海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 浅草の老舗「神谷バーとデンキブラン」

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年10月 2日

浅草の老舗「神谷バーとデンキブラン」


浅草の老舗「神谷バーとデンキブラン」

kamiya1.JPG

浅草にはたくさんの老舗がありますが、
その中の1つでもあるお店。


神谷バー

明治13年に創業という歴史あるお店で、
昨年、2011年10月には神谷ビル本館が
登録有形文化財に登録されたほどです。


浅草で賑わう交差点にあり、個人的には待ち合わせ場所にも使う場所で、
知っている方もたくさんいるかと思います。


kamiya3.JPG


↑このお店の名物といえば、やはり「デンキブラン」。
初めて知ったときに「不思議な名前のお酒だな~」と思い、
神谷バーのHPを覗いて調べたところ、
明治時代には珍しかった「電気」と、
カクテルベースになっているブランデーの「ブラン」を
2つくっつけた名前とのこと。


当時のデンキブランのアルコール度数は45度・・・


シビレそうっ ( ̄▽ ̄|||)


「電気とイメージがダブって、この名がぴったりだったのです」
というお店の説明に、


まんまと納得。


ちなみに現在はアルコール30度だそうです。
もっと強い「電氣ブランオールド」は40度あるようです。
強いだけではなく、ほのか~に甘みが感じられ、
味わい深いお酒かと思います。


kamiya2.JPG

1Fは神谷バー、2Fはレストランカミヤ、 3Fは割烹神谷。
3Fは和食がメインですが、1、2Fは主に洋食がメインで、
個人的にはビアホールの雰囲気というイメージがあります。


だからでしょうか。
ビールもメインと思ってもいいくらいでして、
"アサヒビール"から直送されたビールを専用タンクに入れて、
品質管理、そして泡へのこだわりも徹底しているとのこと。


以前、こちらのお店で上司とどちらが飲めるか勝負をしたことがあり、
デンキブランのチェーサーとして、生ビール(大)が運ばれてきました。
なぜなら、デンキブランとビールを交互に飲むのが、


「カミヤ流」


なんだそうです。


最初は冗談かと思いましたけど。


お蔭様で勝負には勝ちましたが、家の前でタクシーを降りると、
私は宇宙人のように右肩には別の上司、
左肩には家の近所の"お巡りさん"に抱えられて帰ったという、
酔いも一気に吹っ飛んだ現実の光景を目の当たりにしたので、
皆様も飲みすぎにはご注意下さいませ。


kamiya4.JPG

↑神谷バーの入り口横には売店の「神谷バー賣場」があり、
デンキブランはもちろん、カミヤワインや焼酎、梅酒、
名物セット等が販売されており、お店に入らなくても
名物のお酒を購入することができます。


東京スカイツリーがオープンし、浅草に観光に来る方もますます増えたようなので、
観光の帰りにお店に寄って食事がてらに飲んでもよし。
または東京土産としてデンキブランだけを購入するもよしです。


明治時代から浅草の歴史を見続けてきた、
東京を代表とする老舗ともいえる神谷バー。
皆様も機会があれば、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


■神谷バー
http://www.kamiya-bar.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2012年10月 2日
« 前の記事「東京ミュージック花火2012」へ
»次の記事「恵比寿文化祭2012」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】
1年前の同じ月に投稿された記事
ハロウィンイベント2011
老舗のパン屋さん「明月堂」
日暮里繊維街
第6回 人形町の「人形市」

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集