海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 江戸糸あやつり人形

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年1月19日

江戸糸あやつり人形


江戸糸あやつり人形

edo1.JPG


江戸・東京を中心に、350年の歴史を重ねてきた伝統芸の1つ。


「江戸糸あやつり人形」

"江戸糸あやつり人形遣い"の上條充さんによる公演を
偶然見かけた時のこと。
何気なく見ていたつもりが、グイグイ引き込まれてしまい、
最後の最後まで見入ってしまいました。


■江戸糸あやつり人形とは■
「江戸時代に生まれ、江戸~東京を中心に伝えられてきました。
十本を超える糸と「手板」という道具であやつる独自の構造を持ち、
日本ならではの実に繊細で、表情豊かな動きをします。」とのこと。


edo2.JPG

↑江戸糸あやつり人形について、
いろいろと語ってくれた上條充さん。


海外公演に行かれた時に、ヨーロッパのあやつり人形と日本の人形を比べ、
何かが違うことに気づいたんだそうな・・・。


足の長さが違う


そんな楽しい話もしてくれておりました。


kappore.jpg

↑演目:かっぽれ


お座敷などで踊られている「かっぽれ」を、
江戸糸あやつり人形で表現。
手足はもちろん、顔の表情すら変わっていくように見えるほど、
人形とは思えない動きでした。


yoidore.jpg

↑演目:酔いどれ


お祭で飲みすぎて、酔い潰れながらも陽気に踊る「酔いどれ」。
突然お面がはずれ、おかめ顔が登場。
酔っ払った動きは、自分を重ねてしまったほど
生々しい動きでございました・・・(^^;)


sisimai.jpg

↑演目:獅子舞


おめでたい席で披露されるという「獅子舞」は、
一番引き付けられた演目でした。
立ち舞いをした瞬間、獅子舞の中から人間の人形が、
ひょっこり顔を出した瞬間、


生きてる


ゾクゾクっと鳥肌が立つほど「魂」が感じられました。


edo3.JPG

↑最後は"福がありますように"と、獅子がお客さんの頭を噛むサービス。
本当に福がやってきそうです。


いやぁ・・・
この江戸糸あやつり人形・・・


すごいです。


私の勝手なイメージとしましては、
どちらかというと年齢層が高い方に喜ばれる伝統芸かと思っていたんですが、
近くにいた20代前半くらいの数人の女性たちが、


なにこれっ


なんか、すごくない?


そう呟きあって見入っている姿も見かけました。


老若男女問わず引き込まれてしまう、
江戸・東京を代表する伝統芸。


「江戸糸あやつり人形」


興味がない方も一度観てみると、
日本文化のすばらしさが伝わってくるかもしれません。
機会があれば、ぜひご覧になってみて下さいませ。


■江戸糸あやつり人形■

edo4.JPG

江戸糸あやつり人形・上條充さんのHP
http://www.geocities.jp/edoitoayaturi_temp/edoito-01.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2011年1月19日
« 前の記事「阿波踊りショーと阿波尾鶏「阿波おどり」」へ
»次の記事「東京三大豆大福 『群林堂』」 へ
おすすめ記事
    東京特派員 新着記事
    人気店の味が一度に楽しめる稲庭うどんとめし 金子半之助
    ベアバーガーのオーガニックビーフと無農薬野菜のハンバーガー 
    手頃でおすすめ!焼肉ともつ鍋が両方楽しめる情熱ホルモンのよくばり宴会コース
    銀座なのにお手頃!本格四川料理店のボリューム満点の火鍋コース
    ふわふわの生食パンに感激!銀座にオープンした俺のBakery&cafe
    日本全国の美味しいものが盛りだくさん!日本最大規模の都市型マルシェ「太陽のマルシェ」に行ってみよう!
    落ち着いたパティスリー&カフェで楽しむ出来立て和栗のモンブラン
    夏は粋な姿で「屋形船」&お知らせ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アメ横(アメヤ横丁)
    東京→夢の下町バス
    釣船茶屋 ざうお
    東京大神宮

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集