海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 日比谷公園の春ーネモフィラ ウォッチングー【東京】

日本国内/東京特派員ブログ marie さん

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年4月19日

日比谷公園の春ーネモフィラ ウォッチングー【東京】


日比谷公園の春ーネモフィラ ウォッチングー【東京】

007_002.jpg
皆さんこんにちは。東京特派員のmarieです。
2021年4月に入った頃、日比谷公園を通ると西側エリアでネモフィラ畑に遭遇しました。
こちらのネモフィラの見頃は4月中旬頃からと聞いていたのですが、今年は暖かかったせいか開花が早かったようです。
日比谷公園の風物詩のひとつとも言えるネモフィラですが、東京都では4月12日から「新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置」がとられてることもあり、見学を見送った方もいらっしゃるかもしれませんね。開花が早いぶん終わりを迎えるのも早いようなので、現在の開花状況とは異なりますが、少々前の時期のネモフィラの様子をシェアしようと思います。




日比谷公園のネモフィラ



淡いブルーのような、薄い紫のような、とても繊細な色を見せてくれるネモフィラたち。
全体を見渡してみると「青い絨毯」とも形容されることが多いことに納得の光景です。
007_001.jpg




春らしく爽やかな印象のこのネモフィラ、クローズアップしてみても一本一本が儚げでかわいらしいですね。


007_002.jpg

次年度の開花の頃は、コロナ禍が収まっていることを願うばかりです。



公園利用時の注意



ウェブサイトに、公園を利用するときに気をつけたい項目が掲載されていましたので引用させていただきます。

■ マスクなど咳エチットを忘れずに
■ 混み合う場所・時間を避けてご利用ください
■ ご利用後はうがい手洗いを忘れずに
■ ソーシャルディスタンスを保ってください

情報引用元サイト:公益財団法人 東京都公園協会




施設情報

■ 日比谷公園
・住所: 東京都千代田区日比谷公園1
・最寄駅: 東京メトロ 丸ノ内線「霞ヶ関」駅/ 日比谷線・千代田線・都営地下鉄三田線「日比谷」駅/ JR「有楽町」駅

▫️地球の歩き方 東京特派員
ᵐᵃʳⁱᵉ
東京散歩やおいしいもの探訪など、東京暮らしの日記はこちら▶︎▶︎ 【うたかたの日々 -ʟ'Éᴄᴜᴍᴇ ᴅᴇꜱ ᴊᴏᴜʀꜱ-】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2021年4月19日
« 前の記事「こだわりのコーヒー × 盆栽!銀座の「BONGEN COFFEE(盆源珈琲)」でテイクアウト【東京】」へ
»次の記事「「生の筍」にトライ!コロナ禍で増えたおうちごはんのレパートリー 」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京特派員

    東京特派員
    marie さん
    70年代生まれの東京育ち。海外生活を経て日本に帰国してから、住み慣れた東京を半分旅行者の目線で見るようになり町の新たな魅力を再発見しています。 趣味はサイクリングをしながらのお散歩、通称「サンポリング」。変化し続ける東京が見せるさまざまな表情を写真とともにお届けします。 おいしいもの探訪の日常生活や旅行の記録はブログ「うたかたの日々」で発信中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集