海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 日本橋べったら市2010

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年10月21日

日本橋べったら市2010


日本橋べったら市2010

bettara1.JPG

東京の秋の風物詩といえば、べったら市。
今年も10月19日、20日に開催されました。


日本橋べったら市

bettara2.JPG

↑もともとは宝田恵比寿神社の行事で、
恵比寿講にお供えする魚や野菜などが売られた事が起源とのこと。
そこで浅漬け大根のべったら漬けがよく売れたので、
「べったら市」と呼ばれるようになったようです。


言うまでもありませんが、「べったら」の由来は
大根に飴と麹がベッタリつけてあるからです。


「べったら市」はお祭り。


bettara5.JPG

↑御輿も出るほどの活気ぶり。


bettara3.JPG bettara4.JPG

↑露天は500軒以上も出ております。


久しぶりに行ったので、どこで買おうか彷徨っていると、
どこもかしこも白と黄色の大根だらけの中、
ヒトキワ目立つ赤カブを発見。


bettara6.JPG

↑「赤カブのべったら」です


これは珍しい・・・。


お店の方に話を聞いてみると、試しに売ってみようという事で、
急遽、店から運ばれてきたとのこと。
もちろん、こちらのお店でしか販売されておらず、
数もあるだけという限定品。


試食してみると、大根のべったらよりも甘さ控えめで、
酸味もあって非常に美味しい・・・。


冷やし中華に乗せるトマトの代わりにもなったり、
ポテトサラダに入れても美味しいという説明を受けてると、
いつの間にか人が集まりだしてきておりました。


即、購入。


一袋に赤カブのべったらが3個入って1350円のところを、
1300円におまけしてもらい、良い買い物ができました。


お店はというと・・・


bettara7.JPG bettara10.JPG

↑東京にいたか屋


何気なく見つけたお店でしたが、実はかなり有名なお店。
東京にいたか屋のべったらは、宮内庁御用達で、
昭和天皇にも愛されていたという伝統あるお店でございました。


はー、びっくりした。


江戸時代から続く東京のべったら漬けですが、
第15代将軍、徳川慶喜公も好んで食べていたそうで、
江戸・東京を代表する歴史ある一品です。


もしかしたら、今後は大根だけではなく、


赤カブも並ぶかも?しれません


今から来年のべったら市が楽しみです。


ということで・・・


bettara11.JPG

また来年。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2010年10月21日
« 前の記事「東京三大たいやき『浪花総本店』」へ
»次の記事「羽田空港国際線旅客ターミナル情報【Pt.1】」 へ
おすすめ記事
    東京特派員 新着記事
    人気店の味が一度に楽しめる稲庭うどんとめし 金子半之助
    ベアバーガーのオーガニックビーフと無農薬野菜のハンバーガー 
    手頃でおすすめ!焼肉ともつ鍋が両方楽しめる情熱ホルモンのよくばり宴会コース
    銀座なのにお手頃!本格四川料理店のボリューム満点の火鍋コース
    ふわふわの生食パンに感激!銀座にオープンした俺のBakery&cafe
    日本全国の美味しいものが盛りだくさん!日本最大規模の都市型マルシェ「太陽のマルシェ」に行ってみよう!
    落ち着いたパティスリー&カフェで楽しむ出来立て和栗のモンブラン
    夏は粋な姿で「屋形船」&お知らせ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    東京名物 神田古本まつり2009
    みなとや 〜 深川のおせんべい 〜
    ドンレミー アウトレット
    高田馬場 流鏑馬2009
    美々卯

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集