海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 東京特派員ブログ > 永代橋も見られる!中央区民有形文化財「豊海橋」

日本国内/東京特派員ブログ marie さん

日本国内・東京特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年5月27日

永代橋も見られる!中央区民有形文化財「豊海橋」


永代橋も見られる!中央区民有形文化財「豊海橋」

010_001.jpg


こんにちは、東京特派員のmarieです。
昨日、2021年5月26日はネット上でも皆既月食のニュースがにぎやかでしたが、皆さんはご覧になれましたか? 私は近所の橋の上にスタンバイして南東の空を見つめてみましたが、残念ながら雲に覆われたせいかその姿を目にすることができませんでした。とはいえ、月を待ちながら夜空を見上げる体験自体は楽しいものですね!
さて今回のレポートは、シリーズ「東京都の橋」をお届けします。
※2021年5月現在、東京は緊急事態宣言中です。詳しくは東京都のウェブサイト(https://www.metro.tokyo.lg.jp/ )を確認いただき、地域のルールに沿った行動をお願いいたします。


▫️中央区の区民有形文化財「豊海橋」
中央区の箱崎町と新川町を結んでいる橋、「豊海橋」。「豊海」は「とよみ」と読みます。
現在の橋は昭和2年に架けられたそうで、橋の形式はフィーレンディール橋。国内ではとても珍しい構造のようですね。中央区の区民有形文化財に指定されている、貴重な橋です。
※フィーレンディールは考案者の名前


010_007.jpg


参考: 中央区ホームページ




▫️輝くライトアップ
それほど長くはない「豊海橋」ですが、その姿はとても雰囲気があるもの。ちょうど河口にかかっているので、風通しのよい眺めを体感できる気持ちのいいロケーションです。
近年でもコマーシャルやドラマで登場している橋なので、知らず知らずのうちに目にしているスポットだと思いますよ!
そして夜間のライトアップも必見です。以前は柔らかい暖色系の光で照らされていましたが、工事の後はパワーアップしたキラキラのライトアップに生まれ変わりました。


010_001.jpg



▫️「永代橋」を眺めるロケーション
「豊海橋」の河口側から見えるのは、どっしりしたスタイルが特徴の「永代橋」。


010_003.jpg


たゆたう川面に浮かぶ「永代橋」の姿は、何度見ても飽きることがありません。ほどよい距離、そしてちょっと角度のある場所から大型の橋を眺められる「豊海橋」。機会があれば、ぜひ体験していただきたいスポットです。


✔︎「永代橋」については以前の記事でご覧ください。
隅田川に架かる国の重要文化財「永代橋」【東京NO密散歩】



アクセス



■ 豊海(とよみ)橋
・最寄駅: 東京メトロ 茅場町駅
永代通りから向かう場合は、永代通りと鍛冶橋通りの交差点から入ってすぐの場所に橋があります。下の写真で、矢印の通りを入っていきます。
010_005.jpg





震災復興橋として架けられた、現在の「豊海橋」。私の一番好きな橋で付き合いもそこそこ長いのですが、ずっと「とようみ」橋だと読み間違えていました。思い込みって怖いですね!
橋の正しい読み方がわからない時は、どちらかの端の橋の親柱に平仮名で名称が表記されていることが多いので、そこをチェックしてみるのがおすすめです☺︎


010_002.jpg


▫️地球の歩き方 東京特派員
ᵐᵃʳⁱᵉ
東京散歩や美味しいもの探訪など、東京暮らしの日記はこちら▶︎▶︎ 【うたかたの日々 -ʟ'Éᴄᴜᴍᴇ ᴅᴇꜱ ᴊᴏᴜʀꜱ-】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2021年5月27日
« 前の記事「千鳥ヶ淵を眺める細長い憩いの場「九段坂公園」【東京】」へ
»次の記事「銀座5丁目で緑に触れる! 中央区立「数寄屋橋公園」」 へ
東京特派員 新着記事
圧倒的な光の存在感!稲穂カラーが華やかな「蔵前橋」【東京】
モデルはドイツ・ケルンの吊り橋!隅田川に架かる優美な姿「清洲橋」【東京】
国内最大の跳開橋!国の重要文化財「勝鬨橋」【東京】
富士山見えるかな?パノラマビューを楽しみたい「富士見橋」【東京】
イメージは兜の飾り!ウォーターフロントを結ぶA型形式の「中央大橋」【東京】
防災設備もばっちり!水辺につながる小さなオアシス「湊公園」【東京】
当面の間は消灯!隅田川に架かる橋のライトアップ(→8月24日より再開)【東京】
前身は「佃の渡し」!1964年の東京オリンピック大会に誕生した「佃大橋」【東京】

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 東京特派員

    東京特派員
    marie さん
    70年代生まれの東京育ち。海外生活を経て日本に帰国してから、住み慣れた東京を半分旅行者の目線で見るようになり町の新たな魅力を再発見しています。 趣味はサイクリングをしながらのお散歩、通称「サンポリング」。変化し続ける東京が見せるさまざまな表情を写真とともにお届けします。 おいしいもの探訪の日常生活や旅行の記録はブログ「うたかたの日々」で発信中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集