海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 足立の花火2010

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月30日

足立の花火2010


足立の花火2010

adt1.jpg

花火大会シーズン真っ只中。
東京の夜空は、毎週どこかしらで、


ュ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・








































ド、ドーーーーーーーン





微妙な間をあけて咲く花火に
目が釘付けとなっている方も多いはず。


東京の代表的な隅田川の花火大会を明日に控え、
ますます盛り上がる東京の花火大会ですが、
本日は昨日開催された花火大会をご紹介。


足立の花火

足立の花火大会は、大正時代に千住新橋の開通を記念して開催された花火大会で、
その昔は「千住の花火大会」と呼ばれていたそうです。
その頃、隅田川の花火大会は「両国の花火大会」と呼ばれており、
「両国の花火」と「千住の花火」の2つは、
東京下町の夏の風物詩として親しまれていたようです。


知名度的には隅田川花火大会の方が有名ですが、
実は足立の花火大会も隅田川の花火大会と同じくらい、
東京の中でも歴史のある花火大会の1つです。


ということで、
今回も屋形船に乗って仕事をしながらの見物に行ってまいりました。


いやいやいやいや・・・


中止になるかと思いましたよっ ( ̄▽ ̄|||)


昨日の悪天候で、見物に行こうと思っていた方は、
ハラハラドキドキの1日だったに違いありません。


午前中の時点では「雨でも開催します」と発表されておりましたが、
やはり朝から夕方まで続く雨や風は手ごわく、
午後を過ぎた頃には「様子見」という連絡が入り、
一時期は中止の恐れもあったわけです。


どうなるんだ、どうなるんだと切羽詰りながらも、
打ち上げ時間はどんどん迫まり、
誰もが落ち着ついてはいられません。


そんな中、足立区の決断力はすばらしい・・・。


開催決定


この報告を受け、屋形船もいっせいに会場に向けて出動開始。


adat2.JPG

↑見物客の祈りが通じたのか、
雲の隙間から晴れ間も見えはじめてきました。


こうして約30分ほどの遅れで開始された足立の花火大会。


adat3.JPG


↑どーーだっ!


見事に足立の花火を咲かせてくれました。
日本の花火技術は本当にすごいですね。


緊張感が高ぶる天候の中、見物客はもちろん、
足立の花火関係者の方や、花火師の皆さんも、
さぞかし大変な思いをしたに違いありませんが、


おみごとでした


そういえば・・・
今年の足立の花火大会のテーマは、


〜大好きなあなたへ「音と光のプレゼント」〜


結婚間近のカップルや、結婚記念日の夫婦が、
指定席で花火を観覧できるという、
ブライダルイベントが開催されていたはず。


悪天候に冷や冷やさせられたかもしれませんが、


雨降って地固まる


ある意味、ブライダルイベントも成功ではないでしょうか。


ということで、無事に足立の花火大会は幕を閉じ、
足立の花火大会を観に行かれたあなた様。


お疲れ様でした。


”来年は晴れますように・・・”と夜空に祈りながら、
屋形船も桟橋へと帰ります。


adat4.JPG

また来年。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 夜遊び・クラブ・お酒 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2010年7月30日
« 前の記事「外れくじ供養の宝禄稲荷神社」へ
»次の記事「東京湾大華祭2010」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】
1年前の同じ月に投稿された記事
文京・朝顔市2009
東京牛乳
東京の花火大会2009
銀座ゆかたガーデン 〜銀座三越〜
ビアガーデン2009 〜東武百貨店池袋店屋上 「炎のプルコギ伝説」〜

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集