海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 浅草 三社祭り

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年5月19日

浅草 三社祭り


浅草 三社祭り

31.JPG

東京の夏の始まりを告げる浅草の三社祭り(浅草神社例大祭)が
今年も開催されました。

その昔、三社祭りは浅草神社と浅草寺が一体となったお祭りでしたが、
明治に入ると神仏分離によって浅草神社は浅草寺と分離。
それ以降は浅草神社の祭りとなり、今に至っているそうです。

祭礼は5/16,17,18の3日間で行われ、四十四町の神輿が浅草寺に集合し、
100基の神輿が浅草周辺に繰り出しました。

100基の神輿が集合する姿を想像してみてください・・・


鼻血がでそうです


それは興奮した私だけかもしれませんが、
いうまでもなく、ど迫力満点です。


33.JPG

42.JPG

↑浅草の町全体がお祭りムード


40.JPG

↑ごく普通に自転車を洗っている子供達ですが、
よく見るとその服装はお祭り衣装。


抜け目なし


さすが浅草っ子でございます。


34.JPG

↑男性が神輿を担ぐ姿はもちろんですが、女性が神輿を担ぐ姿もまた
粋でカッコイイことカッコイイこと。

あちこちで威勢のよい掛け声が響き渡り、


セイヤーッ


ソイヤーッ


うーーりゃっ


はーーっっ!!


って、た〜まりませんね。


41.JPG

↑大人神輿もあれば、

32.JPG

↑かわいらしい子供神輿もあり、大人から子供まで総出で担ぎます。

そして祭りといえば屋台が付きもの。

37.JPG
38.JPG

↑最近は外国の食べ物まで屋台で食べれるんですね〜。
びっくりしました。

今年は”生まれも育ちも浅草”という友達のおかげで、
私も久しぶりに神輿を担がせてもらいました。


やっぱり祭りは最高だ!


肩に青あざを作りながらも、そう思ったのであります。

このお祭りで「担ぎ手が神輿に乗る」というトラブルが続いたため、
今年は残念ながら本社神輿の宮出しが中止となりました。

それでも祭を楽しむ人々の姿をたくさん見ることができたのは、
影で祭りを支えている方々のおかげだなと、つくづく感じた今年の三社祭。

35.JPG

また来年。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2008年5月19日
« 前の記事「原宿のクレープ」へ
»次の記事「表参道・新潟館ネスパス」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集