海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 風鈴作り(江戸風鈴・篠原風鈴本舗)

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年6月15日

風鈴作り(江戸風鈴・篠原風鈴本舗)


風鈴作り(江戸風鈴・篠原風鈴本舗)

fu1.JPG

風鈴が欲しいと思い立ち、風鈴作りに挑戦してみました。

今回お世話になったのはこちら、


江戸風鈴・篠原風鈴本舗


東京都江戸川区の無形文化財保持者、
そして東京都名誉都民の称号を得た職人さんがおられる、
有名な老舗の篠原風鈴本舗です。

ガラスをふーーーーっと吹いてふくらます作業は
テレビや窓越しの見学でしか見たことがなかったので、
実際に吹いて絵付けをする体験コースに参加。


fu2.JPG

↑お店の方にガラスを吹くまでの準備をしてもらい、
長いガラスの棒を渡されて、一気に息を吹き込みます。

ある程度大きくなると、紐を通す穴をあけてもらい、
もう一度吹くことになるんですが・・・

なにせ穴があいてるもので、1回目よりも肺活量が必要です。


ひゅ〜ひゅ〜抜けていきます


思い切って吹いちゃって下さい。

お店の方がちょうど良いと判断したところで吹く作業は終了。
ガラスの熱が冷めるのを待ち、絵付けに移動します。

熱が冷めるまでの間は、お店の中にある商品を見学。


fu3.JPG

↑小ぶりの”すずらん”


fu4.JPG

↑まねき風鈴


fu5.JPG

↑イルカ


fu6.JPG

↑他にも金魚や花、景色などなど、綺麗な絵が描かれた商品がいっぱい。


fu7.JPG

↑ガラスの熱が冷めるとお店の方に呼ばれて絵付けを開始。
右が私の風鈴。左が友達の風鈴。
大きさの違いが手作りを物語っていて良い感じです。

さっそく絵付けをするんですが、ここでビックリしたことが1つ。
この絵は外側ではなく、内側から描くそうです。

という事は、絵の具の筆を丸いガラスの中に入れて絵を書くわけで、
それはそれは、かなり高度な技が必要かと・・・。


ただでさえ絵心のない私と友人


こんな難しい作業をするとどんな事になるのか・・・・


fu8.JPG

↑なにごとですかっ ( ̄▽ ̄|||)


念のために絵の解説を致しますと・・・

右側は友達の作品”太陽と雲とひまわり”の絵。

左側は私の作品”花火”の絵。


幼稚園生もヒクであろう出来栄え


あまりのヘタクソさに


本人たちが一番ビックリしております


fu9.JPG

↑こうして絵付けを終了すると、お店の方に紐を通してもらって完成。
箱に入れてもらって持ち帰ります。

絵はともかくとして・・・

風鈴の音は、チリリ〜ンと個性豊に響き渡り、
My風鈴の出来上がりは大満足で終了いたしました。


”日本の夏”


準備開始です。

あなた様もお一ついかがでしょうか。

【江戸風鈴・篠原風鈴本舗】
http://www.edofurin.com/

○料金
絵付けの体験/料金1個¥1000円(税込)
ガラス吹きと絵付けの体験/料金1個¥1500円(税込)
○交通
都営地下鉄新宿線 瑞江駅北口 徒歩約12分    
○営業日
月曜日〜土曜日(日曜、祭日は休み)
○時間
13時〜18時(時間は相談可)
○TEL(予約が必要です)
03-3670-2512

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2008年6月15日
« 前の記事「鱚(キス)釣り/木更津沖」へ
»次の記事「炭火焼鳥・うきち(江東区/菊川)」 へ
おすすめ記事
    東京特派員 新着記事
    人気店の味が一度に楽しめる稲庭うどんとめし 金子半之助
    ベアバーガーのオーガニックビーフと無農薬野菜のハンバーガー 
    手頃でおすすめ!焼肉ともつ鍋が両方楽しめる情熱ホルモンのよくばり宴会コース
    銀座なのにお手頃!本格四川料理店のボリューム満点の火鍋コース
    ふわふわの生食パンに感激!銀座にオープンした俺のBakery&cafe
    日本全国の美味しいものが盛りだくさん!日本最大規模の都市型マルシェ「太陽のマルシェ」に行ってみよう!
    落ち着いたパティスリー&カフェで楽しむ出来立て和栗のモンブラン
    夏は粋な姿で「屋形船」&お知らせ

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集