海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 隅田川の春!細長ーい明石町河岸公園から桜レポート【...

日本国内/東京特派員ブログ marie さん

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年4月 3日

隅田川の春!細長ーい明石町河岸公園から桜レポート【東京】


隅田川の春!細長ーい明石町河岸公園から桜レポート【東京】

005_01.jpg

こんにちは、東京特派員のmarieです。
4月に入りましたが、皆さん今年の桜はご覧になりましたか? 私はあいにく満開の時期に散策することができなかったのですが、なんとか3月の最終日に見ることができました。すでにあちこちで葉桜になりかけていたものの、風に舞う桜の花びらを見ると気持ちが華やかになりますね!

それでは、今回は隅田川沿いにあるこぢんまりとした公園から桜レポートを届けます。

【撮影日:2021年3月末日】


中央区立・明石町河岸公園

隅田川に沿うように位置している「明石町河岸公園」。
オフィスやレストランなどの施設で構成されている「聖路加ガーデン」と「隅田川テラス」の間にある遊歩道のような細長い公園です。


下の画像中、右下あたりのエリアが公園の場所となります。
005_05.jpg


決して広い公園ではないものの、その特徴は隅田川が目の前に広がる絶好のロケーションです。開放感があり季節を問わずリラックスできるエリアなのですが、特におすすめしたいのが桜の時期!

公園内に植えられた桜を間近に感じながら、対岸に咲いている桜の木々も目に入るといううれしいスポットです。時折隅田川を行き来する船やボートを眺めるのもまた楽しみのひとつ。

005_02.jpg




公園からは「佃大橋」越しに高層マンション群が目に入ります。段々と暗くなるにつれて浮かび上がってくる夜景はなかなかの迫力です。

005_03.jpg




桜ごしに空を見上げると、高層ビルがそびえ立っているのがなんとも東京らしさを感じさせる風景ですね。

005_04.jpg

「明石町河岸公園」では、桜の花びらが散ったあと徐々に青々とした新緑に包まれていく様子も楽しめますよ☺︎


アクセス

■ 明石町河岸公園
・住所: 〒104-0044 東京都中央区明石町8番先
・最寄駅: 東京メトロ/日比谷線築地駅または有楽町線新富町駅


「明石町河岸公園」を目指す際は、高さのあるツインタワー「聖路加ガーデン」を目印にするとわかりやすいかと思います。

▫️地球の歩き方 東京特派員
ᵐᵃʳⁱᵉ
東京散歩やおいしいもの探訪など、東京暮らしの日記はこちら▶︎▶︎ 【うたかたの日々 -ʟ'Éᴄᴜᴍᴇ ᴅᴇꜱ ᴊᴏᴜʀꜱ-】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年4月 3日
« 前の記事「「永代橋」から見る!水辺の風景と風物詩の桜【東京NO密散歩】」へ
»次の記事「こだわりのコーヒー × 盆栽!銀座の「BONGEN COFFEE(盆源珈琲)」でテイクアウト【東京】」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京特派員

    東京特派員
    marie さん
    70年代生まれの東京育ち。海外生活を経て日本に帰国してから、住み慣れた東京を半分旅行者の目線で見るようになり町の新たな魅力を再発見しています。 趣味はサイクリングをしながらのお散歩、通称「サンポリング」。変化し続ける東京が見せるさまざまな表情を写真とともにお届けします。 おいしいもの探訪の日常生活や旅行の記録はブログ「うたかたの日々」で発信中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集