海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 真実の口(お台場/ヴィーナスフォート)

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年4月25日

真実の口(お台場/ヴィーナスフォート)


真実の口(お台場/ヴィーナスフォート)

w1.JPG

少しだけ休暇ができたので、ローマを旅してきました。

「真実の口」に手を入れて、キャーキャーはしゃいでみたりして。
悪いことはしていないのに、なぜにドキドキしちゃうのか。

とても不思議な気分です。

それにしても意外と近いローマでした。
ゆりかもめ線であっという間に着きましたからね・・・

って、見え透いたウソはここまでにして、


ここはお台場・ヴィーナスフォート


w2.JPG

「空のフロア」と呼ばれている2Fのエントランスを入り、
花のアーチと「真実の小径」をくぐり抜けると、


”真実の口”にご対面


オードリー・ヘップバーン主演の「ローマの休日」でお馴染みですが、
この”真実の口”は、「日本におけるイタリア2001年」を記念して制作されたそうで、
大理石の完全復刻作品となっており、文化的・芸術的に価値のある作品とのこと。


制作者はイタリアの彫刻家、


アントニオ・カジロ氏


絵心や芸術に疎い私は、この方がどれだけ有名なのかは分かりませんが、
私が思うに、なんかこう・・・


すごい人なんだろうな


って、


そんだけ〜〜〜? ( ̄▽ ̄|||)


美術の授業で5段階中「2」しか取れなかった訳が、
今ようやく判明したような気がします。

そもそもこの”真実の口”は、いったい何に使われていたのか・・・。

高さ約11メートル、重さ約9トン

「マンホールの蓋」や「噴水の装飾の一部」という説があるそうですが、
どっちにしてもでっかい気がするのは私だけでしょうか。

ローマのサンタマリアコスメディン教会に本物があり、
私も実物を見に行ったことがあるんですが、本当に本物と瓜二つ。


さすが、アントニオ


叫ばずにはいられないくらい、
すばらしい出来栄えでございます。


”嘘をついた人が手を入れると噛み付かれる”

こんな怖い伝説がある真実の口ですが、今となってはデートスポット。
恋愛の神様的存在にすら感じます。


★ヴィーナスフォート情報

http://www.venusfort.co.jp/index.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2008年4月25日
« 前の記事「屋形船で花見(隅田川)」へ
»次の記事「原宿のクレープ」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集