の動きや太陽の木漏れ日を眺めていると、ちょっと気持ちがリセットされるような感覚になりますね。

025_02.jpg

ここからはレインボーブリッジも目にすることができるので、ぐるっと180度のパノラマビューが楽しめるスポットです。

025_04.jpg

私がここを訪れる際は雲が多いタイミングが多いのですが、日によっては橋の名前のように富士山が見えるのかもしれません。秋の空に富士山が見える日があれば、また当ブログでお伝えしたいと思います。


最寄駅はゆりかもめの2駅

橋の最寄駅は、ゆりかもめの「有明テニスの森」駅、または「市場前」駅となります。どちらの駅からも徒歩の場合は約10分少々かかるため、ウオーキングや散歩の感覚で訪れるのもいいかと思います。また、レンタルサイクルなどを利用するのも便利ですね。橋の一端には「豊洲市場」や開放感のある「豊洲ぐるり公園」があり、東京の名所と海辺の風景の両方が楽しめるロケーションとなっています。

025_05.jpg


アクセス

■ 富士見橋
・住所: 東京都江東区豊洲6丁目/江東区有明2丁目
・最寄駅: ゆりかもめ線有明テニスの森/市場前駅


025_03.jpg


2021年9月12日
024__01.jpg

東京、中央区を走る八重洲通りを通って隅田川に架かる「中央大橋」。「A」の文字に見えるラインが印象的な、デザイン性の高い斜張橋です。隅田川の流れを見つめる、フランスから贈られた友好のブロンズ像「メッセンジャー」の姿もお見逃しなく!

※ 2021年8月現在、東京都では新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態措置がとられています。お出かけの際は、東京都のウェブサイトを確認いただき、地域のルールに沿った行動をお願いいたします。
https://www.metro.tokyo.lg.jp


ウォーターフロントのシンボル

「中央大橋」は、平成の時代に入ってから隅田川において最初にできた橋です。キリッとした表情で中央区の新川と佃を結んでいるその姿は、周辺のウォーターフロントのシンボルとなっています。
アルファベットの「A」のような形をした主塔のデザインは、兜の飾りをイメージしたものだそう。この辺りが「兜島」と呼ばれたことに由来しているとのことで、町の歴史を感じます。

024__02.jpg
※ 参考: 東京都建設局ウェブサイト 



「中央大橋」から見る隅田川周辺の風景
この橋は「永代橋」「佃大橋」の間に架かる約210mの斜張橋です。橋からの風景をのぞいてみましょう。
上流に見えるのが「永代橋」。その後ろにはスカイツリーの姿も目にすることができます。

024__03.jpg

時折水上バスが走るので、川面の変化も楽しめます。

024__04.jpg

こちらが下流に広がる隅田川の風景です。少し距離がありますが、奥に見える橋が以前このブログでもお伝えした「佃大橋」です。
024__05.jpg

そして右前方には「湊(みなと)公園」からもアクセスできる隅田川テラスが見えます。隅田川テラスからも「中央大橋」の全体がきれいに見えますよ。

024__06.jpg



パリからの贈り物「メッセンジャー」像

隅田川は、1989年にフランス・パリのセーヌ川と姉妹河川になりました。この友好河川提携の記念にパリの市長から「メッセンジャー(Le Messager)」像が贈られたとのことです。

両都市と両河川をつなぐ友好を記念して、パリ市は東京都へオシップ・ザッキン作「メッセンジャー」を寄贈する。

92年10月27日 東京にて
ジャック・シラク

※ 現地案内板より引用


像が置かれているのはちょうど橋の中央(上流側)あたり。橋の上からは後ろ姿が見られます。どんな表情で隅田川を見つめているのか、気になってしまいますね☺︎

024_07.jpg



アクセス

■ 中央大橋
・ 住所: 東京都中央区新川2丁目/中央区佃1丁目
・ 最寄駅: JR京葉線・東京メトロ日比谷線八丁堀駅/都営大江戸線 ・ 東京メトロ有楽町線月島駅

024__08.jpg




2021年8月31日
2021年8月26日
2021年8月25日
2021年8月 2日
2021年7月30日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京特派員

    東京特派員
    marie さん
    70年代生まれの東京育ち。海外生活を経て日本に帰国してから、住み慣れた東京を半分旅行者の目線で見るようになり町の新たな魅力を再発見しています。 趣味はサイクリングをしながらのお散歩、通称「サンポリング」。変化し続ける東京が見せるさまざまな表情を写真とともにお届けします。 おいしいもの探訪の日常生活や旅行の記録はブログ「うたかたの日々」で発信中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集