海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 銀座なのにお手頃!本格四川料理店のボリューム満点の...

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 よしえ さん

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月26日

銀座なのにお手頃!本格四川料理店のボリューム満点の火鍋コース


銀座なのにお手頃!本格四川料理店のボリューム満点の火鍋コース

すっかり寒くなりましたね。
あったか~い鍋料理が一層美味しく感じる季節になりました。
今回は、寒い季節ぴったりの四川料理の薬膳火鍋をご紹介いたします。
銀座の外堀通りに面したビルの3階に店舗を構える新派四川ダイニング 百菜百味 銀座本店

DSC07935.JPG
こちらの百菜百味は、人気テレビ番組の人気コーナーの会場にもなった雲南キノコ火鍋が人気の御膳房がもっとカジュアルな雰囲気で中華料理を楽しんでもらいたいとスタートさせたお店です。


「百の料理には百の風味があり、料理それぞれに違った特徴を持ち、様々な味を楽しむことができる」という四川料理の格言から付けられた店名の示す通り、四川の伝統を受け継ぎつつ新しい手法を取り入れた様々な新派四川料理がお手頃なお値段でいただけます。

豊富なメニューの中からこの季節、おすすめしたいのは百菜百味の名物料理も入った鍋のコースです。


コースは、百菜百味の名物料理ともいうべき四川よだれ鶏を含む前菜3品からスタートします。


DSC07939.JPG

よだれが出てしまうほどの美味しさからその名が付いたよだれ鶏。

しっとりと蒸しあげられた鶏肉には見るからに辛そうなタレがかかっています。
ところが、食べてみるとこちらのタレは意外にも辛さよりも旨味の方が際立ち、ゴマやピーナツの香ばしさが美味しさを引き立てます。
前菜は、この他にピータン、ハチノスのマーラー風と続き、メインの火鍋が登場します。
火鍋のスープは四川料理らしい辛さが際立つ薬膳マーラースープと滋養美容スープの2種類。

DSC07945.JPG

薬膳と聞くと漢方っぽい味のイメージが強そうですが、様々な食材が使われる火鍋は栄養満点で、食べてみると独特の味わいがクセになってしまいそうな美味しさなのです。

具も盛りだくさん。


キノコや野菜に加え、イイダコやエビなどの魚介類。

DSC07947.JPG

さらに、豚、羊、鶏も。


DSC07951.JPG

しっかり味の入ったスープで具に軽く火を入れていただく火鍋は、そのまま食べても美味しいのですが、百菜百味ではネギ塩ごま油と濃厚なゴマだれの2種類のタレとパクチーなどの薬味も提供されます。

DSC07950.JPG


DSC07949.JPG

白菜が真っ赤に染まるほど辛いマーラースープは辛いモノ好きの方に是非召し上がっていただきたい美味しさです。

DSC07952.JPG

火鍋の〆は別オーダーになるのですがコースにはオーソドックスなチャーハンがセットになっています。
刺激的なお味の火鍋の後にいただくとホッとした気分になるかもしれません(笑)

〆には杏仁豆腐が提供され、美味しさもさることながらボリュームも満点です。

DSC07956.JPG

なんと、この充実のコースは銀座でありながら2980円!
火鍋が初めての方にもお試ししやすいお値段で、とてもお得な内容だと思います。


寒い冬にはおすすめの火鍋を是非お試しくださいね。

・新派四川ダイニング 百菜百味 銀座本店
住所 東京都中央区銀座6-5-15 能楽堂ビル3F

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2017年11月26日
« 前の記事「ふわふわの生食パンに感激!銀座にオープンした俺のBakery&cafe」へ
»次の記事「手頃でおすすめ!焼肉ともつ鍋が両方楽しめる情熱ホルモンのよくばり宴会コース」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集