海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > "ものづくり"がテーマ「2k5...

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 松尾 真由美

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年2月17日

"ものづくり"がテーマ「2k540 AKI-OKA ARTISAN」


"ものづくり"がテーマ「2k540 AKI-OKA ARTISAN」

2k1.JPG

秋葉原駅と御徒町駅の中間くらいに位置する高架下に、
「ものづくり」をテーマとした店舗が並ぶ施設があります。


2k540 AKI-OKA ARTISAN

なんとも不思議な名前ですが、「2k540」は鉄道用語を使われており、
東京駅を起点とした距離(キロ程)で計算すると、
施設までの距離がちょうど「2k540m」付近になることから名づけられ、
「AKI-OKA」は秋葉原の「AKI」と御徒町の「OKA」。
そして「ARTISAN」はフランス語で「職人」という意味とのこと。
"高架下に人の流れをつくりたい"という思いを含めて作られた造語だそうです。


この施設ができた時からずっと行ってみたかったんですが、
よ~やく場所を知っていた友人に連れてってもらう事ができました。


ここは高架下とは思えないお洒落な雰囲気。
工房、ショップ、ギャラリー等、
チラチラ横目で見て見学していた状況でしたが、
"こだわり"の作品はお手ごろ価格から高価なものまであり、
それぞれ個性的な商品が並んでいました。


店舗一覧はこちら。


2k3.JPG

販売はもちろん、展示会やワークショップも開催しているようです。


御徒町といえば、時計や宝飾店が多い街というイメージがありますが、
江戸時代は職人さんが多く住む町で、
もともとは小物を作る職人さんが多かったようです。
その技が現在の宝石職人の基盤となっていという話も聞いた事があります。


いろいろな職人技が見れる場所2k540 AKI-OKA ARTISAN。
興味がある方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。


■2k540 AKI-OKA ARTISAN
http://www.jrtk.jp/2k540/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術
2013年2月17日
« 前の記事「バレンタイン2013★サンドウィッチショコラ」へ
»次の記事「梅が見頃の小石川後楽園」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】
1年前の同じ月に投稿された記事
神楽坂・五十番本店の肉まん
カルビーアンテナショップ『カルビープラス』原宿竹下通り店
チョコレート専門店 「デカダンス ドュ ショコラ」茗荷谷ファクトリー
AKB48 CAFE & SHOP AKIHABARA

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集