海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 神田明神「だいこく祭」2013

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年1月14日

神田明神「だいこく祭」2013


神田明神「だいこく祭」2013

daikoku1.JPG

この連休、日本三大祭りの1つである神田祭、
"天下祭り"としても有名な神田明神では、
初詣の余韻を残しつつ、「だいこく祭」が開催されております。

神田明神の御祭神、
一ノ宮は大己貴命(オオナムチノミコト"だいこく様")です。
江戸時代、「旧暦の11月(現在の1月)の初子の日に大黒様を祭れば、
翌年に福を得られる」という由来もあるようで、
「だいこく祭」には、昭和51年に造られた高さ6.6メートル、
重さ30トンの大黒像に、たくさんの方が訪れていました。


daikoku7.JPG

↑大黒像の横には、神馬・神幸号「明(あかり)」ちゃんのお姿が。
「あし毛」と言われる毛並みは、歳をとるごとに白毛が増え、
白馬になっていくんだそうです。


daikoku8.JPG

↑こちらは神田明神の二ノ宮、
少彦名命(スクナヒコナノミコト、えびす様)のご尊像。
東京芸術大学学長の鍛金作家でもある宮田亮平教授が制作したとのこと。
少彦名命が魚たちに守られながら、
木の実の船に乗って波間に来臨する姿を描いたそうです。


daikoku4.JPG

↑境内には大黒様が現れ、
参拝者の頭に小槌を振ってくれているお姿を発見し、
私もすかさずお辞儀。


福が来たっ!


そう思わずにはいられない瞬間でした。


daikoku9.JPG

↑こうして福を得て一安心したところで、
「明神甘酒」で有名な天野屋に立ち寄り一杯。
天野屋さんの美人神輿、「浅子神輿」を眺めつつ、
血が騒ぎ出したのか、少々興奮してきてしまいましたが、
美味しく頂きました。


あなた様にも福が訪れますように。


■神田明神・だいこく祭■
http://www.kandamyoujin.or.jp/event/detail.html?id=5&m=01

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2013年1月14日
« 前の記事「東京カレーラボの"やみつきカレーラスク"」へ
»次の記事「東京で7年ぶりの大雪」 へ
おすすめ記事
    東京特派員 新着記事
    人気店の味が一度に楽しめる稲庭うどんとめし 金子半之助
    ベアバーガーのオーガニックビーフと無農薬野菜のハンバーガー 
    手頃でおすすめ!焼肉ともつ鍋が両方楽しめる情熱ホルモンのよくばり宴会コース
    銀座なのにお手頃!本格四川料理店のボリューム満点の火鍋コース
    ふわふわの生食パンに感激!銀座にオープンした俺のBakery&cafe
    日本全国の美味しいものが盛りだくさん!日本最大規模の都市型マルシェ「太陽のマルシェ」に行ってみよう!
    落ち着いたパティスリー&カフェで楽しむ出来立て和栗のモンブラン
    夏は粋な姿で「屋形船」&お知らせ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    渋谷のご当地ソース「ハチ公ソース」
    増上寺カウントダウン2012

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集