海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 「永代橋」から見る!水辺の風景と風物詩の桜【東京N...

日本国内/東京特派員ブログ marie さん

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年3月16日

「永代橋」から見る!水辺の風景と風物詩の桜【東京NO密散歩】


「永代橋」から見る!水辺の風景と風物詩の桜【東京NO密散歩】

003_002.jpg
東京・隅田川に架けられた中央区と江東区を結ぶ「永代橋」 。昼と夜とでそれぞれ異なる表情を楽しめる、力強いフォルムが印象的な橋です。
【永代橋】
003_004.jpg


永代橋自体に魅力があるのはもちろんですが、この橋から眺める風景もまた東京らしさを堪能できるスポットです。
今回は橋の両側の風景と、この辺りの風物詩とも言える早咲きの桜の近況についてお届けします。


橋の南側から望む佃・月島エリア

南側に広がっているのは、中央区の佃・月島の高層マンション群です。橋からの眺めは開放的で清々しいですね。
写真の右手に見えるのは、アルファベットの「A」のようなデザインが特徴的な中央大橋です。この橋は、実際に歩いてみるとかなりの迫力! 遠くから眺めるのもよし、橋自体を眺めつつ渡るのもよし、と楽しみが多い橋でもあります。
003_002.jpg

快晴の日はもちろんのこと、あまり天気がよくない日でもまた違った趣があるのがここからの景色のいいところ! マンション群がぼんやりとけぶって見え、ちょっとアンニュイな表情が見られます。

そしてこの方面の夜景もまた、永代橋から見る醍醐味を味わえるのでおすすめです。高層マンション群の明かりが水面に映る様子が印象的ですね!

003_003.jpg
「東京でどこの夜景がおすすめ?」と聞かれたら、個人的にはかなり上位にランクインするスポットです。
永代橋の上にはベンチなどの設備がないため、橋から「隅田川テラス」に降りてくつろぐのも楽しいかと思います。水辺を眺めていると、不思議とリラックスできますね!


橋の北側から望むスカイツリー

今度は反対側を見てみましょう。北側からは、東京を象徴する建物のひとつ「スカイツリー」を望むことができます。
天候によっては全貌が雲で霞んでしまうこともありますが、天気がよければライトアップが瞬く様子もしっかり確認できますよ!

スカイツリーはライトアップのバリエーションが多いので、何度見ても飽きることなく楽しめるのではないでしょうか。
永代橋から見た北側風景を、少々拡大した写真を掲載します。
003_005.jpg
高速道路の向こうには、わずかですが「清洲橋」の姿も。
003_006.jpg


橋のたもとの大寒桜情報

永代橋のたもと(中央区側)には、毎年この辺りでいち早く花を咲かせる大寒桜をみることができます。陽当たりが良いためでしょうか、まだ肌寒さが残る時期でもひっそりと開花してくれる風物詩ともいえる1本です。
私も例年この木の開花を楽しみにしているのですが、今年はちょっと様子が変わっていました。
003_009.jpg


この木の一番の特徴は、ちょうど視線の高さまでたっぷりとしだれている枝。繊細な花びらを間近で眺めることができる、とても風情のある枝でした。
この桜を目当てにカメラを携えて訪れる方々も多くいらっしゃいますね。ところが、桜を目当てに橋のたもとに立ち寄ってみると、なんとそのしだれていた枝が伐採されていました。※写真は2021年2月時点のもの
003_008.jpg
特徴ある枝がなくなってしまい、なんともこざっぱりした姿になっています。何か安全上の理由があるかと思われますが、恒例の風景が変わってしまいちょっと残念ではありますね。
せっかくなので、昨年2020年に撮影した最後の姿を掲載します。私の写真の腕はともかくとして、永代橋を背景にした夜桜のベストショット!
003_007.jpg
※ 撮影: 2020年




南北ともに、東京らしさがあふれた風景を楽しむことができる永代橋。名物の桜の近況とともにお届けしてみました。
いましばらくの間は、密になりにくいスポットを見つけてこのコロナ禍と上手くお付き合いしたいものですね☺︎


■ 永代橋へのアクセス
・ 最寄り駅: 日比谷線/東西線 茅場町駅

003_001.jpg

▫️地球の歩き方 東京特派員
ᵐᵃʳⁱᵉ
東京散歩や美味しいもの探訪など、東京暮らしの日記はこちら▶︎▶︎ 【うたかたの日々 -ʟ'Éᴄᴜᴍᴇ ᴅᴇꜱ ᴊᴏᴜʀꜱ-】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2021年3月16日
« 前の記事「隅田川に架かる国の重要文化財「永代橋」【東京NO密散歩】」へ
»次の記事「隅田川の春!細長ーい明石町河岸公園から桜レポート【東京】」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京特派員

    東京特派員
    marie さん
    70年代生まれの東京育ち。海外生活を経て日本に帰国してから、住み慣れた東京を半分旅行者の目線で見るようになり町の新たな魅力を再発見しています。 趣味はサイクリングをしながらのお散歩、通称「サンポリング」。変化し続ける東京が見せるさまざまな表情を写真とともにお届けします。 おいしいもの探訪の日常生活や旅行の記録はブログ「うたかたの日々」で発信中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集