海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 人気店の味が一度に楽しめる稲庭うどんとめし 金子半...

日本国内/東京特派員ブログ 旧特派員 よしえ さん

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月18日

人気店の味が一度に楽しめる稲庭うどんとめし 金子半之助


人気店の味が一度に楽しめる稲庭うどんとめし 金子半之助

寒い中にも少しずつ春らしい暖かな日差しを感じるようになってきましたね。
こんにちは、暖かな春が恋しい東京特派員のよしえです。

今回は行列必至の人気店2店舗の味を一度に楽しめる稲庭うどんとめし金子半之助 をご紹介いたします。
場所は三越前にあるコレド室町2 の地下フロア。


少し奥まった場所にあるので気がつかない方も多いのですが、ガラス張りの店内は明るく清潔感がありおひとり様にも入りやすいお店です。
P-1.JPG

こちらのお店のメインはつやつやに輝く稲庭うどん。

P-2.JPG

テーブルに設置されている大きな箱に入っている薬味をお好きなだけトッピングしていただくことができるのです。
P-3.JPG 薬味はガリごぼう、わかめ、山菜、おぼろ昆布、天かす、温泉卵の6種類。
全てをトッピングするととても豪華なおうどんになりますよね。


稲庭うどんに組み合わせることができるのは、高菜めし、天丼 金子半之助の天ばらめし、海鮮丼 つじ半のぜいたく丼です。
それぞれのお店のどんぶりに比べると小さいお茶碗サイズですが、稲庭うどんのお供としてはなかなかのボリューム。

まぐろのタタキをベースに旬の海鮮が贅沢に盛り込まれた具をのせたぜいたく丼には黄身醤油をかけていただきます。
P-6.JPG ぜいたく丼という名のとおりにぜいたくな美味しさが味わえます。

稲庭うどんとめし金子半之助は嬉しいことに10時から21時半(金・土・祝日前は22時)までの通し営業です。
しかも、終日お値段変動がなく980円から1430円というお手頃さ。
場所柄、仕事帰りや映画の前にささっと食事を済ませたい時にもぴったりです。
是非、お近くにお立ち寄りの際はご訪問くださいね。


・稲庭うどんとめし 金子半之助 コレド室町店
住所 東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 B1F

東京メトロ銀座線【三越前駅】徒歩2分
東京メトロ半蔵門線【三越前駅】徒歩4分
※地下通路直結
JR総武本線【新日本橋駅】徒歩4分
東京メトロ銀座線【日本橋駅】徒歩6分 
JR山手線【神田駅】徒歩6分
JR山手線【東京駅】徒歩10分

営業時間
日~木・祝日
10:00~21:30(L.O.21:00)
金・土・祝前日
10:00~22:00(L.O.21:30)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2018年2月18日
« 前の記事「ベアバーガーのオーガニックビーフと無農薬野菜のハンバーガー 」へ
»次の記事「ここが起点!文化の発信地「日本橋」―再生し続ける町を見守る歴史ある橋―」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集