海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 浅草寺の羽子板市2011

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年12月20日

浅草寺の羽子板市2011


浅草寺の羽子板市2011

hago20111.JPG

毎年12月17、18、19日に開かれる浅草寺の羽子板市。
もともとは浅草の「歳の市」として販売されていたそうですが、
現在は「羽子板市」の名で呼ばれるようになり、
年の瀬の浅草風物詩として有名です。


今年も大変賑わっておりました。


浅草寺の羽子板市2011


hago20112.jpg


羽子板に描かれる絵は、昔は自然や火祭り行事の絵があったようですが、
江戸時代後半頃から歌舞伎の人気役者(役者物)や、
浮世絵美人(浮世絵風)、細身の日本美人(松園風)、
大きな目の美人(見立て風)なども出てきたそうです。


よく見かけるのが「押絵羽子板」という、
厚紙や綿を入れて布をかぶせ、立体的になった羽子板。


hago20119.JPG

↑これを作り上げたのは東京の江戸工芸職人さん。
本当に綺麗ですね・・・。


こんなに綺麗な羽子板を振り回し、


うりゃぁあああああ!!


"本気の羽根突き"は避けたいものです。(←ちゃんと飾りましょう)


お店の方に話を聞きますと、
羽子板の絵は職人さんが1つ1つ描いているので、
よく見るとちょっとずつ顔の表情が違ったりするそうです。
自分のお気に入りを見つけるのも楽しいですね。


ちなみに個人的に気に入ったのはこちら。


hago201110.JPG

↑火消しの「め組」。


なんで気に入ったのだろうか・・・。


消防車のサイレンが聞こえると、
頭にシャンプーの泡をつけたままお風呂から飛び出し、
「火事はどこだーー!!」と現場に走る父親を持った、
私の運命だからでしょうか・・・。(←どーでもいい)


こういった粋な羽子板もあれば、
今時らしい「変わり羽子板」も発見。


hago201111.jpg

↑キティちゃんがいたり、サザエさん一家がいたり、
ワンピースの仲間がいたり、モナリザがいたりします。


hago201112.jpg

↑小さな羽子板から、大きな羽子板まで。
種類もサイズもさまざま。


hago201113.JPG

↑こうして選んだ羽子板を購入すると、お店の方々が、
縁起の良い三本締めで来年の健康や多幸を祈ってくれます。
今回もアチコチで三本締めが聞こえてきました。


見ているだけでも飽きない羽子板市。


最近はお正月に羽子板で遊んでいる子供を
あまり見かけなくなりましたが、
意外と子供よりも大人の方がムキになる可能性は大。


今年のお正月は墨汁でも用意して、
羽根突きに燃えてみるのはどうでしょう。


ということで、


hago201114.JPG


また来年。


【東日本大震災募金受付サイト・日本赤十字社

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産 見所・観光・定番スポット
2011年12月20日
« 前の記事「White Sacas ALPHARD RINK」へ
»次の記事「【期間限定】東京スカイツリーライトアップ」 へ
おすすめ記事
    東京特派員 新着記事
    人気店の味が一度に楽しめる稲庭うどんとめし 金子半之助
    ベアバーガーのオーガニックビーフと無農薬野菜のハンバーガー 
    手頃でおすすめ!焼肉ともつ鍋が両方楽しめる情熱ホルモンのよくばり宴会コース
    銀座なのにお手頃!本格四川料理店のボリューム満点の火鍋コース
    ふわふわの生食パンに感激!銀座にオープンした俺のBakery&cafe
    日本全国の美味しいものが盛りだくさん!日本最大規模の都市型マルシェ「太陽のマルシェ」に行ってみよう!
    落ち着いたパティスリー&カフェで楽しむ出来立て和栗のモンブラン
    夏は粋な姿で「屋形船」&お知らせ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ホテル グランパシフィック LE DAIBA
    ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル2010
    自然食ビュッフェ「大地の贈り物」

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集