海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 神田祭・神幸祭の着輦祭

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年5月13日

神田祭・神幸祭の着輦祭


神田祭・神幸祭の着輦祭

kan1.JPG

少しずつ初夏を感じさせる気候となってきた東京。
現在、夏を待ちきれないかのように盛り上がっている
お祭りが開催しております。


江戸三大祭、日本三大祭りの1つ。


神田祭

東京にはたっくさんのお祭りがありますが、
神田祭は日本を代表するお祭りでもありますので、
どこか別格のような気が致します。


神田祭の行事は6日間ほどあり、
すべてを見に行くのは大変なので、
何か1つでも見ようと思いたち、繰り出したのが「神幸祭」。


”発輦祭(はつれんさい)”の行事を終えると、
3基の宮神輿と山車や武者行列が合流し、
神田、日本橋、秋葉原、大手・丸の内の約30キロメートルを
一日がかりで巡行します。


本来なら、この巡行している姿を見に行くべきだったのでしょうが、
時間と場所のタイミングが合わず、見過ごしてしまいました・・・。


ということで、最終的に到着する神田明神に行けば
何かしら見れると思い立ち、現地へ向かいます。


江戸三大祭を語る際に謳われている、


「神輿深川、山車神田、だだっ広いが山王様」


この言葉から見ても、もともとは「山車祭」として有名な神田祭。


kan2.JPG kan3.JPG

↑「大鯰と要石」や「大江山凱陣」の巨大な鬼の首の曳き物や、
今年初のアニメキャラクター「ケロロ軍曹」の曳き物などもありました。


kan4.JPG kan5.JPG

↑巡行を終えた騎馬武者行列のお馬さん。
お疲れ様でした。


言うまでもありませんが、お馬さんが見えない
数メートル離れた場所からでも、


いるな


という匂いが立ち込めておりましたが、
縁起が良い香りと勝手に解釈し、


思い切り吸い込んでみたりして


半分気絶しましたけど。


kan6.JPG kan7.JPG

↑日も暮れる頃、神幸祭の最後の行事である
着輦祭(ちゃくれんさい)が始まりました。


初めて見ましたが、とても厳かな儀式で、
この空間に吸い込まれるような気分でした。


↑特に一之宮、二之宮、三之宮の神輿が
神田明神の境内に戻ってきた時の姿は幻想的で、
鳥肌が立ったくらいです。(←私だけ?)


そして最後は神田一本締めで神幸祭が終了。


5/14(木) 献茶式、明神能

5/15(金) 例大祭


本日現在、残すところ上記2つの行事のみとなりました。
特に5/15の例大祭は重要な神事ということなので、
神田祭を見逃してしまった方は、足を運んでみてはどうでしょうか。


それにしてもなんですね・・・


結局私が見た神田祭は、


神田祭神幸祭着輦祭だけ? ( ̄▽ ̄|||)


あまりにも大きなお祭りなので、
次回はどこで何を見物しようか計画を立ててから、
きちんと行動したいと思います。


神田祭の見物は計画的に


◆神田明神・神田祭
5月7日(木)〜 5月15日(金)
http://www.kandamyoujin.or.jp/top.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2009年5月13日
« 前の記事「祭りの季節」へ
»次の記事「アールハートのロイヤルハート(銀座プランタン)」 へ
おすすめ記事
    東京特派員 新着記事
    人気店の味が一度に楽しめる稲庭うどんとめし 金子半之助
    ベアバーガーのオーガニックビーフと無農薬野菜のハンバーガー 
    手頃でおすすめ!焼肉ともつ鍋が両方楽しめる情熱ホルモンのよくばり宴会コース
    銀座なのにお手頃!本格四川料理店のボリューム満点の火鍋コース
    ふわふわの生食パンに感激!銀座にオープンした俺のBakery&cafe
    日本全国の美味しいものが盛りだくさん!日本最大規模の都市型マルシェ「太陽のマルシェ」に行ってみよう!
    落ち着いたパティスリー&カフェで楽しむ出来立て和栗のモンブラン
    夏は粋な姿で「屋形船」&お知らせ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    鼎泰豊(ディンタイフォン)/カレッタ汐留店
    表参道・新潟館ネスパス
    浅草 三社祭り
    原宿のクレープ

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集