海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 東京名物・佃島の佃煮「天安」

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年11月16日

東京名物・佃島の佃煮「天安」


東京名物・佃島の佃煮「天安」

tukudani1.JPG

江戸時代初期頃に摂津国佃村(現在の大阪市)から
移住してきた漁師たちが暮らしていた佃島。
この地で漁師さんたちが考案してできた食べ物が、
江戸前の代表格でもある"佃煮"です。


この東京名物・佃煮の発祥の地である佃島には、
老舗の佃煮屋さんが3店舗あり、各店舗それぞれの味が楽しめます。


■天安本店(1837年<天保8年>創業)
■佃源 田中屋 (1843年<天保14年>創業)
■丸久佃煮店(1859年<安政6年>創業)


この中で、今回は私の実家の食卓には、
昔から当然のように並んでいた佃煮をご紹介。


「天安」の佃煮

創業当時から受け継がれてきたという「タレ」で、
小魚や海藻、貝類等を味付けしている天安の佃煮。
お店に漂う醤油と甘い香りがたまりません・・・。


1番人気は"天安昆布の佃煮"、2位は"しらすの佃煮"、
3位は"アサリの佃煮"との事。


個人的に大好物なのは、今も昔も変わらず、


tukudani2.JPG tukudani3.JPG


↑しらすの佃煮


tukudani4.JPG

↑これだけでご飯3杯はいけます。(←食いすぎ)


購入方法は量り売り(100g単位)ですが、
6品~10品の詰め合わせなどもあるので、
東京土産としてもいいかもしれませんね。
(ネットでも販売してます。)


tukudani5.JPG

↑佃島のすぐお隣は、"もんじゃ"で賑わう月島。
風情ある木造の建物と近代化された高層マンション。
江戸と呼ばれていた頃の東京と、
現在の東京が混在している佃島の景色。


こんな不思議な景色を眺めつつ、
老舗の佃煮店めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか。


■天安本店
http://www.tenyasu.jp/


【東日本大震災募金受付サイト・日本赤十字社

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2011年11月16日
« 前の記事「スターの広場」へ
»次の記事「東京メトロのフリーペーパー」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】
1年前の同じ月に投稿された記事
東京の紅葉景色
カレッタ汐留 ~海のプレミアムイルミネーション2010 ~
ちゃんこ鍋 『割烹 吉葉』
『赤プリ』最後のクリスマスイルミネーション
合格祈願は湯島天神

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集