海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 東京湾大華火祭2008

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月11日

東京湾大華火祭2008


東京湾大華火祭2008

t01.JPG

残すところ、あとわずかになってきた東京の花火大会。
この週末も東京湾の花火大会が開催されました。


東京湾大華火祭


初回の開催が1988年と歴史は浅いものの
東京を代表とする花火大会の1つです。

都内の花火大会ではなかなかお目にかかれない
尺五寸玉(直径45cm)の巨大な花火を打ち上げることで
話題となっています。

仕掛け花火は廃止になっていましたが、
今年は江戸開府400年記念ということで、
今年限定の仕掛け花火も打ち上げられました。


t03.JPG t04.JPG

↑2箇所の打ち上げ場所から同時に打ち上げられる花火は見応えもあり、
「綺麗だなぁ・・・」と、しみじみ思います。

↑船の上からなので揺れていますが、
動画もとりましたので良かったら見てください。

t02.JPG

↑花火を見るため、お台場のフジテレビ前も見物客で賑わっていました。
去年は71万人の人出となってたそうですが、今年もまた記録を伸ばしたに違いない。

東京湾の花火大会というと、毎年土曜日に開催されると思っていましたが、
今年はなぜか日曜日の開催。

何でだろう?と気になった方も多いかと思いますが、
日ソ中立条約によるソ連進日攻の日が重なったからだそうですよ。

花火大会を開催するのもいろいろと大変なんですね・・・。
といいつつも、個人的には今年の見納め花火を楽しませて頂きました。

暦ではもう立秋。
皆様も残り少ない夏のイベントをお楽しみくださいませ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2008年8月11日
« 前の記事「富岡八幡宮(今年は深川本祭りです)」へ
»次の記事「葛西臨海水族園」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集