海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 江戸東京博物館(墨田区/両国)

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年1月19日

江戸東京博物館(墨田区/両国)


江戸東京博物館(墨田区/両国)

e1.JPG

東京の原点を知るならここへ行け。


江戸東京博物館


外資系に勤めている友人が、外国人の社員さんを連れて行ったところ
かなり評判が良かったということだったので、
この度、ようやく私も訪れてみました。

東京の歴史や文化に詳しいと、


なお面白い場所


そんな感想を持ちました。

江戸東京に関する展示品は盛りだくさんで、見応え十分。

e2.JPG

↑当時の日本橋を再現したもの。
展示会場に入るとドーンと橋が現れて、なかなかの絶景でした。


e3.JPG

↑時代劇でも見かける人を運ぶ籠。
これは実際に乗ることもできるようになっていますが、


誰も運んではくれません


座って待ってても動きませんから、
速やかに降りましょう。


e4.JPG

↑これもまた、時代劇で見かける道具。
今までは中に水を入れて運ぶ道具だと思っていたんですが、
展示品の説明を読んでみると・・・


”肥溜め”なんですって


展示品には砂が入っておりまして、
自分で担げるようにもなっています。

そう言われても・・・


ためらってしまうのはなぜ? ( ̄▽ ̄|||)


今後、テレビで時代劇を見る度に、
気になってしまいそうな予感・・・。


e5.JPG

↑毎度ボケててすみませんが、これは江戸の東京には欠かせないもの。

「江戸町火消」と呼ばれていた消防組織の人たちが、
火事があると必ず持ってくる纏(まとい)です。

これもまた、時代劇でよく見かけます。

当時、消防組織は「い」「ろ」「は」・・・の各組に分かれていまして、
この纏は「す組」のものだそうです。
「す組」は今で言う、中央区築地付近の担当。

1718年より設けられている「江戸町火消」の伝統は、
今もなお残っているそうです。


火事と喧嘩は江戸の華


そのせいでしょうか・・・

最近は多少減ってきたようにも思いますけど、
今でも私の家の近所のおじさん達は、たとえお風呂に入っていたとしても、
消防車のサイレンを聞くと外に飛び出てきます。


頭にシャンプーをつけたまま ( ̄▽ ̄|||)


マンガでも見てるのかと思っちゃいますよ、ほんとに・・・(-_-;)

江戸っ子は火事と喧嘩に敏感だという話がありますが、
まんざらウソでもないようですね・・・。(←他人事)

他には、当時を再現したセットなどもありました。


e8.JPG

↑江戸時代の民家。

e9.JPG

↑呉服問屋の模型。
通常はのれんが閉まっているようですが、
決められた時間が来ると、のれんが開くようになっています。
繊細に造られていてお見事でした。

呉服問屋と聞くと・・・


おぬしもワルやのぉ〜〜


そんな言葉しか浮かばない私もどーかなと。


e6.JPG

e7.JPG

↑歌舞伎のお人形。
今にも動き出しそうで本物そっくりです。
日本人が見てもビックリなんだから、
外人さんが見たら喜びそうだな〜なんて思いました。

そして、少しだけ近代化された東京の姿も見ることができます。


e10.JPG

↑昔の公衆電話。昔は「自動電話」だったんですね。
電話をかけているのは身長169cmの私の友人。
電話ボックスの高さを想像下さい。

e11.JPG

e12.JPG

e13.JPG

↑乗り物の展示品もたくさんありました。

実際に乗ることができる展示品は多くあるんですが、
私が一番心に残ったものは・・・

e14.JPG

乗り降りは優雅(ゆうが)にね


この粋な注意書きでしょうか。

観に来る人たちの心を掴んでるなと、
つくづく感心した江戸東京博物館でありました。


e15.JPG

↑あとはお土産なども豊富に揃っていまして
ついつい手が出てしまいそうな商品が多かったです。

17.JPG

↑特にこれが面白かったです。
ハンカチで着物を折ってまして、折り方の説明も書かれてあるので
自分でチャレンジすることもできます。

まだまだ見所は山ほどあるんですが、
写真撮影が禁止だったりする場所もあるので、
興味のある方は足を運んでみてください。


しつこいようですが・・・

e14.JPG

乗り降りは優雅(ゆうが)にね


江戸東京博物館HP
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/index.html

場所:都営地下鉄大江戸線「両国駅」A4出口 徒歩1分、
JR総武線「両国駅」西口 徒歩3分

開館時間:9:30〜17:30、土曜日9:30〜19:30

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合はその翌日) 
※大相撲東京場所開催期間の月曜日は開館

料金:一般600円、65歳以上300円、大学生(専修・各種含む)480円、
高校生・都外中学生300円、小学生・都内中学生以下無料 
※特別展は展覧会により料金を設定。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 見所・観光・定番スポット
2008年1月19日
« 前の記事「両国国技館とお相撲さん(墨田区/両国)」へ
»次の記事「東京に降る雪」 へ
おすすめ記事
    東京特派員 新着記事
    人気店の味が一度に楽しめる稲庭うどんとめし 金子半之助
    ベアバーガーのオーガニックビーフと無農薬野菜のハンバーガー 
    手頃でおすすめ!焼肉ともつ鍋が両方楽しめる情熱ホルモンのよくばり宴会コース
    銀座なのにお手頃!本格四川料理店のボリューム満点の火鍋コース
    ふわふわの生食パンに感激!銀座にオープンした俺のBakery&cafe
    日本全国の美味しいものが盛りだくさん!日本最大規模の都市型マルシェ「太陽のマルシェ」に行ってみよう!
    落ち着いたパティスリー&カフェで楽しむ出来立て和栗のモンブラン
    夏は粋な姿で「屋形船」&お知らせ

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集